link permalink

link 編集する

STATIONflow ランク 100

STATIONflow の日記一覧。

STATIONflow のランクが 100 になりました。何か実績と紐づいているかなと思いましたが、特に何も起きませんでした。しょんぼり。


ランク 100

普通のマップだと重いし、時間も掛かりすぎてやってられないので、専用の軽量マップを作ってひたすら待ちました。それでも相当時間が掛かります。普通に遊ぶ分にはランク 50 で十分ですね。

わかったこと

STATIONflow でランク 100 にする途中でいくつかわかったことがありました。

集客レベル
途中で出入口と乗り場の集客レベルがカンストし、変化もやることもなくなります。実績解除に必要なランク 50 以降はほぼ無意味です。
集客レベルの上がる余地は最大 132(※)なので、ランク 100 まで上がり続けるかと思いきや、ランク 1 上がるごとに集客レベルが 2〜4 くらい上がるので、だいたいランク 60 くらいでカンストします。
評価収入
ランクとは無関係で、出入口と乗り場の集客レベルの合計に依存するようです。出入口と乗り場を最大数作り、集客レベルを全て最大にして、ランク A+ を取ったときが 540,000 でした。おそらくこれが最大値です。

ランク 100 まで行ってもまだ取れない実績が残っていて(ラッキーセブン、トウキョウ)、なかなか気が遠くなるゲームです。

(※)出入口が 6 x 9 = 54、乗り場が 6 x 2 = 12、集客レベルは 2段階上がるため (54 + 12) x 2 = 132 です。

実績の typo

STATIONflow の実績に typo がありました。


8000?九千?

漢字だけ間違ってます。惜しい……!

[編集者: すずき]
[更新: 2020年 8月 11日 19:13]

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

link 編集する

Steam の秘密の実績を暴く方法

Steam の買い物カートの中身一覧を見る方法を探していたんですが、全くわかりませんでした。だいぶ彷徨いましたが、未だトップ画面からカートを見る方法はわからないままです。Steam は本当に UI がひどい。Amazon を見習ってくれ……。

その際に副産物として、秘密の実績を確認する方法を見つけたのでメモしておきます。

  • Steam のウインドウ
  • ユーザー名のタブ
  • プロフィール
  • 最近プレイした全てのゲーム
  • すべてのゲーム

と辿ると自分が所持しているゲームの一覧が出ますから、実績を見たいゲームの

  • データを表示
  • グローバル実績

と辿ると全ての実績が表示されます。


個人のプレイデータでは秘密の実績と表示される


グローバルプレイデータでは秘密の実績も全て表示される

秘密の実績の意味とは一体……??

[編集者: すずき]
[更新: 2020年 7月 2日 03:27]

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

link 編集する

C 言語で SEGV

SEGV を出すのが Twitter で流行しているみたいなので、少し考えてみました。Twitter で見かけたのは、*a;main(){*a=0;}(16文字)です。最適化オプションにもよりますが、異常なアドレスへの mov か、未定義命令 ud2 が出力されて SEGV します。

16文字で SEGV
$ echo -n '*a;main(){*a=0;}' > a.c && gcc a.c

a.c:1:1: warning: data definition has no type or storage class
    1 | *a;main(){*a=0;}
      | ^
a.c:1:2: warning: type defaults to 'int' in declaration of 'a' [-Wimplicit-int]
    1 | *a;main(){*a=0;}
      |  ^
a.c:1:4: warning: return type defaults to 'int' [-Wimplicit-int]
    1 | *a;main(){*a=0;}
      |    ^~~~

$ ./a.out

Segmentation fault

ただ SEGV するだけで良ければ、main のアドレスを .text ではないアドレスにすれば良いので、main;(5 文字)でも、達成できます。

5文字で SEGV
$ echo -n 'main;' > a.c && gcc a.c

a.c:1:1: warning: data definition has no type or storage class
    1 | main;
      | ^~~~
a.c:1:1: warning: type defaults to 'int' in declaration of 'main' [-Wimplicit-int]

$ ./a.out

Segmentation fault

この例は main を関数ではなく変数として定義し、main を bss セクションに配置します。最近の Linux ならばデータが置かれているセグメントは実行禁止にするはずなので、main が指すデータが何であろうと、ジャンプした瞬間に SEGV します。

趣旨とは外れますが SEGV を避けて正常終了させたければ、

SEGV したくない場合
$ echo -n 'main=0xc3;' > a.c && gcc -z execstack a.c

a.c:1:1: warning: data definition has no type or storage class
    1 | main=0xc3;
      | ^~~~
a.c:1:1: warning: type defaults to 'int' in declaration of 'main' [-Wimplicit-int]

$ ./a.out

(SEGV しない)

変数 main が指す位置に retq 命令(0xc3)を置いて、-z execstack オプションでデータ領域を実行可能にしています。attribute で .text 領域に置いても実行できますが、そんなことするくらいなら main() 関数を書いた方が短いです。

これが最短か?

変化球を使ってよければ 0 文字で SEGV できます。nostdlib オプションを使います。

0 文字で SEGV
$ echo -n > a.c && gcc -nostdlib a.c

/usr/bin/ld: warning: cannot find entry symbol _start; defaulting to 0000000000001000

$ ./a.out

Segmentation fault

GNU ld(他のリンカーでも同じだと思いますけど)は ELF のエントリアドレスに _start というシンボルのアドレスを使います。通常は crt.o など、リンク時に自動的に追加されるオブジェクトが _start を定義しますが、nostdlib オプションにより crt.o がリンクされなくなって、_start は未定義になります。

すると ld は _start を適当なアドレスに設定(上記の例では 0x1000 に)します。当然 _start が指すアドレスにコードはありませんから、実行するとクラッシュします。

[編集者: すずき]
[更新: 2020年 7月 21日 19:59]

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

link 編集する

ELF バイナリで SEGV その 1 - 92 バイト

昨日(2020年 7月 3日の日記参照)試したところによると、C 言語は 0 文字で SEGV するプログラムを書けました。

では、出力されたバイナリだと最短はいくつでしょうか?とりあえずベースとして C 言語の 0 文字 SEGV プログラムの出力を見ます。

0 文字で SEGV のバイナリサイズ
$ gcc -nostdlib a.c

/usr/bin/ld: warning: cannot find entry symbol _start; defaulting to 0000000000001000

$ ls -la a.out

-rwxr-xr-x 1 katsuhiro katsuhiro 9528 Jul  3 04:11 a.out

なんと 9KB もあります。readelf で見るとダイナミックリンカー関連のシンボルが含まれているようなので、static オプションを付けてダイナミックリンカー関連のシンボルを消します。

0 文字で SEGV のバイナリサイズ、static 版
$ echo -n  > a.c && gcc -nostdlib -static a.c

/usr/bin/ld: warning: cannot find entry symbol _start; defaulting to 0000000000401000

$ ls -la a.out

-rwxr-xr-x 1 katsuhiro katsuhiro 968 Jul  3 04:12 a.out

$ strace ./a.out

execve("./a.out", ["./a.out"], 0x7ffc92c2b390 /* 46 vars */) = 0
--- SIGSEGV {si_signo=SIGSEGV, si_code=SEGV_MAPERR, si_addr=0x401000} ---
+++ killed by SIGSEGV +++
Segmentation fault

ログが大量に出るはずの strace も、わずか 1行しかログが出ません。何もしないバイナリにも関わらず a.out のサイズは 1KB 近くあります。

ツールでバイナリを削る

お手軽なバイナリのダイエットとして、実行に不要なセクションを strip します。

SEGV するバイナリ、strip する
$ strip -R ".note.gnu.build-id" -R ".comment" a.out

$ ls -la a.out
-rwxr-xr-x 1 katsuhiro katsuhiro 376 Jul  3 04:18 a.out

それでも 376 バイト。まだでかいですね。

手でバイナリを削る

この 376 バイトのファイルを元にして、バイナリを手で削ります。加工の方針としては、

  • ELF ヘッダ(64バイト)とプログラムヘッダ(56バイト)を一部重ねる(-28バイト)
  • 不要なプログラムヘッダ 2つを消す(-56 x 2バイト)
  • セクションヘッダを消す(-64 x 2バイト)
  • .shstrtab セクションを消す(-16バイト)
  • ELF ヘッダの辻褄を合わせる

結果 92 バイトになりました。

SEGV するバイナリ、手で削る
$ ls -la a.out

-rwxrwxr-x+ 1 katsuhiro katsuhiro 92 Jul  3 05:43 a.out


SEGV する 92 バイトバイナリ、ELF ヘッダ


SEGV する 92 バイトバイナリ、プログラムヘッダ

もっとアグレッシブに ELF ヘッダとプログラムヘッダを重ねれば、64 バイトにできるかもしれません。

SEGV する 92 バイトバイナリの検証

このファイルを実行してみると、システムコール execve がエラーを返さないで進むので、ELF ファイルとして認識してもらえているようです。

SEGV する 92 バイトバイナリ、実行
$ strace ./a.out

execve("./a.out", ["./a.out"], 0x7fff2b4f74a0 /* 47 vars */) = 0
--- SIGSEGV {si_signo=SIGSEGV, si_code=SEGV_MAPERR, si_addr=0x400000001} ---
+++ killed by SIGSEGV +++
Segmentation fault
SEGV する 92 バイトバイナリ、readelf
$ readelf -a a.out

ELF Header:
  Magic:   7f 45 4c 46 02 01 01 00 00 00 00 00 00 00 00 00
  Class:                             ELF64
  Data:                              2's complement, little endian
  Version:                           1 (current)
  OS/ABI:                            UNIX - System V
  ABI Version:                       0
  Type:                              EXEC (Executable file)
  Machine:                           Advanced Micro Devices X86-64
  Version:                           0x1
  Entry point address:               0x400000001
  Start of program headers:          36 (bytes into file)
  Start of section headers:          0 (bytes into file)
  Flags:                             0x0
  Size of this header:               64 (bytes)
  Size of program headers:           56 (bytes)
  Number of program headers:         1
  Size of section headers:           0 (bytes)
  Number of section headers:         0
  Section header string table index: 0
There are no sections in this file.
There are no sections to group in this file.
Program Headers:
  Type           Offset             VirtAddr           PhysAddr
                 FileSiz            MemSiz              Flags  Align
  NULL           0x0000000000000000 0x0000000100380040 0x0000000000000000
                 0x0000000000000000 0x0000000000000000         0x1000
There is no dynamic section in this file.
There are no relocations in this file.
The decoding of unwind sections for machine type Advanced Micro Devices X86-64 is not currently supported.
Dynamic symbol information is not available for displaying symbols.
No version information found in this file.

一応 readelf でも読めますし、そこそこ真っ当なファイルをキープできていると思います。

[編集者: すずき]
[更新: 2020年 7月 5日 21:06]

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

link 編集する

ELF バイナリで SEGV その 2 - 64 バイト

昨日(2020年 7月 4日の日記参照)は SEGV する ELF バイナリサイズを 92 バイトまで削ることができました。

その後、色々弄っていて見つけたのですが、プログラムヘッダの type を NULL にしておけば、ファイルサイズやオフセットがめちゃくちゃでも execve は文句を言わないっぽいみたいです。

ELF ヘッダの e_ident の後半 8バイトは 0(前半を書き換えると ELF と認識されなくなります)なので、この部分をプログラムヘッダだよ、と指定すれば type NULL に解釈されます。

これで 64 バイト、つまり ELF ヘッダしかない実行ファイルができました。何の役にも立たないですけどね……。

SEGV するバイナリ、64バイト版
$ ls -la a.out

-rwxrwxr-x+ 1 katsuhiro katsuhiro 64 Jul  3 06:39 a.out


SEGV する 64 バイトバイナリ、ELF ヘッダ


SEGV する 64 バイトバイナリ、プログラムヘッダ

これ以上 1 バイトでも削ると ELF ヘッダの長さを下回るため、ELF バイナリとして成立しません。よって 64 バイトが最短だと思いますが、私が気づいていない裏技があるかもしれません。

SEGV する 64 バイトバイナリの検証

このファイルを実行してみると、システムコール execve がエラーを返さないで進むので、ELF ファイルとして認識してもらえているようです。

SEGV する 64 バイトバイナリ、実行
$ strace ./a.out

execve("./a.out", ["./a.out"], 0x7ffedf7dfa90 /* 47 vars */) = 0
--- SIGSEGV {si_signo=SIGSEGV, si_code=SEGV_MAPERR, si_addr=0x400000001} ---
+++ killed by SIGSEGV +++
Segmentation fault
SEGV する 64 バイトバイナリ、readelf
$ readelf -a a.out
ELF Header:
  Magic:   7f 45 4c 46 02 01 01 00 00 00 00 00 00 00 00 00 
  Class:                             ELF64
  Data:                              2's complement, little endian
  Version:                           1 (current)
  OS/ABI:                            UNIX - System V
  ABI Version:                       0
  Type:                              EXEC (Executable file)
  Machine:                           Advanced Micro Devices X86-64
  Version:                           0x1
  Entry point address:               0x400000001
  Start of program headers:          8 (bytes into file)
  Start of section headers:          0 (bytes into file)
  Flags:                             0x0
  Size of this header:               64 (bytes)
  Size of program headers:           56 (bytes)
  Number of program headers:         1
  Size of section headers:           0 (bytes)
  Number of section headers:         0
  Section header string table index: 0
There are no sections in this file.
There are no sections to group in this file.
Program Headers:
  Type           Offset             VirtAddr           PhysAddr
                 FileSiz            MemSiz              Flags  Align
  NULL           0x00000001003e0002 0x0000000400000001 0x0000000000000008
                 0x0000000000000000 0x0038004000000000         0x1
There is no dynamic section in this file.
There are no relocations in this file.
The decoding of unwind sections for machine type Advanced Micro Devices X86-64 is not curr
ently supported.
Dynamic symbol information is not available for displaying symbols.
No version information found in this file.

一応 readelf でも読めますが、プログラムヘッダのオフセットやアドレスはめちゃくちゃです。

[編集者: すずき]
[更新: 2020年 7月 5日 21:07]

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

link 編集する

GCC を調べる - その 15-1 - 浮動小数点のロードストアになぜかベクトルレジスタが出現する

目次: GCC を調べる - まとめリンク

以前(2020年 3月 27日の日記参照)ベクトルレジスタの定義を追加したとき、riscv_hard_regno_mode_ok() を変更しました。machine mode は無視して、ベクトルレジスタを指すレジスタ番号だったらとにかく true を返すようにしましたが、実はこの実装は正しくありません。

例えば以下のようなプログラムを書くと、おかしなことが起こります。

浮動小数点を 60個使うプログラム

void _start(void)
{
	static volatile float gf[60];
	float f00, f01, f02, f03, f04, f05, f06, f07, f08, f09;
	float f10, f11, f12, f13, f14, f15, f16, f17, f18, f19;
	float f20, f21, f22, f23, f24, f25, f26, f27, f28, f29;
	float f30, f31, f32, f33, f34, f35, f36, f37, f38, f39;
	float f40, f41, f42, f43, f44, f45, f46, f47, f48, f49;
	float f50, f51, f52, f53, f54, f55, f56, f57, f58, f59;

	__asm__ volatile("nop;\n");

	f00 = gf[ 0]; f01 = gf[ 1]; f02 = gf[ 2]; f03 = gf[ 3]; f04 = gf[ 4];
	f05 = gf[ 5]; f06 = gf[ 6]; f07 = gf[ 7]; f08 = gf[ 8]; f09 = gf[ 9];
	f10 = gf[10]; f11 = gf[11]; f12 = gf[12]; f13 = gf[13]; f14 = gf[14];
	f15 = gf[15]; f16 = gf[16]; f17 = gf[17]; f18 = gf[18]; f19 = gf[19];
	f20 = gf[20]; f21 = gf[21]; f22 = gf[22]; f23 = gf[23]; f24 = gf[24];
	f25 = gf[25]; f26 = gf[26]; f27 = gf[27]; f28 = gf[28]; f29 = gf[29];
	f30 = gf[30]; f31 = gf[31]; f32 = gf[32]; f33 = gf[33]; f34 = gf[34];
	f35 = gf[35]; f36 = gf[36]; f37 = gf[37]; f38 = gf[38]; f39 = gf[39];
	f40 = gf[40]; f41 = gf[41]; f42 = gf[42]; f43 = gf[43]; f44 = gf[44];
	f45 = gf[45]; f46 = gf[46]; f47 = gf[47]; f48 = gf[48]; f49 = gf[49];
	f50 = gf[59]; f51 = gf[51]; f52 = gf[52]; f53 = gf[53]; f54 = gf[54];
	f55 = gf[55]; f56 = gf[56]; f57 = gf[57]; f58 = gf[58]; f59 = gf[59];

	__asm__ volatile("nop;\n");

	gf[ 0] = f00; gf[ 1] = f01; gf[ 2] = f02; gf[ 3] = f03; gf[ 4] = f04;
	gf[ 5] = f05; gf[ 6] = f06; gf[ 7] = f07; gf[ 8] = f08; gf[ 9] = f09;
	gf[10] = f10; gf[11] = f11; gf[12] = f12; gf[13] = f13; gf[14] = f14;
	gf[15] = f15; gf[16] = f16; gf[17] = f17; gf[18] = f18; gf[19] = f19;
	gf[20] = f20; gf[21] = f21; gf[22] = f22; gf[23] = f23; gf[24] = f24;
	gf[25] = f25; gf[26] = f26; gf[27] = f27; gf[28] = f28; gf[29] = f29;
	gf[30] = f30; gf[31] = f31; gf[32] = f32; gf[33] = f33; gf[34] = f34;
	gf[35] = f35; gf[36] = f36; gf[37] = f37; gf[38] = f38; gf[39] = f39;
	gf[40] = f40; gf[41] = f41; gf[42] = f42; gf[43] = f43; gf[44] = f44;
	gf[45] = f45; gf[46] = f46; gf[47] = f47; gf[48] = f48; gf[49] = f49;
	gf[50] = f50; gf[51] = f51; gf[52] = f52; gf[53] = f53; gf[54] = f54;
	gf[55] = f55; gf[56] = f56; gf[57] = f57; gf[58] = f58; gf[59] = f59;

	__asm__ volatile("nop;\n");
}

最適化 O1 以上でビルドすると internal compile error が発生します。

reload でコンパイルエラー
$ riscv32-unknown-elf-gcc b.c -march=rv32imafcv -mabi=ilp32f -O3 -Wall -fno-builtin -fno-inline -nostdlib -g

b.c: In function '_start':
b.c:52:1: error: insn does not satisfy its constraints:
   52 | }
      | ^
(insn 562 17 18 2 (set (reg/v:SF 65 v1 [orig:104 f00 ] [104])
        (reg/v:SF 47 fa5 [orig:104 f00 ] [104])) "b.c":23:6 153 {*movsf_hardfloat}
     (nil))

during RTL pass: reload
dump file: b.c.282r.reload
b.c:52:1: internal compiler error: in extract_constrain_insn, at recog.c:2195
0x11b9e4d _fatal_insn(char const*, rtx_def const*, char const*, int, char const*)
        gcc/gcc/rtl-error.c:108
0x11b9ed1 _fatal_insn_not_found(rtx_def const*, char const*, int, char const*)
        gcc/gcc/rtl-error.c:118
0x1130298 extract_constrain_insn(rtx_insn*)
        gcc/gcc/recog.c:2195
0xeabdd8 check_rtl
        gcc/gcc/lra.c:2167
0xead5c0 lra(_IO_FILE*)
        gcc/gcc/lra.c:2604
0xe1a63b do_reload
        gcc/gcc/ira.c:5523
0xe1b078 execute
        gcc/gcc/ira.c:5709

エラーが発生している箇所は reload で、エラーの原因となった RTL も出力されています。RTL の set を見ると、宛先が reg/v:SF 65 v1 になっています。浮動小数点の処理のはずなのに、どうしてベクトルレジスタが選択されているのでしょうか?

エラーを出力している箇所

エラーを出力するのは関数 check_rtl() です。lra() の最初あたり check_rtl(false) と、最後あたり check_rtl(true) の 2回呼ばれます。エラーが発生しているのは、2回目の呼び出しです。

エラーの出力箇所を追う
// gcc/lra.c

/* Function checks RTL for correctness.	 If FINAL_P is true, it is
   done at the end of LRA and the check is more rigorous.  */
static void
check_rtl (bool final_p)
{
  basic_block bb;
  rtx_insn *insn;

  lra_assert (! final_p || reload_completed);
  FOR_EACH_BB_FN (bb, cfun)
    FOR_BB_INSNS (bb, insn)
    if (NONDEBUG_INSN_P (insn)
	&& GET_CODE (PATTERN (insn)) != USE
	&& GET_CODE (PATTERN (insn)) != CLOBBER
	&& GET_CODE (PATTERN (insn)) != ASM_INPUT)
      {
	if (final_p)
	  {
	    extract_constrain_insn (insn);    //★★これ
	    continue;
	  }


// gcc/recog.c

/* Do uncached extract_insn, constrain_operands and complain about failures.
   This should be used when extracting a pre-existing constrained instruction
   if the caller wants to know which alternative was chosen.  */
void
extract_constrain_insn (rtx_insn *insn)
{
  extract_insn (insn);    //★★ INSN RTL から recog_data を作成する
  if (!constrain_operands (reload_completed, get_enabled_alternatives (insn)))    //★★ここで false が返る
    fatal_insn_not_found (insn);    //★★internal compile error が出力される
}

おさらいですが、エラーが発生するときの insn の先頭は下記のような RTL でした。

エラーが発生する RTL
(insn 562 17 18 2 (set (reg/v:SF 65 v1 [orig:104 f00 ] [104])
        (reg/v:SF 47 fa5 [orig:104 f00 ] [104])) "b.c":23:6 145 {*movsf_hardfloat}
     (nil))

関数 constrain_operands() は何度も呼ばれるので、エラーが起きる RTL が来たとき UID 562 で止めます。INSN_UID(insn) == 562 が来たときに止められるようにコードを少し改変し、ブレークポイントを仕掛けます。

もしくは INSN_UID(insn) はデバッガから参照するときは insn->u2.insn_uid で見えますから、条件ブレークでも止められると思います。

ブレークするために少し改造

// gcc/lra.c

/* Function checks RTL for correctness.	 If FINAL_P is true, it is
   done at the end of LRA and the check is more rigorous.  */
static void
check_rtl (bool final_p)
{
  basic_block bb;
  rtx_insn *insn;

  lra_assert (! final_p || reload_completed);
  FOR_EACH_BB_FN (bb, cfun)
    FOR_BB_INSNS (bb, insn)
    if (NONDEBUG_INSN_P (insn)
	&& GET_CODE (PATTERN (insn)) != USE
	&& GET_CODE (PATTERN (insn)) != CLOBBER
	&& GET_CODE (PATTERN (insn)) != ASM_INPUT)
      {
        if (INSN_UID(insn) == 562)      //★★ブレークポイントを仕掛けるために追加した部分
          printf("check point!!\n");    //★★ブレークポイントを仕掛けるために追加した部分

	if (final_p)
	  {
	    extract_constrain_insn (insn);
	    continue;
	  }

関数 constrain_operands() を追ってみると、RTL が取るオペランド(今回は 2つ取っている)に対応する constraints をチェックしています。recog_data.constraints を見ると constraints がわかります。

コードは以前(2020年 3月 29日の日記参照)見た process_alt_operands() の前半部分に似た作りとなっています。同じようなコードを色々なところに書くのはやめてほしいですね……。

エラーが発生する constraints
(gdb) p recog_data.constraints
$6 = {
  0x2d717f9 "=f,f,f,m,m,*f,*r,*r,*r,*m",
  0x2d71813 "f,G,m,f,G,*r,*f,*G*r,*m,*r",
...

この constraints は降って湧いたものではなくて、下記の *movsf_hardfloat の定義が由来です。

エラーが起きているときの constraints

// gcc/config/riscv/riscv.md

(define_insn "*movsf_hardfloat"
  [(set (match_operand:SF 0 "nonimmediate_operand" "=f,f,f,m,m,*f,*r,  *r,*r,*m")
	(match_operand:SF 1 "move_operand"         " f,G,m,f,G,*r,*f,*G*r,*m,*r"))]

...

浮動小数点の移動の定義ですから当たり前なんですけど、ベクトルレジスタを受け付ける constraints 'v' は含まれません。なのにベクトルレジスタを渡そうとしているので constrain_operands() が怒っているわけです。

と、ここまでエラー出力に至るまでを追いましたが、残念なことにエラーの原因は reload パスにはありません。エラーが出ている箇所と、エラーの原因が全く関係ない現象は GCC では珍しくなくて、いつも解析が難しくて困っています。

振り出しに戻ってしまいました。続きは次回。

[編集者: すずき]
[更新: 2020年 7月 9日 22:32]

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

link 編集する

GCC を調べる - その 15-2 - ベクトルレジスタが選ばれてしまう原因追跡

目次: GCC を調べる - まとめリンク

前回(2020年 7月 6日の日記参照)はエラー出力のコードを追いましたが、エラーの原因とは無関係でした。

問題解決のヒントは RTL のダンプファイルにあります。エラーを起こす 282r.reload の 1つ前のパス 281r.ira のダンプ(オプション --dump-rtl-all で出力できます)を見ると下記のような記述が見つかります。

エラーが起きたときの 281r.ira
...

      Popping a57(r107,l0)  -- assign reg 26
      Popping a58(r106,l0)  -- assign reg 27
      Popping a59(r105,l0)  -- assign reg 64    ★64は v0 レジスタの番号
      Popping a60(r104,l0)  -- assign reg 65    ★65は v1 レジスタの番号
      Popping a61(r165,l0)  -- assign reg 5

...

レジスタ番号にベクトルレジスタが出てきます。とても怪しいですね。このメッセージを出しているコードを追います。

281r.ira で Popping ... を出力しているコード

// gcc/ira-color.c

/* Pop the coloring stack and assign hard registers to the popped
   allocnos.  */
static void
pop_allocnos_from_stack (void)
{
  ira_allocno_t allocno;
  enum reg_class aclass;

  for (;allocno_stack_vec.length () != 0;)
    {
      allocno = allocno_stack_vec.pop ();
      aclass = ALLOCNO_CLASS (allocno);
      if (internal_flag_ira_verbose > 3 && ira_dump_file != NULL)
	{
	  fprintf (ira_dump_file, "      Popping");  //★★Popping はここで出力
	  ira_print_expanded_allocno (allocno);
	  fprintf (ira_dump_file, "  -- ");
	}
      if (aclass == NO_REGS)
	{
	  ALLOCNO_HARD_REGNO (allocno) = -1;
	  ALLOCNO_ASSIGNED_P (allocno) = true;
	  ira_assert (ALLOCNO_UPDATED_HARD_REG_COSTS (allocno) == NULL);
	  ira_assert
	    (ALLOCNO_UPDATED_CONFLICT_HARD_REG_COSTS (allocno) == NULL);
	  if (internal_flag_ira_verbose > 3 && ira_dump_file != NULL)
	    fprintf (ira_dump_file, "assign memory\n");
	}
      else if (assign_hard_reg (allocno, false))    //★★レジスタの割当をする
	{
	  if (internal_flag_ira_verbose > 3 && ira_dump_file != NULL)
	    fprintf (ira_dump_file, "assign reg %d\n",
		     ALLOCNO_HARD_REGNO (allocno));    //★★ assign reg 64 はここで出力
	}


// gcc/ira-build.c

/* This recursive function outputs allocno A and if it is a cap the
   function outputs its members.  */
void
ira_print_expanded_allocno (ira_allocno_t a)
{
  basic_block bb;

  //★★Popping の後ろの axx(rxx, lxx) を出力している

  fprintf (ira_dump_file, " a%d(r%d", ALLOCNO_NUM (a), ALLOCNO_REGNO (a));
  if ((bb = ALLOCNO_LOOP_TREE_NODE (a)->bb) != NULL)
    fprintf (ira_dump_file, ",b%d", bb->index);
  else
    fprintf (ira_dump_file, ",l%d", ALLOCNO_LOOP_TREE_NODE (a)->loop_num);
  if (ALLOCNO_CAP_MEMBER (a) != NULL)
    {
      fprintf (ira_dump_file, ":");
      ira_print_expanded_allocno (ALLOCNO_CAP_MEMBER (a));
    }
  fprintf (ira_dump_file, ")");
}


// gcc/ira-int.h

#define ALLOCNO_NUM(A) ((A)->num)
#define ALLOCNO_REGNO(A) ((A)->regno)
...
#define ALLOCNO_HARD_REGNO(A) ((A)->hard_regno)
...

281r.ira の Popping の値
いずれも ira_allocno_t のメンバを参照する。

(例)
Popping a59(r105,l0)  -- assign reg 64

  - a59   : num
  - r105  : regno
  - l0    : loop_num
  - reg 64: hard_regno

割り当てたレジスタ番号は allocno->hard_regno に格納されているようです。割り当てる関数はメッセージ出力のすぐ上にある assign_hard_reg() 関数が行います。

281r.ira でレジスタ割当を決めるコード

// gcc/ira-color.c

static bool
assign_hard_reg (ira_allocno_t a, bool retry_p)
{
  HARD_REG_SET conflicting_regs[2], profitable_hard_regs;
  int i, j, hard_regno, best_hard_regno, class_size;

...

  best_hard_regno = -1;

...

  /* We don't care about giving callee saved registers to allocnos no
     living through calls because call clobbered registers are
     allocated first (it is usual practice to put them first in
     REG_ALLOC_ORDER).  */
  mode = ALLOCNO_MODE (a);
  for (i = 0; i < class_size; i++)
    {
      hard_regno = ira_class_hard_regs[aclass][i];
#ifdef STACK_REGS
      if (no_stack_reg_p
	  && FIRST_STACK_REG <= hard_regno && hard_regno <= LAST_STACK_REG)
	continue;
#endif
      if (! check_hard_reg_p (a, hard_regno,
			      conflicting_regs, profitable_hard_regs))    //★★このチェックを通過すると、割り当てる候補になる
	continue;
      cost = costs[i];
      full_cost = full_costs[i];
      if (!HONOR_REG_ALLOC_ORDER)
	{

...

	}
      if (min_cost > cost)
	min_cost = cost;
      if (min_full_cost > full_cost
	  || (!HONOR_REG_ALLOC_ORDER && min_full_cost == full_cost
	      && best_hard_regno > hard_regno))
	{
	  min_full_cost = full_cost;
	  best_hard_regno = hard_regno;    //★★どのハードウェアレジスタに割り当てるか決まる
	  ira_assert (hard_regno >= 0);
	}
      if (internal_flag_ira_verbose > 5 && ira_dump_file != NULL)
	fprintf (ira_dump_file, "(%d=%d,%d) ", hard_regno, cost, full_cost);
    }

...

  if (! retry_p)
    restore_costs_from_copies (a);
  ALLOCNO_HARD_REGNO (a) = best_hard_regno;    //★★allocno->hard_regno に格納
  ALLOCNO_ASSIGNED_P (a) = true;
  if (best_hard_regno >= 0)
    update_costs_from_copies (a, true, ! retry_p);
  ira_assert (ALLOCNO_CLASS (a) == aclass);
  /* We don't need updated costs anymore.  */
  ira_free_allocno_updated_costs (a);
  return best_hard_regno >= 0;    //★★best_hard_regno に何か値が入っていれば成功
}

関数 assign_hard_reg() は色んな複雑なことをやっていますが、レジスタ割当の決め手は最後のループです。ループ内では基本的に先頭のレジスタから使います(※)。ループの先頭に check_hard_reg_p() というチェックがあって、このチェックをパスしたレジスタが割当の候補になります。

(※)厳密にはどのレジスタから割当を試みるかは、ira_class_hard_regs で決まります。この配列を初期化するのは setup_class_hard_regs() で、コードを見た感じだと順序を変更することもできるようです。今回、詳細は調べていません。

281r.ira でレジスタ割当候補を判断するコード

// gcc/ira-color.c

/* Return true if HARD_REGNO is ok for assigning to allocno A with
   PROFITABLE_REGS and whose objects have CONFLICT_REGS.  */
static inline bool
check_hard_reg_p (ira_allocno_t a, int hard_regno,
		  HARD_REG_SET *conflict_regs, HARD_REG_SET profitable_regs)
{
  int j, nwords, nregs;
  enum reg_class aclass;
  machine_mode mode;

  aclass = ALLOCNO_CLASS (a);
  mode = ALLOCNO_MODE (a);
  if (TEST_HARD_REG_BIT (ira_prohibited_class_mode_regs[aclass][mode],
			 hard_regno))    //★★このチェックを通過したら割当候補
    return false;
  /* Checking only profitable hard regs.  */
  if (! TEST_HARD_REG_BIT (profitable_regs, hard_regno))    //★★このチェックは基本的に通過するはず
    return false;

...


// gcc/ira-int.h

#define ALLOCNO_MODE(A) ((A)->mode)
...
#define ALLOCNO_CLASS(A) ((A)->aclass)
...

ベクトルレジスタ(番号 64 以降)が check_hard_reg_p() に渡されるときの aclass, mode の値を見ておきます。今はどうでも良いんですが、次の章で使います。

aclass, mode の値

ブレークに設定する条件は if hard_regno == 64

(gdb) p aclass
$4 = ALL_REGS

(gdb) p mode
$5 = E_SFmode

チェックのキモは ira_prohibited_class_mode_regs で、レジスタ番号が示す位置のビットがセットされていると、チェックに引っかかって、割り当て候補から外れます。この配列を初期化している箇所は setup_prohibited_class_mode_regs() です。

281r.ira でレジスタ割当候補を判断に使う ira_prohibited_class_mode_regs を初期化するコード

// gcc/ira.c

static void
setup_prohibited_class_mode_regs (void)
ira_prohibited_class_mode_regs
{
  int j, k, hard_regno, cl, last_hard_regno, count;

  for (cl = (int) N_REG_CLASSES - 1; cl >= 0; cl--)
    {
      temp_hard_regset = reg_class_contents[cl] & ~no_unit_alloc_regs;
      for (j = 0; j < NUM_MACHINE_MODES; j++)
	{
	  count = 0;
	  last_hard_regno = -1;
	  CLEAR_HARD_REG_SET (ira_prohibited_class_mode_regs[cl][j]);
	  for (k = ira_class_hard_regs_num[cl] - 1; k >= 0; k--)
	    {
	      hard_regno = ira_class_hard_regs[cl][k];
	      if (!targetm.hard_regno_mode_ok (hard_regno, (machine_mode) j))    //★★hard_regno_mode_ok() が true であれば割当候補になる
		SET_HARD_REG_BIT (ira_prohibited_class_mode_regs[cl][j],
				  hard_regno);
	      else if (in_hard_reg_set_p (temp_hard_regset,
					  (machine_mode) j, hard_regno))
		{
		  last_hard_regno = hard_regno;
		  count++;
		}
	    }
	  ira_class_singleton[cl][j] = (count == 1 ? last_hard_regno : -1);
	}
    }
}


// gcc/config/riscv/riscv.h

enum reg_class
{
  NO_REGS,			/* no registers in set */
  SIBCALL_REGS,			/* registers used by indirect sibcalls */
  JALR_REGS,			/* registers used by indirect calls */
  GR_REGS,			/* integer registers */
  FP_REGS,			/* floating-point registers */
  VP_REGS,			/* vector registers */
  FRAME_REGS,			/* arg pointer and frame pointer */
  ALL_REGS,			/* all registers */
  LIM_REG_CLASSES		/* max value + 1 */
};

#define N_REG_CLASSES (int) LIM_REG_CLASSES

配列の名前 prohibited の通り、この配列のビットがセットされているレジスタは割り当て「禁止」です。最初に配列のビットをクリアし(許可状態)、条件 targetm.hard_regno_mode_ok() が true だったら変更せず(許可状態のまま)、false だったらビットをセット(禁止状態)します。

次回は原因を修正します。

[編集者: すずき]
[更新: 2020年 7月 9日 22:34]

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

link 編集する

GCC を調べる - その 15-3 - ベクトルレジスタを使用する machine mode

目次: GCC を調べる - まとめリンク

前回(2020年 7月 7日の日記参照)はベクトルレジスタが選択されてしまう仕組みが何となくわかりました。

今回やりたかったことを復習しておくと「ベクトルの演算以外でベクトルレジスタを使わないでほしい」でした。つまり ira_prohibited_class_mode_regs[cl][j] のうちベクトル以外の machine mode かつベクトルレジスタに相当するビットを「セット」つまり割り当て禁止状態にすれば良いはずです。

配列の次元のうち cl はレジスタのクラス(enum reg_class)で、j は machine mode です。レジスタのクラスは以前(2020年 3月 28日の日記参照)ちょっとだけ使いました。幸いなことに、今回はレジスタのクラスは気にしなくて良いです、というかコードの if 文の条件 hard_regno_mode_ok(hard_regno, (machine_mode) j) を見るとわかるように、そもそもレジスタのクラスが渡されないので、ターゲット側(=RISC-V 依存の実装部分)で何もできないです。

重要なのは machine mode で、ベクトル以外のモード(浮動小数点など)だったらベクトルレジスタを割り当て禁止状態にすれば良いです。

targetm.hard_regno_mode_ok() の RISC-V 向け実装

// gcc/config/riscv/riscv.c

/* Implement TARGET_HARD_REGNO_MODE_OK.  */

static bool
riscv_hard_regno_mode_ok (unsigned int regno, machine_mode mode)
{
  unsigned int nregs = riscv_hard_regno_nregs (regno, mode);

  if (GP_REG_P (regno))
    {
      if (!GP_REG_P (regno + nregs - 1))
	return false;
    }
  else if (FP_REG_P (regno))
    {
      if (!FP_REG_P (regno + nregs - 1))
	return false;

      if (GET_MODE_CLASS (mode) != MODE_FLOAT
	  && GET_MODE_CLASS (mode) != MODE_COMPLEX_FLOAT)
	return false;

      /* Only use callee-saved registers if a potential callee is guaranteed
	 to spill the requisite width.  */
      if (GET_MODE_UNIT_SIZE (mode) > UNITS_PER_FP_REG
	  || (!call_used_or_fixed_reg_p (regno)
	      && GET_MODE_UNIT_SIZE (mode) > UNITS_PER_FP_ARG))
	return false;
    }
  else if (VP_REG_P (regno))    //★★前回足した実装
    {
      return true;
    }
  else
    return false;

...

ここでベクトル系の machine mode を直接記述(mode == V64SImode など)しても間違いではないと思うのですが、単純にモードがたくさんあると鬱陶しいですし、該当するモードがあとで増えたときの修正が大変です。こういうときは machine mode のクラスが便利です。クラスってなんだったかというと、machmode.def や riscv-modes.def に書いたあれです。

machine mode クラスの定義

// gcc/machmode.def

...

/* Basic integer modes.  We go up to TI in generic code (128 bits).
   TImode is needed here because the some front ends now genericly
   support __int128.  If the front ends decide to generically support
   larger types, then corresponding modes must be added here.  The
   name OI is reserved for a 256-bit type (needed by some back ends).
    */

//★★MODE_INT クラスになる

INT_MODE (QI, 1);
INT_MODE (HI, 2);
INT_MODE (SI, 4);
INT_MODE (DI, 8);
INT_MODE (TI, 16);

...


// gcc/config/riscv/riscv-modes.def

//★★MODE_FLOAT クラスになる

FLOAT_MODE (TF, 16, ieee_quad_format);

//★★以前、追加した実装
//★★VECTOR_MODE の場合は少し特殊で、MODE_VECTOR + 最初の引数 クラスになる
//★★この例だと MODE_VECTOR_INT になる

VECTOR_MODE (INT, SI, 32);
VECTOR_MODE (INT, SI, 64);

クラスは上記の通り各所の *.def にて定義されますが、正直言ってどこにあるかわかりにくいし、クラスの名前も見えません。machine mode とクラスの対応を確認するだけなら、ビルド時に生成される insn-modes.c を見たほうが早いです。

machine mode とクラスの対応、早見方法

// build_gcc/insn-modes.c

const unsigned char mode_class[NUM_MACHINE_MODES] =
{
  MODE_RANDOM,             /* VOID */
  MODE_RANDOM,             /* BLK */
  MODE_CC,                 /* CC */
  MODE_INT,                /* BI */
  MODE_INT,                /* QI */
  MODE_INT,                /* HI */
  MODE_INT,                /* SI */
  MODE_INT,                /* DI */
  MODE_INT,                /* TI */
  MODE_FRACT,              /* QQ */
  MODE_FRACT,              /* HQ */
  MODE_FRACT,              /* SQ */
  MODE_FRACT,              /* DQ */
  MODE_FRACT,              /* TQ */
  MODE_UFRACT,             /* UQQ */
  MODE_UFRACT,             /* UHQ */
  MODE_UFRACT,             /* USQ */
  MODE_UFRACT,             /* UDQ */
  MODE_UFRACT,             /* UTQ */
  MODE_ACCUM,              /* HA */
  MODE_ACCUM,              /* SA */
  MODE_ACCUM,              /* DA */
  MODE_ACCUM,              /* TA */
  MODE_UACCUM,             /* UHA */
  MODE_UACCUM,             /* USA */
  MODE_UACCUM,             /* UDA */
  MODE_UACCUM,             /* UTA */
  MODE_FLOAT,              /* SF */
  MODE_FLOAT,              /* DF */
  MODE_FLOAT,              /* TF */

...

  MODE_COMPLEX_FLOAT,      /* SC */
  MODE_COMPLEX_FLOAT,      /* DC */
  MODE_COMPLEX_FLOAT,      /* TC */
  MODE_VECTOR_INT,         /* V32SI */
  MODE_VECTOR_INT,         /* V64SI */
};

ベクトル系の machine mode を引っ掛けるには MODE_VECTOR_INT を使えば良さそうです。今の実装では使っていませんが RISC-V のベクトルは浮動小数点のベクトル(MODE_VECTOR_FLOAT)も扱えるはずなので、これも条件に追加しておきましょう。

targetm.hard_regno_mode_ok() の RISC-V 向け実装、修正版

// gcc/config/riscv/riscv.c

/* Implement TARGET_HARD_REGNO_MODE_OK.  */

static bool
riscv_hard_regno_mode_ok (unsigned int regno, machine_mode mode)
{
  unsigned int nregs = riscv_hard_regno_nregs (regno, mode);

  if (GP_REG_P (regno))
    {
      if (!GP_REG_P (regno + nregs - 1))
	return false;
    }
  else if (FP_REG_P (regno))
    {
      if (!FP_REG_P (regno + nregs - 1))
	return false;

      if (GET_MODE_CLASS (mode) != MODE_FLOAT
	  && GET_MODE_CLASS (mode) != MODE_COMPLEX_FLOAT)
	return false;

      /* Only use callee-saved registers if a potential callee is guaranteed
	 to spill the requisite width.  */
      if (GET_MODE_UNIT_SIZE (mode) > UNITS_PER_FP_REG
	  || (!call_used_or_fixed_reg_p (regno)
	      && GET_MODE_UNIT_SIZE (mode) > UNITS_PER_FP_ARG))
	return false;
    }
  else if (VP_REG_P (regno))    //★★前回足した実装
    {
      if (GET_MODE_CLASS (mode) != MODE_VECTOR_INT
	  && GET_MODE_CLASS (mode) != MODE_VECTOR_FLOAT)    //★★今回足した実装
	return false;

      return true;
    }
  else
    return false;

...

修正後のコンパイラは浮動小数点数を 60個使うコードを正常にコンパイルできます。たったこの 3行を説明するだけで、えらい時間を費やしました。GCC は魔界ですね。

お気づきの方もいるかと思いますが、実は 1つ上の else if 節にほぼ全く同じ判定文が既にあります。何も考えずに上からパクって MODE の名前を書き換えれば、今回の問題は直るんですけど、それだとどうして直るのか全くわからないんですよ……。

[編集者: すずき]
[更新: 2020年 7月 11日 04:55]

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

link 編集する

ノート PC の発熱を抑える方法 - その 2

前回(2020年 6月 29日の日記参照)、ノート PC の発熱を抑えるために CPU のクロック上限を抑える設定をしました。

前回は TurboBoost だけ無効化する方法がわかりませんでしたが、ググっていたら割と簡単に TurboBoost を無効化できることがわかりました。

レジストリエディタで、
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Power\PowerSettings\54533251-82be-4824-96c1-47b60b740d00\be337238-0d82-4146-a960-4f3749d470c7
の Attributes という DWORD 値を 1 から 0 or 2 に変更します(※)。

すると下記の「プロセッサ パフォーマンスの向上モード」オプションが出現しますので、無効を選択します。


TurboBoost を無効化すると、最大のプロセッサの状態を 100% にしても、ベース周波数の 1.6GHz までしか周波数が上がらなくなります。これは良い感じだ。

  • 〜60%: 0.99GHz
  • 〜65%: 1.10GHz
  • 〜71%: 1.19GHz
  • 〜76%: 1.30GHz
  • 〜82%: 1.39GHz
  • 〜87%: 1.49GHz
  • 〜100%: 3.36GHz → 1.59GHz

(※)私は Surface Pro で CPU クロックが最大に張り付くという問題(フォーラムへのリンク)の解決策に載っていたものを見つけたのですが、どうも昔の Windows 8 で消えた設定らしい(ASCII.jp : Windows 8.1で消えた詳細な電源管理項目を表示する!より)です。

[編集者: すずき]
[更新: 2020年 7月 9日 23:48]

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

link 編集する

MAD Tower Tycoon 楽しい

最近 Steam で買った、MAD Tower Tycoon(開発: Eggcode)で遊んでいます。


MAD Tower Tycoon

ビル建築&経営シミュレーションゲームです。プレイヤーはビルを拡張していって、テナントや住居を作ります。テナントには住人やゲストが押し寄せてきますので、住人のストレスを溜めないように、メンテナンス施設を足したり、階段、エスカレーター、エレベーターでうまく捌き、儲けを出して、ビルをさらに拡張させるというゲームです。

The Tower の後継者?

ビル建築&経営シミュレーションの名作は The Tower(開発: OPeNBooK)だと思います。The Tower は続編が出なくなって久しく寂しかったですが、MAD Tower Tycoon はかなり The Tower に近い作りです。

後追いだけあって基本的に The Tower より良くなっていますが、残念な部分もあって、

  • 上階に伸ばすときの建設が面倒くさい
  • 中盤から金が余りまくる
  • オフィス、住宅からの変な苦情(人通りが多い)
  • 横移動のストレスがない、もしくは非常に低い
  • エレベーターは速いが、自由度が低い

難易度は最近の風潮で優しめだとしても、最後のエレベーターの劣化は残念です。

エレベーターの変な仕様

エレベーターは The Tower のキモで、説明書でも詳しく説明していました。MAD Tower Tycoon のエレベーターの場合は、

  • エレベータのカゴ数が最大 3 で少ない
  • 通過階の設定ができない(降車専用ならある)

特に後者の制限が厳しくて、ゾーン方式(※)エレベーターが実質建設不可能で、高層ビルを作るには厳しい仕様となっています。

(※)エレベーターを複数基用意して、1つ目は 1〜5階のみ、2つ目は 5〜10階のみなど、一部の階しか止まらないエレベーターを作る方式のことです。現実でも高層ビルでよく見かけます。

むりやりゾーン方式エレベーターを作るとどうなる?

バグなのか仕様なのかわからないですが、MAD Tower Tycoon ではバルコニーでフロアをぶち抜いて、スカイブリッジを作ると、どことも繋がらない孤立したフロアを作れます。


普通の四角いビルを作成


バルコニーを作成


バルコニーを破壊すると、スカイブリッジが完成

孤立したフロアにエレベーターだけを設置することで、実質的に乗車降車禁止階にできます。


スカイブリッジ経由で利用してくれない

ところがこの乗車降車禁止エレベータを作っても、なぜか住人は一切利用してくれません。訳が分かりません。どうしたら良いんでしょうか??

オープンブックの紆余曲折

The Tower 開発元の OPeNBooK は合併と名前変更を繰り返しています。合併相手は 9003, inc で、AQUAZONE という熱帯魚育成&水槽シミュレーションで名を馳せたベンダーです。

1993                                          2000
OPeNBooK  ---,    1996                   ,--> オープンブック(The Tower の版権を持つ)
             +--> オープンブック 9003 ---+--> シノミクス
9003, inc ---'
1990

Wikipedia を見るとこんな経歴でした。お互い、元の鞘に収まったという感じがします。合併したけどやることがなかったんですかね?

[編集者: すずき]
[更新: 2020年 7月 12日 00:56]

コメント一覧

  • わしだ 
    オープンブック9003時代に鳥(Pinna?)飼ってました・・・熱帯魚はともかくなぜ鳥飼育ゲーを買ったのか、今となっては心境が分かりません・・・。 
    (2020年08月10日 22:40:38)
  • すずき 
    鳥のゲームは知りませんでした。色々やってるなあ。オープンブック……。
    あの頃は、PCの解像度がどんどん上がって綺麗になっていて、飼育ゲームとかアクアリウム的な、眺めるタイプの奴が流行ってましたよね。 
    (2020年08月11日 18:59:24)
open/close この記事にコメントする



link permalink

link 編集する

STATIONflow 実績コンプリート

STATIONflow の日記一覧。

STATIONflow の実績をコンプリートしました。「ラッキーセブン」と「東京」は自動化マクロを組まないと取れませんでした。


STATIONflow 実績コンプリート

本来、このゲームにハマって色々なマップをずっと遊んでいたらいつのまにか取れていた、というタイプの実績ですが、申し訳ないことに、私はそこまでの情熱がなかったです。

ゲームやったらわかりますけど、この 2つの実績だけ条件設定が異常すぎます。

  • 1日の利用者数は最大 17,000人程度(全出入口&乗り場が最大レベルの駅)
  • 1390万人達成には単純計算でゲーム内時間 800日程度
  • STATIONflow の 1日は最速でも 15分、普通に遊ぶと 30分〜1時間くらい
  • 最速でも 200時間は必要

実績の条件(総利用者数 700万人、1,390万人)がいかに異常かがわかると思います。

自動化

自動化の方法は簡単で、PowerShell で Enter キーを 3秒に 1回送るマクロを組んで、会社行っている間や夜間に放置するだけです。2週間くらいで取れました。

STATIONflow は放置しても悪いイベントが起きない(=駅が壊れない)優しい仕様になっているため、自動化+放置が可能でしたが、他のシミュレーションゲームだと偶発的に悪いイベントが起きるため、この方法は使えません。

まあ、明らかに製作者の想定した取り方ではないし、こんな方法で実績取っても嬉しくないし、無理に実績取るのは今後はやめておきます。

[編集者: すずき]
[更新: 2020年 8月 11日 19:13]

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

link 編集する

MAD Tower Tycoon コンプリート

MAD Tower Tycoon でゾーン方式のエレベータの作り方を悩んで色々やっていたら、いつのまにかレベル 100、実績コンプリートしていました。ゲーム内時間は表示されないので詳しくはわかりませんが、おそらく 700日くらい?


MAD Tower Tycoon 実績コンプリート

The Tower と比べて色々思うところはありますが、総合的にみれば面白いと思います。

序盤だけ金欠になりやすいですが、難易度はかなり低めですし、ビル建築シミュレーション初めての方にオススメしたいゲームです。

高層ビルを作りたい

MAD Tower Tycoon は住人を追尾する機能があり、ビルの住人が困っていないか把握するのに便利です。基本的には目的地に行って、家に帰る(住人の場合)、もしくはビルから出る(ゲストの場合)だけですけど、大きなビルを作ると変な行動が目立ちます。

  • ビルの端から端まで歩いて、わざわざ遠いエレベーターで乗り換え
  • 近所のレストランを無視して、わざわざ遠いレストランに行く

前回(2020年 7月 10日の日記参照)も書きましたが、MAD Tower Tycoon はゾーン方式のエレベーターを作る方法がわかりません。今はメンテナンス施設の射程(上下 6F に効果がある)の関係で、7階+ 8階(※)おきに乗り換え階を作っています。

どうもこの方式だと 40階くらいで限界っぽいです。乗り換えに時間が掛かりすぎて、目的地に行くだけで半日費やしている気の毒な住民がいます。彼らはなぜか不満は言いませんが、見ていると不憫です……。

救いとしては MAD Tower Tycoon はビルの横幅がめちゃくちゃ広く取れるので、45階もあれば、レベル100、五つ星ビルが余裕で作れることです。だけど、やっぱり The Tower にあやかるなら、100階建て目指したいですよね?

(※)効率重視ならば 7F, 14F 乗り換えが最適ですが、スカイロビーを作成できるのは 15F からなので、あえて 14F を空きフロアにして、15F 乗り換えにしています。

どうしても The Tower と比較してしまう

MAD Tower Tycoon は、The Tower とかなり似ているがゆえに、つい比較してしまいます。

良いところ

  • エレベータ乗り換えがロビー階以外でも可能
  • 何度でも乗り継げる(1F → 7F → 15F → 23F のような乗り継ぎが可能)
  • かなり上の階でも階段で行ける(The Tower は確か 4F くらいしか上らない)

悪いところ

  • エレベータの通過階設定ができない(今、一番困っている制限)
  • 一度上に行ってから、下に行く乗り換えが不可能(1F → 15F → 7F みたいな乗り換えはしないようだ)

ゾーン方式のエレベーターが作れたら、高層ビルに効率的に人を運べるようになって、もっと面白くなるはずなのに。もったいないよ〜。

[編集者: すずき]
[更新: 2020年 7月 12日 19:53]

コメント一覧

  • わしだ 
    The Tower懐かしいですね。
    話題とずれる荒しみたいなコメントになりますが、旧姓でエゴサーチして最も古い自分の名前が出るのが、Geocitiesの他人のサイトに投稿したThe towerのビルでした。小6くらいだったのですが、本名とビル名に「第百ビル」とか付けてて。
    その10年以上後、新卒で会社入って最初の移動先の課長に「第百ビルの人?」って聞かれてびびりました。(会社入って一年くらいは旧姓だったので)
    いまはGeocitiesも閉鎖になったので出てきませんが、いい思い出ではあります。
    ということでとにもかくにも100階建てにしてチャペル建てたくなる気持ちを思い出しました。 
    (2020年08月10日 22:36:51)
  • すずき 
    小学生でサイトに投稿はスゴイです。そして会社バレしてるのも奇遇というかなんというか。
    The Tower で遊んでいたのは、たしか中学生時代だったと思いますが、当時インターネットとかパソコン通信はさっぱりわからず、ビルを投稿しようという考えが全くなかったです。
    Mad Tower Tycoon も 100階にチャペルを建てられますが、The Tower ほどの重要なポジションではない(集客施設の一つに過ぎない)です。星 3〜4辺りからゲーム性が極端に下がってダレてしまうのも、ちょっと残念なポイントです。 
    (2020年08月11日 18:59:01)
open/close この記事にコメントする



link permalink

link 編集する

OpenCL と ICD

OpenCL は複数のベンダーのデバイスを同時に扱うことができます。ICD(Installable Client Driver)というそうです。ICD は GPU などのデバイスを制御し、アプリケーションと ICD の間に ICD ローダーが存在します。


アプリケーション、ICD ローダー、ICD の関係


Debian でのライブラリ名

Debian Testing では ICD ローダーとして ocl-icd-2.2.12 が使われています。

Debian Testing の ICD loader
$ apt-cache search ocl-icd-libopencl1

ocl-icd-libopencl1 - Generic OpenCL ICD Loader

ローダーのソースコードは GitHub(リンク)にあります。

先程、図示したもの以外にも ICD はいくつか実装があります。現時点の Debian Testing では下記が提供されていました。

  • pocl-opencl-icd: 主に CPU 向け
  • beignet-opencl-icd: 比較的古い Intel GPU 向け
  • intel-opencl-icd: 比較的新しい Intel GPU 向け、Testing にしか存在しない
  • mesa-opencl-icd: AMD GPU 向け
  • nvidia-opencl-icd: nVidia GPU 向け、ソースコードは公開されていない

Intel は ICD のソースコードを完全にオープンにしています。NVIDIA は公開していません。AMD もないのかな?

ICD のロード手順

動作を追ってみたいと思います。アプリケーションには clinfo を使います。ocl-icd は環境変数 OCL_ICD_DEBUG=15 に設定すると、動作時に詳細なログを出力します。デバッガで追うのと併用するとわかりやすいです。

  • clinfo: clGetPlatformIDs() を呼ぶ
  • ocl-icd: _initClIcd() -> _initClIcd_real() -> __initClIcd()
  • ocl-icd: _find_num_icds(): /etc/OpenCL/vendors の *.icd ファイルを見る(*.so へのパスが書いてある)
  • ocl-icd: _load_icd(): *.so を dlopen()
  • ocl-icd: _find_and_check_platforms(): 後述

ローダーが走査するディレクトリは /etc/OpenCL/vendors がハードコードされていますが、環境変数 OPENCL_VENDOR_PATH で変更できます。

ICD のロードの中心となる処理は _find_and_check_platforms() です。

  • dlsym() で clGetExtensionFunctionAddress() のアドレスを得る
  • clGetExtensionFunctionAddress() で clIcdGetPlatformIDsKHR() のアドレスを得る
  • clGetExtensionFunctionAddress() で clGetPlatformInfo() のアドレスを得る
  • clIcdGetPlatformIDsKHR() でプラットフォーム数とプラットフォームの情報を得る

プラットフォームは説明が難しいですが、OpenCL API の実体+任意のドライバ固有のデータとでも言いましょうか。変数の型は cl_platform_id * 型です。cl_platform_id は少なくとも先頭のメンバは struct _cl_icd_dispatch *dispatch でなければなりません。dispatch の後ろには他の情報が入っていても問題ないようです。

cl_platform_id と dispatch

// ocl-icd/ocl_icd_loader.c

static inline void _find_and_check_platforms(cl_uint num_icds) {
  cl_uint i;

...

    cl_platform_id *platforms = (cl_platform_id *) malloc( sizeof(cl_platform_id) * num_platforms);
    error = (*plt_fn_ptr)(num_platforms, platforms, NULL);

...

    for(j=0; j<num_platforms; j++) {
      debug(D_LOG, "Checking platform %i", j);
      struct platform_icd *p=&_picds[_num_picds];
      char *param_value=NULL;
      p->extension_suffix=NULL;
      p->vicd=&_icds[i];
      p->pid=platforms[j];    //★★pid = platform ID のことらしい

      /* If clGetPlatformInfo is not exported and we are here, it
       * means that OCL_ICD_ASSUME_ICD_EXTENSION. Si we try to take it
       * from the dispatch * table. If that fails too, we have to
       * bail.
       */
      if (plt_info_ptr == NULL) {
        plt_info_ptr = p->pid->dispatch->clGetPlatformInfo;    //★★dispatch メンバが存在することを前提としている

      
// ocl-icd/khronos-headers/CL/cl.h

typedef struct _cl_platform_id *    cl_platform_id;


// ocl-icd/(build-dir)/ocl_icd_loader_gen.h

struct _cl_platform_id { struct _cl_icd_dispatch *dispatch; };    //★★dispatch 以外は特に規定がなさそう


// ocl-icd/(build-dir)/ocl_icd.h

struct _cl_icd_dispatch {
#ifdef CL_VERSION_1_0
  CL_API_ENTRY cl_int (CL_API_CALL*clGetPlatformIDs)(
    cl_uint          /* num_entries */,
    cl_platform_id * /* platforms */,
    cl_uint *        /* num_platforms */
  ) CL_API_SUFFIX__VERSION_1_0;
#else
  CL_API_ENTRY cl_int (CL_API_CALL* clUnknown0)(void);
#endif

#ifdef CL_VERSION_1_0
  CL_API_ENTRY cl_int (CL_API_CALL*
  clGetPlatformInfo)(
    cl_platform_id   /* platform */,
    cl_platform_info /* param_name */,
    size_t           /* param_value_size */,
    void *           /* param_value */,
    size_t *         /* param_value_size_ret */
  ) CL_API_SUFFIX__VERSION_1_0;
#else
  CL_API_ENTRY cl_int (CL_API_CALL* clUnknown1)(void);
#endif

...

//★★こんな調子で関数ポインタの定義が延々と続く

先頭の dispatch はたくさんの関数ポインタが並んだ巨大な構造体です。アプリケーションから見ると OpenCL の API は ocl-icd が提供しているように見えますが、ocl-icd の API 実装は dispatch の関数ポインタを呼ぶラッパー関数であり、関数ポインタと、OpenCL API 実装の本体を提供するのは各 ICD の役割です。

[編集者: すずき]
[更新: 2020年 7月 15日 20:37]

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

link 編集する

GCC を調べる - その 16 - 自動ベクトル化を有効にする

目次: GCC を調べる - まとめリンク

GCC には自動ベクトル化(tree-vectorize)機能があります。ループ処理を自動的に SIMD 命令に置き換えるために使われているようです。現状の GCC が可変長のベクトル長に対応しているかどうかはわかりません。未対応ならば可変長のベクトル長に対応する実装が必要になりますが、非常に難しそうです。

可変長のベクトルの扱いはひとまず横に置くとして、RISC-V のベクトルを「とても長い固定長の SIMD」とみなして自動ベクトル化を動かします。

自動ベクトル化を有効にするコード

// gcc/config/riscv/riscv.c

/* Implement TARGET_VECTORIZE_AUTOVECTORIZE_VECTOR_MODES.  */

static unsigned int
riscv_autovectorize_vector_modes (vector_modes *modes, bool)
{
  if (TARGET_VECTOR)
    {
      modes->safe_push (V64SImode);
      modes->safe_push (V32SImode);
    }

  return 0;
}

...

#undef TARGET_VECTORIZE_AUTOVECTORIZE_VECTOR_MODES
#define TARGET_VECTORIZE_AUTOVECTORIZE_VECTOR_MODES riscv_autovectorize_vector_modes

自動ベクトル化を有効にする方法は簡単で、これだけです。

テスト用の int 配列をコピーする関数

void *cpy(void *dst, const void *src, int n)
{
	int *d = dst;
	const int *s = src;
	int i;

	for (i = 0; i < n / sizeof(*d); i++) {
		d[i] = s[i];
	}

	return dst;
}

この関数がベクトル化あり、なしでどのように変わるか見ます。

自動ベクトル化の結果

//★★自動ベクトル化、あり

                d[i] = s[i];
   100b8:       1202e007                vlw.v   v0,(t0)
   100bc:       10038393                addi    t2,t2,256
   100c0:       f0038793                addi    a5,t2,-256
   100c4:       10028293                addi    t0,t0,256
   100c8:       0207e027                vsw.v   v0,(a5)
        for (i = 0; i < n / sizeof(*d); i++) {
   100cc:       fee296e3                bne     t0,a4,100b8 <cpy+0x44>
   100d0:       00661293                slli    t0,a2,0x6
   100d4:       02568963                beq     a3,t0,10106 <cpy+0x92>
   100d8:       959a                    add     a1,a1,t1
   100da:       932a                    add     t1,t1,a0
                d[i] = s[i];
   100dc:       0005a383                lw      t2,0(a1)


//★★自動ベクトル化、なし

                d[i] = s[i];
   10080:       0005a303                lw      t1,0(a1)
        for (i = 0; i < n / sizeof(*d); i++) {
   10084:       0591                    addi    a1,a1,4
   10086:       0291                    addi    t0,t0,4
                d[i] = s[i];
   10088:       fe62ae23                sw      t1,-4(t0)
        for (i = 0; i < n / sizeof(*d); i++) {
   1008c:       fe759ae3                bne     a1,t2,10080 <cpy+0xc>
        }

        return dst;
}
   10090:       8082                    ret

ソースコードではベクトル型を使っていませんが、自動ベクトル化により 256バイト(= 64要素)ずつ処理され、vlw.v, vsw.v 命令が使われるようになったことがわかります。

[編集者: すずき]
[更新: 2020年 7月 16日 10:17]

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

link 編集する

北極送り

GitHub が北極にコードを保存する取り組み(私のソースコードが北極送りに? "GitHub" アカウントに謎のラベルが付与されたとの報告が多数 - やじうまの杜 - 窓の杜)をしているそうです。面白いこと考えますよね。


GitHub Arctic Code Vault Contributor

気づいたら自分の GitHub アカウントにも Arctic Code Vault Contributor と出ていました。有名な OSS には関わってないし縁がないと思っていましたが、どうやら Linux にコントリビュートしていたので出てきたっぽいです。いわれてみると Linux も GitHub にミラーされてました。

未来人は現代人を理解できるだろうか?

現代人をもってしても 1000年前の文字の解読(例: ヒエログリフ、前 3200年〜4世紀、19世紀頃に解読された)はとても苦労したこと、解読されていない古代文字がまだまだあることを考えれば、現代文字や文明を遺しても未来人が理解不能で終わってしまう可能性もあるわけです。

少なくとも未来文明は現代文明より遥か上の水準に発展していないと、仮に現代文字や文明を発見できても、真に理解するのは難しいでしょう。

こんなことを考えると、実は Code Vault の取り組みは「地球の未来は今より進んでいるはず」という信頼や願望が前提になっていることが見て取れます。人類か、それ以外の生命体か、誰の手に渡るかわかりませんが、SF 的なロマンがありますよね。

[編集者: すずき]
[更新: 2020年 7月 23日 12:53]

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

link 編集する

GCC を調べる - その 17 - ベクトル四則演算、論理演算の定義

目次: GCC を調べる - まとめリンク

ベクトルのロード、ストアだけでは自動ベクトル化できるコードが少なすぎるので、他の演算も定義したいと思います。

ベクトル演算の加算、減算、乗算、除算、論理演算(and, or, xor)の定義

;; gcc/config/riscv/riscv.md

(define_attr "vecmode" "unknown,V32SI,V64SI"
  (const_string "unknown"))

...

;; Iterator for hardware supported vector modes.
(define_mode_iterator ANYV [(V32SI "TARGET_VECTOR")
			    (V64SI "TARGET_VECTOR")])

...


;;★★加算

(define_insn "add<mode>3"
  [(set (match_operand:ANYV	       0 "register_operand" "=v")
	(plus:ANYV (match_operand:ANYV 1 "register_operand" " v")
		   (match_operand:ANYV 2 "arith_operand"    " v")))]
  "TARGET_VECTOR"
  "vadd.vvt%0,%1,%2"
  [(set_attr "type" "arith")
   (set_attr "vecmode" "<MODE>")])


;;★★減算

(define_insn "sub<mode>3"
  [(set (match_operand:ANYV		0 "register_operand" "=v")
	(minus:ANYV (match_operand:ANYV 1 "register_operand" " v")
		    (match_operand:ANYV 2 "arith_operand"    " v")))]
  "TARGET_VECTOR"
  "vsub.vvt%0,%1,%2"
  [(set_attr "type" "arith")
   (set_attr "vecmode" "<MODE>")])


;;★★乗算

(define_insn "mul<mode>3"
  [(set (match_operand:ANYV	       0 "register_operand" "=v")
	(mult:ANYV (match_operand:ANYV 1 "register_operand" " v")
		   (match_operand:ANYV 2 "arith_operand"    " v")))]
  "TARGET_VECTOR"
  "vmul.vvt%0,%1,%2"
  [(set_attr "type" "arith")
   (set_attr "vecmode" "<MODE>")])


;;★★除算

;; This code iterator allows unsigned and signed division to be generated
;; from the same template.
(define_code_iterator any_div [div udiv mod umod])

(define_insn "<optab><mode>3"
  [(set (match_operand:ANYV		  0 "register_operand" "=v")
	(any_div:ANYV (match_operand:ANYV 1 "register_operand" " v")
		      (match_operand:ANYV 2 "arith_operand"    " v")))]
  "TARGET_VECTOR"
  "v<insn>.vvt%0,%1,%2"
  [(set_attr "type" "arith")
   (set_attr "vecmode" "<MODE>")])


;;★★論理演算

;; This code iterator allows the three bitwise instructions to be generated
;; from the same template.
(define_code_iterator any_bitwise [and ior xor])

...

(define_insn "<optab><mode>3"
  [(set (match_operand:ANYV		      0 "register_operand" "=v")
	(any_bitwise:ANYV (match_operand:ANYV 1 "register_operand" "%v")
			  (match_operand:ANYV 2 "arith_operand"    " v")))]
  "TAREGET_VECTOR"
  "v<insn>.vvt%0,%1,%2"
  [(set_attr "type" "logical")
   (set_attr "vecmode" "<MODE>")])

四則演算、論理演算を使う下記のプログラムを書きます。自動ベクトル化で四則演算のループをベクトル化しても良いですが、ベクトル拡張記法(Vector Extensions (Using the GNU Compiler Collection (GCC)))を使ったほうが狙った演算が出しやすく、テストするときに楽です。

ベクトル四則演算、論理演算のサンプルプログラム

typedef int __v64si __attribute__((__vector_size__(256)));

void test()
{
	__v64si v10, v11, v12, v13;0;

	__asm__ volatile ("vlw.v %0, %1\n" : "=&v"(v10) : "A"(b[10]));
	__asm__ volatile ("vlw.v %0, %1\n" : "=&v"(v11) : "A"(b[20]));
	__asm__ volatile ("vlw.v %0, %1\n" : "=&v"(v12) : "A"(b[30]));
	__asm__ volatile ("vlw.v %0, %1\n" : "=&v"(v13) : "A"(b[40]));

	v10 = v11 + v12;
	v11 &= v12 - v13;
	v12 |= v13 * v10;
	v13 ^= v10 / v11;

	__asm__ volatile ("vsw.v %1, %0\n" : "=A"(b[40]) : "v"(v10));
	__asm__ volatile ("vsw.v %1, %0\n" : "=A"(b[50]) : "v"(v11));
	__asm__ volatile ("vsw.v %1, %0\n" : "=A"(b[60]) : "v"(v12));
	__asm__ volatile ("vsw.v %1, %0\n" : "=A"(b[70]) : "v"(v13));
}

ビルド方法は何でも良いですが、最適化レベルを Og にするとアセンブラが見やすいと思います。

ベクトル四則演算、論理演算のサンプルプログラム(逆アセンブル)
$ riscv32-unknown-elf-gcc b.c -nostdlib -g -Og -march=rv32gcv -mabi=ilp32f

$ riscv32-unknown-elf-objdump -dS a.out

...

        __asm__ volatile ("vlw.v %0, %1
" : "=&v"(v13) : "A"(b[40])); 10092: 0a028793 addi a5,t0,160 10096: 1207e207 vlw.v v4,(a5) v10 = v11 + v12; 1009a: 022081d7 vadd.vv v3,v2,v1 v11 &= v12 - v13; 1009e: 0a120057 vsub.vv v0,v1,v4 100a2: 26010057 vand.vv v0,v0,v2 v12 |= v13 * v10; 100a6: 9641a157 vmul.vv v2,v4,v3 100aa: 2a208157 vor.vv v2,v2,v1 v13 ^= v10 / v11; 100ae: 863020d7 vdiv.vv v1,v3,v0 100b2: 2e1200d7 vxor.vv v1,v1,v4 __asm__ volatile ("vsw.v %1, %0
" : "=A"(b[40]) : "v"(v10)); 100b6: 0207e1a7 vsw.v v3,(a5) ...

うまくいっているようです。良かった良かった。

[編集者: すずき]
[更新: 2020年 7月 23日 00:27]

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

link 編集する

GCC を調べる - その 18 - ベクトル Not 演算の定義

目次: GCC を調べる - まとめリンク

前回(2020年 7月 19日の日記参照)は四則演算と論理演算(and, or, xor)を定義しました。今回は Not 演算を定義します。他の論理演算と異なり、Not 演算は 2オペランドしか取りませんから、define_insn を別に書く必要があります。

ベクトル Not 演算の定義

;; gcc/config/riscv/riscv.md

(define_insn "one_cmpl<mode>2"
  [(set (match_operand:ANYV           0 "register_operand" "=v")
	(not:ANYV (match_operand:ANYV 1 "register_operand" "%v")))]
  "TARGET_VECTOR"
  "vnot.vt%0,%1"
  [(set_attr "type" "logical")
   (set_attr "vecmode" "<MODE>")])

前回同様に、ベクトル拡張記法(Vector Extensions (Using the GNU Compiler Collection (GCC)))を使ってビット毎 Not を使うプログラムを書きます。

ベクトル Not 演算のサンプルプログラム

typedef int __v64si __attribute__((__vector_size__(256)));

void test()
{
	__v64si v10, v11;
	static int b[1024 * 1024] = {0};

	__asm__ volatile ("vlw.v %0, %1\n" : "=&v"(v10) : "A"(b[10]));
	__asm__ volatile ("vlw.v %0, %1\n" : "=&v"(v11) : "A"(b[20]));

	v10 = ~v11;

	__asm__ volatile ("vsw.v %1, %0\n" : "=A"(b[40]) : "v"(v10));
}

コンパイルするとエラーが発生します。何かお気に召さないようです。

コンパイルエラー
$ riscv32-unknown-elf-gcc b.c -nostdlib -Og -march=rv32gcv -mabi=ilp32f

during RTL pass: reload
dump file: b.c.282r.reload
b.c: In function 'test':
b.c:14:1: internal compiler error: in setup_operand_alternative, at lra.c:814
   14 | }
      | ^
0xea5c36 setup_operand_alternative
        gcc/gcc/lra.c:814
0xea70c2 lra_set_insn_recog_data(rtx_insn*)
        gcc/gcc/lra.c:1073
0xea30f9 lra_get_insn_recog_data
        gcc/gcc/lra-int.h:488
0xeab0b9 remove_scratches_1
        gcc/gcc/lra.c:2058
0xeab4c4 remove_scratches
        gcc/gcc/lra.c:2094
0xeac629 lra(_IO_FILE*)
        gcc/gcc/lra.c:2396
0xe1a41f do_reload
        gcc/gcc/ira.c:5523
0xe1ae5c execute
        gcc/gcc/ira.c:5709

コードを見ると最後のオペランドに % を付けるべきではないそうです。確かに define_insn を見ると % が要らないのに付いています。

エラーを出している箇所

// gcc/lra.c

/* Setup info about operands in alternatives of LRA DATA of insn.  */
static void
setup_operand_alternative (lra_insn_recog_data_t data,
			   const operand_alternative *op_alt)
{
  int i, j, nop, nalt;
  int icode = data->icode;
  struct lra_static_insn_data *static_data = data->insn_static_data;

  static_data->commutative = -1;
  nop = static_data->n_operands;
  nalt = static_data->n_alternatives;
  static_data->operand_alternative = op_alt;
  for (i = 0; i < nop; i++)
    {
      static_data->operand[i].early_clobber_alts = 0;
      static_data->operand[i].is_address = false;
      if (static_data->operand[i].constraint[0] == '%')    //★★% が付いていれば commutative
	{
	  /* We currently only support one commutative pair of operands.  */
	  if (static_data->commutative < 0)
	    static_data->commutative = i;
	  else
	    lra_assert (icode < 0); /* Asm  */
	  /* The last operand should not be marked commutative.  */
	  lra_assert (i != nop - 1);    //★★このアサートに引っかかる
	}
    }

...

素直に応じるとエラーは消えます。

ベクトル演算の Not の定義(修正後)

(define_insn "one_cmpl<mode>2"
  [(set (match_operand:ANYV           0 "register_operand" "=v")
	(not:ANYV (match_operand:ANYV 1 "register_operand" " v")))]    ★★% を消す
  "TARGET_VECTOR"
  "vnot.vt%0,%1"
  [(set_attr "type" "logical")
   (set_attr "vecmode" "<MODE>")])

四則演算、論理演算(3オペランド系)と、Not 演算(2オペランド系)が揃いました。残りの頻出する演算はビットシフト系かな?

最後のオペランドを commutative にできない理由

最後のオペランドを commutative にしてはいけない理由は、GCC の Constraints の説明を見るとわかります。

`%' Declares the instruction to be commutative for this operand and the following operand. This means that the compiler may interchange the two operands if that is the cheapest way to make all operands fit the constraints. GCC can only handle one commutative pair in an asm; if you use more, the compiler may fail. Note that you need not use the modifier if the two alternatives are strictly identical; this would only waste time in the reload pass. The modifier is not operational after register allocation, so the result of define_peephole2 and define_splits performed after reload cannot rely on `%' to make the intended insn match.

難しいことを言っていますが、commutative は % を付けたオペランドと「次」のオペランドが可換だと宣言することだそうです。最後のオペランドには「次」のオペランドがありませんから、% を付けてはいけません。なるほど。

RISC-V の場合は論理演算の define_insn の 2番目のオペランドに % が使われています。

RISC-V スカラ論理演算の定義

;; gcc/config/riscv/riscv.md

;; This code iterator allows the three bitwise instructions to be generated
;; from the same template.
(define_code_iterator any_bitwise [and ior xor])

...

(define_insn "<optab><mode>3"
  [(set (match_operand:X                0 "register_operand" "=r,r")
	(any_bitwise:X (match_operand:X 1 "register_operand" "%r,r")
		       (match_operand:X 2 "arith_operand"    " r,I")))]
  ""
  "<insn>%i2t%0,%1,%2"
  [(set_attr "type" "logical")
   (set_attr "mode" "<MODE>")])

例えば and r1, r2, r3 と and r1, r3, r2 は結果が同じですから、2番目と 3番目のオペランドは入れ替え可能です。3つの論理演算(any_bitwise は and, or, xor のこと)はいずれも同様に入れ替え可能ですので、このような定義になっています。

[編集者: すずき]
[更新: 2020年 7月 23日 00:28]

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

link 編集する

ARM SBC リスト

最近はたくさんの ARM のシングルボードコンピュータ(SBC)が市販されています。2019年以降のボードも追加してみました。値段は変動するので参考です。

Amlogic S905X3
ボード Hardkernel ODROID-C4, A55/2.0GHz x 4, 4GB DDR4-2666, 12nm, $50, 2020/04
Amlogic A311D (S922X + NPU)
ボード Khadas KVIM3-P-002, A73/2.2GHz x 4, A53/1.8GHz x 2, 4GB LPDDR4-????, 12nm, $160, 2019/06
Amlogic S912
ボード Khadas KVIM2-M-002, A53/1.5GHz x 8, 3GB DDR4-????, 28nm, $170, 2017/08
Broadcom BCM2711
ボード Raspberry Pi 4 Model B, A72/1.5GHz x 4, 8GB LPDDR4, 28nm, $75, 2019/11
HiSilicon Kirin 970
ボード 96boards HiKey 970, A73/2.36GHz x 4, A53/1.8GHz x 4, 6GB LPDDR4-1866, 10nm, $299, 2018/??
MediaTek Helio X20
ボード 96boards MediaTek X20, A72/2.1GHz x 2, A53/1.85GHz x 4, A53/1.4GHz x 4, 2GB LPDDR3-????, 20nm, $199, 2017/??
NVIDIA Xavier AGX
ボード NVIDIA Jetson Xavier AGX, Carmel/2.26GHz x 8, 8MB L2, 4MB L3, 32GB LPDDR4-2133, 12nm, $700, 2020/??
NVIDIA Xavier NX
ボード NVIDIA Jetson Xavier NX, Carmel/1.4GHz x 6, 6MB L2, 4MB L3, 8GB LPDDR4-1600, 12nm, $400, 2020/??
Rockchip RK3399
ボード FriendlyARM NanoPC-T4, A72/2GHz x 2, A53/1.5GHz x 4, 4GB LPDDR3-1866, 28nm, $109, 2018/??
Samsung S5P6818
ボード FriendlyARM NanoPC-T3 Plus, A53/1.4GHz x 8, 2GB DDR3, $75, 2018/??

古い世代の SoC を採用したボード達です。

AllWinner H6
ボード PINE64 PINE H64, A53 x 4, 2GB LPDDR3-1600, 28nm, $36
AllWinner H5
ボード FriendlyARM NanoPi NEO2, A53/1.5GHz x 4, 1GB DDR3, 40nm, $20
Amlogic S905
ボード Hardkernel ODROID-C2, A53/1.5GHz x 4, 2GB DDR3-1866? (912MHz), 28nm, $39
Broadcom BCM2837B
ボード Raspberry Pi 3 Model B, A53/1.2GHz x 4, 1GB LPDDR2, 28nm, $35
HiSilicon Kirin 960
ボード HiKey 960, A72 x 4, A53 x 4, 3GB LPDDR4, 16nm FinFET, $239
NVIDIA Tegra X2 (Parker)
ボード Jetson TX2, Denver/2GHz x 2, A57/2GHz x 4, 8GB LPDDR4, 16nm, $600
NVIDIA Tegra X1
ボード Jetson TX1, A57/1.9GHz x 4, 4GB LPDDR4, 20nm, $500
Rockchip RK3328
ボード PINE64 ROCK64, A53/1.4GHz x 4, 4GB LPDDR3-1866, 28nm, $24.95 (1GB) $34.95 (2GB) $44.95 (4GB)

以前(2019年 5月 15日の日記参照)載せた情報も含んでいます。

[編集者: すずき]
[更新: 2020年 8月 15日 15:35]

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

link 編集する

またバッテリー死す

コロナ騒ぎが始まって、遠出することもなくなり、かれこれ 4か月以上?車に乗らず放置していました。

骨折した奥さんを整形外科におくるため、JAF さんに車のバッテリー上がりを直してもらったんですけど、バッテリー電圧がなんと 1V しかありません。えー??

車のバッテリー(鉛蓄電池)の端子電圧は 12V 程度が正常ですから、10V の見間違い?と思いましたけど、何回見ても 1.0V でした。乾電池だってもうちょっと電圧あるでしょう。

今まで何度となくバッテリー上がりさせ、バッテリー破壊もこれで 4度目(2007年、2013年、2016年、2020年)ですけど、1V まで下がったのは初めてです。

割とお高い GS YUASA 80D23L 大容量バッテリーを使っていたのですが、いかなるバッテリーであろうと、このレベルの過放電には無力ですね。エンジン掛かった後も全く充電される気配がありませんでした。

近所のイエローハットまでバッテリー交換しに行く道中が一番嫌でした。

  • 4か月ぶりの運転
  • バッテリー電圧が 12V 〜 11V くらいでグラグラ
  • アイドリングが不調で止まりそう(バッテリー上がりでエンジンの調整データが消えた?)
  • エンストしたら二度と掛からない

こんな状態で、産業道路〜環七〜第二京浜と走るのはかなり怖いです。無事に辿り着けて良かったけども。

また懲りずに Panasonic 85D23L の大容量バッテリーに交換しておきました。3万円くらいしました。たっけぇ……。今年は車検もあるし、全然乗ってない割に金ばっかり掛かってます。不思議ですね。

メモ: 技術系の話は Facebook から転記しておくことにした。

[編集者: すずき]
[更新: 2020年 7月 29日 21:06]

コメント一覧

  • hdk 
    さすがに月イチくらいは動かしてあげてください...
    ウチの原付は中古で買ってから8年半以上経っているんですが、バッテリーはそのままで未だにエンジン始動できています。買った半年後にやや電圧が低いようなことを言われていたのに、不思議です。 
    (2020年07月30日 21:40:40)
  • すずき 
    乗る用事はないし、乗ろうと思って、いつも忘れてしまうんですよね。。。 
    (2020年07月30日 22:19:51)
open/close この記事にコメントする



こんてんつ

open/close wiki
open/close Java API

過去の日記

open/close 2002年
open/close 2003年
open/close 2004年
open/close 2005年
open/close 2006年
open/close 2007年
open/close 2008年
open/close 2009年
open/close 2010年
open/close 2011年
open/close 2012年
open/close 2013年
open/close 2014年
open/close 2015年
open/close 2016年
open/close 2017年
open/close 2018年
open/close 2019年
open/close 2020年
open/close 過去日記について

その他の情報

open/close アクセス統計
open/close サーバ一覧
open/close サイトの情報