日々

link permalink

便りがない

中古車屋さんから夕方電話がかかってきました。明日の納車だそうです。

担当の方が忙しいかったのかたまに連絡が来なかったりもしたけど、予定通りの納車ですし、便りがないのは良い便りってことで…。

[編集者: すずき]
[更新: 2010年 9月 5日 21:18]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

今日の予定

今日の予定はこんな感じ。

  • 午前: 納車(茨木)
  • 昼: 退寮(高槻)
  • 午後: 同期のみなさんと食事(京都)

実際はこんな感じ。

  • 午前: 納車(茨木)
  • 昼: 退寮(高槻)
  • 午後: ひこにゃん見たいけど時間無いので駅だけ(彦根)
  • 夕方: 同期のみなさんと食事(京都)
  • 夜: Sena 氏の家に同期のみなさんで押しかけ(枚方)

予定してた時点で詰め込みすぎかなと思っていたのに、さらに色々やったせいで夜が眠くてたまらないです。人の家で寝てました。

納車

車を取りに行きました。先日降った雨のせいか、お店の展示車が全て哀れな水玉模様になっていました。もちろん納車の際は洗車してくれますので、ご心配なく。

家に帰ろうと走っていたら給油ランプが点いていることに気づき、あわててガソリンスタンドに寄りました。どうも給油のレシートを見ると、6L しか入っていなかったようです。ガソリンって空っぽで渡されるのが普通なのかな…。

退寮

退寮しました。ジンマシンもいっぱい出たけど、3年半、お世話になりました。

彦根駅

ひこにゃんに会いたいけど、夕方の食事に間に合わなくなるので彦根駅を眺めて帰ってきました。京都〜彦根へ 46分で行けちゃう新快速さん速すぎ(但し長浜行きに限る)です。

食事

阪急河原町駅(京都府中京区)近くにあるホルモン千葉という店です。覚えてません(※)が、実は 2回目。焼き肉をしていても、どうもホルモンって頼む気が起きないのですが、このお店は結構行けます。

ただ残念なのは、コースの量が多すぎるところ。味が濃いからご飯が欲しくなりますが、ご飯を食べるとコースが食べきれないという罠に陥ります。ぜひ減量コースを新設して欲しいところです。

(※)前回は 2010年1月30日に行っているはずなのですが、非常に具合が悪くて何を食べたのか覚えていません。しかもあまりの具合の悪さにその後、寝込む羽目になりました…(2010年1月31日の日記参照)。

Sena 邸

Sena 邸を見に行ってついでに、戦国 BASARA 3(PS3、カプコン)をやりました。今回は秀吉死後〜関ヶ原が舞台らしいです。が、そんなもんほぼ無視で、死んだ人(織田信長、毛利元就など)でも容赦なく出てきます。死人でも関係ないぜ。

キャラの人格は完全崩壊していて「作者が書きたいように書くんじゃ!文句ある奴は帰れー!!」ってなカプコンの心意気が伝わります。爆笑です、BASARA はこうでなくては…!

[編集者: すずき]
[更新: 2010年 9月 5日 22:20]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

府内ドライブ

車(スバル レガシィ B4 2.0 GT、AT 車)も納車されたことだし、下道(R171 → R170 河内長野市まで)&高速道路(阪和道、近畿道、第二京阪など)を走ってみました。

そういや書くの忘れていましたが、実は先週ポータブル型のカーナビを買いました。めちゃくちゃ走って迷っても、カーナビさんが帰り道を案内してくれるので安心です。

気に入ったところ

選んで買ったくらいなのでいっぱいありますけど、ポイントはセダンかハッチバック、ターボ、2L クラスですかね…。

セダンかハッチバック
クーペは FTO で堪能しましたから、次は 4ドア車です。屋根のない車(濡れる)、背の高い車(乗りづらい)、ボンネットの無い車(見た目が好かない)はダメよ。ドア 4枚ありゃ良いってモンじゃないのよ。
ターボ
エコ時代においてターボ車は滅びるだろうと思いまして、乗れる内に乗っちまえーと思いました。低燃費って何ー?それ何ー?
2L クラス
あんまりデカい車はぶつけそうだし、税金も気になるし、先立つもの(資金)も足りないなあ、と考えた結果 2L クラスがちょうど良かったのです。

後はあまりにもかっ飛んだデザインは避けて、無難に行ったくらいでしょうか。

気に入ったところ(後で気づいた)

試乗したときに初めて知ったのですが、メーターのスイープ機能(※)が格好いいです。興味ない人には「ぷぷwメーター故障してるよw」と思われ…ないか。さすがに。

(※)イグニッション ON にすると、全てのメーターが一旦振り切れ、ゼロに戻ります。

気に入らないところ

気に入らないというのはちょいと大げさですが、レガシィの加速はちょっと変(※)です。

アクセルの開け方を同じにしていても、ある回転数を超えると急激に加速します。どうも 3千回転手前辺り?からが元気が出るポイントみたいです。

(※)比較対象は前に乗っていた車(FTO)、旅行で借りたレンタカー(主に 5〜7人乗りミニバン系)です。

豆知識

レガシィといえば、ボルボル音ですが、それは先々代レガシィ(TA-BE5, TA-BH5)まで。私の買った先代レガシィ(TA-BL5, TA-BP5)はボルボルしません。

(ちょっと調べただけの聞きかじり知識)ボルボル音(排気干渉音)をボクサーサウンドと呼ぶ人もいますが、ボクサーエンジンだからボルボル言うのではありません。ボクサーエンジンの構造上、排気の取り回しが難しく排気が詰まってしまい、不均一な音がしていたのだそうです。へぇ…。

[編集者: すずき]
[更新: 2010年 9月 6日 02:09]
link 編集する

コメント一覧

  • hdk 
    スイープ機能、サンバーにもついてたよ。さすがスバル。ちょっとかっこいいけど、手動でアイドリングストップしてたらいちいちうざいかな、とも思った。 
    (2010年09月06日 08:48:32)
  • すずき 
    >hdk さん
    サンバーも同じかどうか知りませんが、スイープはオフにできますよ。

    スイープ関係無いけど、うちのレガシィはセルの回りが弱くて、かかったフリしてエンストしたりするんで、アイドリングストップする気がしません…。 
    (2010年09月07日 21:16:47)
open/close この記事にコメントする



link permalink

変な加速の原因

先代レガシィの「ある回転数を超えると急激に加速」する感じですが、故障や気のせいではないようです。というのも、トルクが一気に 1.5倍に伸びるエンジンであることがわかったためです。

ネットで拾い読みしたエンジン性能曲線の目測によると、グラフに描かれている最も低い回転数のトルク(22.0kgm/1600rpm)とピーク性能(35.0kgm/2400rpm)とは、非常に近い回転数にもかかわらずトルク差は 1.5倍にもなります。

たった 800rpm 吹け上がるまでの短い時間に、トルクが 1.5倍になればいきなり押されたように感じるでしょう。

ただ運転した感覚的には 3000rpm 手前が急激に加速するポイントで、性能曲線とズレている気がします。

この理由として思いつくのは、性能曲線はフルスロットル時の測定結果だということ。普段の道でフルスロットルなんてありえません。きっとパーシャルスロットルだと異なる回転数にピーク性能が来るのでしょう。

[編集者: すずき]
[更新: 2010年 9月 8日 21:51]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

関西園芸飲み

関西にも園芸の人が増えてきたってことで、T 下さんの発案で、飲み会をやりました。

関西組の人数は M 宮さんが来て 6人になるときがピークでしょうか?まあ、話を聞く限りでは、数年で関西に誰もいなくなる可能性もありそうですね…。

ダラダラタイム

お店で飲んだ後、ジョー邸へ。音楽聞いたり、ゲームしたり、漫画読んだり、ダラダラと。

個人的には、部屋に置いてあった漫画「ジャイアント・キリング」が非常に面白かったです。続きが気になる。

もう限界なのか

調子に乗って酒飲んで、布団もなしで、深夜の変な時間に寝たものだから、次の日は体の調子がおかしくなりました。気分が超 BAD です。

日曜日はダメージ回復のため、家で寝てるだけで終わりました。単に調子が良くなかったのか、既に若くない大学生の頃のような生活はできないということなのか…?

[編集者: すずき]
[更新: 2010年 9月 18日 02:06]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

部屋のネット問題

引っ越して部屋が広くなったのは嬉しいのですが、ネットワークの引きまわしに悩んでいます。

現住居には B フレッツのマンションタイプが来ていて、部屋には VDSL で配線されています。NTT 西日本の場合、回線終端装置、VDSL 宅内端末装置の 2台が必要です。

これら 2台の機材を置く部屋は良いとして、離れた部屋への配線を考えなければなりません。

離れた部屋への配線

離れた部屋への配線は有線か、無線の 2パターンがありますが、有線は邪魔くさいし、無線は速度があまり出ません。どちらも一長一短です。

特に速度は大きな差があり、有線(1000BASE-T)は PC 同士なら 800Mbps〜900Mbps 出るのに対し、無線(IEEE802.11n)は良くて 80Mbps〜100Mbps です。

100Mbps だとデスクトップ PC とファイルサーバ間でバックアップしたり、大きめのファイルをコピーするときにかなりイライラします。

時代はハイブリッド

100Mbps だと全然使えないのかというとそうではなくて、速度が必要ない部分もあります。

例えばインターネットへの出口である VDSL は下りが高々 50Mbps、上りに至っては 10Mbps も出ません。ゲーム機やノート PC はさほど速度は必要ありません。これらは無線の帯域で十分です。唯一、有線の速度が欲しいのは、実はデスクトップ PC とファイルサーバ間だけなのです。

そこで速度が欲しいデスクトップ PC とファイルサーバは一部屋にまとめて置いて、有線で接続し、部屋間の接続は無線(NEC の PA-WR8700N-HP/NE)で接続しケーブルレスですっきりを狙うことにします。

つまりこんな構成ですね。

有線と無線のハイブリッド配線

===== 部屋1 ========================================
[デスクトップ]  [ファイルサーバ]
↑               ↑
(1000BASE-T)-----'
↓
[AtermWL300NE-AG(無線子機)]
↑
↑=== 部屋2 ========================================
↑                [ノート PC]  [NintendoDS など]
↑                ↑           ↑
(IEEE802.11n/g/b)-+------------'
↓
[AtermWR8700N(無線 AP)]
↑
(100BASE-TX)
↓
[VDSL 装置]
↑
↑=== 外界  ========================================
(VDSL, FTTH)
↓
[インターネット]

有線と無線のハイブリッドです。これからの時代はハイブリッドです。この接続でしばし運用しようと思います。

[編集者: すずき]
[更新: 2010年 9月 18日 01:43]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

中国で何かあったのだろうか?

海上保安庁の巡視艇に漁船で体当たりしておいて、漁船の船長逮捕は違法だと大騒ぎしていた中国。漁船の船長を帰したら、今度は「謝罪だ!賠償だ!」と、その怒りはとどまるところを知りません。

残念ながら、政治の門外漢がこんな日記で何を語ろうとも信憑性ゼロですので、飲み屋で酔っぱらいが繰り広げそうなトンデモ話でもしようかな。

お前の物は俺の物?大中華説

低調が続く日本経済、日本が世界に及ぼす影響力は確実に落ちています。世界一の高齢化社会という人口構成と相まって、未来は決して明るいものではありません。そんな中で突然、鳩山さんがアメリカと基地問題でケンカし始めました。

今が中華復活のチャンス!と、天然資源の禁輸をバックにアメリカを押さえつけ、落ち目の日本から、天然ガスの眠る尖閣諸島、太平洋への出口である沖縄を脅し取ろうという魂胆でしょう。

この場合、日本はアメリカの手下一号で、手出しすればアメリカが来るぞ!ということを見せつければ良いんですが、米軍に尖閣諸島を見てきてよ?と聞いても米軍は動かないでしょう。残念ながら日本が主体的に出来ることはあまりなくて、尖閣諸島を侵略されるまで大人しく見守るしかないのが関の山でしょう。

敵は内にあり?国内がやばい説

今回だけ何故烈火のごとく怒っているのかが謎です。尖閣諸島は 70年代に天然ガスが埋蔵されていることがわかってから、中国と台湾が領有権を主張してきました。ですが 2004年に一悶着あったときはあまり騒がず、

今の中国は自国外に目を向けさせたい理由(例えば、中国内で何か大きな事故、それも政府のミスが起因)でもあるのでしょうか?どうも何か嫌なことから目を逸らすために大騒ぎしているように見えて仕方がありません。

この場合、中国の秘密を暴いてしまうとクーデターや内戦で中国政府が崩壊し、世界の工場を失った反動で空前絶後の恐慌が訪れそうです。そんなことになれば中国への依存が大きい日本も共倒れです。中国の国内問題が解決するまで適当に中国をあしらっておきましょう。

この騒動でほくそ笑むのは誰?○○の陰謀説

アメリカは中東の次にアジアでドンパチしたいのかもしれません。しかしアメリカも過去に朝鮮戦争、ベトナム戦争をやっていて、赤い連合(ロシア&中国)の強さは身に染みています。単独で挑むはずがありません。

そこで中国を悪者に仕向け、日本がぶちギレるまで徹底的に追い詰めて、中国 v.s. 日本で消耗戦をさせます。アメリカは日本の後ろからロシアを牽制し、へたった中国をいただきます、という算段です。

絶好調の中国に対し、斜陽の日本は敗色濃厚ですが、アメリカが助けてくれることはまずないでしょう。アジアの本丸である中国が手に入れば、アジアの前線基地である日本なんて燃えようと、沈もうと関係ありません。

この場合、土下座外交、ヘタレ政府と誰に誹られようとも、戦争だけは避けなければなりません。見ていて気持ちいい物ではないですが…他の国だと国民がキレまくって即クーデターという事態でも、笑って許せるのは貴重な日本人の特権です。

[編集者: すずき]
[更新: 2010年 9月 28日 02:40]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



こんてんつ

open/close wiki
open/close Java API

過去の日記

open/close 2002年
open/close 2003年
open/close 2004年
open/close 2005年
open/close 2006年
open/close 2007年
open/close 2008年
open/close 2009年
open/close 2010年
open/close 2011年
open/close 2012年
open/close 2013年
open/close 2014年
open/close 2015年
open/close 2016年
open/close 2017年
open/close 過去日記について

その他の情報

open/close アクセス統計
open/close サーバ一覧
open/close サイトの情報