日々

link permalink

ネットワークの不調

ある日、部屋のネットワークをシェア(ネットワークの契約や管理は私がやっています)している隣人から「インターネットに繋げない。」って言われました。うーん、何も変えてないぞ?

自分のデスクトップマシン(有線)で試すとインターネットに繋げました。プロバイダや VDSL 回線は正常のようです。

隣人の PC は無線接続なので無線が原因?と考えて、手持ちの無線機器(VAIO と Nintendo DS-i)で試してみました。結果 VAIO は正常に通信できましたので、無線に問題はなさそうです。しかし DS-i はインターネットに接続できません。

何が違うのか

VAIO と DS の差というと、VAIO は固定 IP、DS は DHCP から動的割り当てに設定したくらいしか思い浮かびません。試しに DS に固定 IP を振ってみると、DS からインターネットに接続できました。どうやら DHCP サーバがおかしくなっているようです。

しかし CTU の DHCP サーバ設定を見ても異常はないし、ログを見ても攻撃されている様子はないので、CTU が原因とは考えにくいです。他に起動しているのはデスクトップマシンくらいなものですから、デスクトップマシンが原因でしょう。おそらく。

デスクトップマシンを調べると VirtualBox が起動している時のみ、DHCP が 192.168.56.x という変なアドレスを振ってくることがわかりました。仮想マシン内で Linux を動かしていたのでそれが原因かと思いきや、仮想マシン内で Windows 2000 を動かしても同じ症状が出ます。もしや VirtualBox 自体が原因か?

DHCP サーバをみつけたぞ

調べると VirtualBox は独自の DHCP サーバを持っていることがわかりました(※1)。Host-only Adapter の先にあるネットワーク(つまりホスト - 仮想マシン間ネットワーク)からのアドレス要求に答えて、アドレスを割り当てるためです。


部屋のネットワークと VirtualBox のホスト - 仮想マシン間ネットワーク

上図のように、CTU の DHCP サーバは 192.168.1.1〜254 のアドレスを割り当てます。また VirtualBox の DHCP サーバはホスト - 仮想マシン間ネットワーク上の機器に、192.168.56.101〜254 のプライベートアドレスを割り当てるように設定されています。

VirtualBox の DHCP サーバが振るアドレスと、さきほど判明した変なアドレスが一致していますので、DS を困らせる DHCP サーバは VirtualBox で間違いなさそうです。

(※1)VirtualBox の DHCP サーバの設定は、
[ファイル] - [環境設定] - [ネットワークタブ] - [Host-only Adapter のリストから適切なものを選択] - [ドライバーマークのボタン] - [DHCP サーバータブ]
にあります。かなりわかりづらいです。

ブリッジの弊害

ホスト - 仮想マシン間ネットワーク用の DHCP サーバのはずなのに、部屋のネットワーク上にある機器にアドレスを振っているのはなぜでしょう?実は訳あって(※2)部屋のネットワークとホスト - 仮想マシン間ネットワークをブリッジしていたのです。


部屋のネットワークと VirtualBox のホスト - 仮想マシン間ネットワーク、ブリッジ後

上図のように、部屋のネットワークと、ホスト - 仮想マシン間ネットワークをブリッジすると、VirtualBox の DHCP サーバに部屋のネットワークからのアドレス要求が届いてしまいます。さらに VirtualBox の DHCP サーバは CTU の DHCP サーバより早く応答していたため、部屋のネットワークからのアドレス要求に対して VirtualBox の DHCP サーバの応答が優先されてしまうのです。

その結果、DS は VirtualBox の DHCP サーバが割り振るアドレスを受け取り、ホスト - 仮想マシン間ネットワーク(青線)へ参加してしまいます。これは当然 CTU の DHCP サーバが割り振るのアドレスとは異なりますので、DS は部屋のネットワーク(赤線)上の CTU と通信できず、インターネットへアクセスできないのです。

今回の教訓は、ネットワークをブリッジするときは、ブリッジする 2つのネットワークに被害が出ないことを確認してからやりましょう、かな。

(※2)この時は Bridge Adapter が何故か使えなかった(2009年4月29日の日記参照)ため、Host-only Adapter を一つ作って、デスクトップのネットワークインタフェースと Windows のブリッジ機能でブリッジしていました。

不幸中の幸い

幸いなことに今回のケースでは VirtualBox の DHCP サーバの応答速度が、CTU のそれに対して圧勝していたため、問題の発覚が早かったです。これがもし場合によって VirtualBox の DHCP サーバが勝ったり負けたり、という状況だったら、さらに解析が困難でした。不幸中の幸い、でしょうか。

[編集者: すずき]
[更新: 2009年 5月 7日 23:48]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

シュークリーム

大下さんちでシュークリームを作って食べました。

今回はカスタードクリームが若干粉っぽかったけど、シュー皮がうまくいってました。おいしかったです。

シュークリームというと難しそうなイメージがあったのですが、作り始めてからできあがるまで、2時間かからなかったです。材料もクッキーと大差ない(レシピによっては特殊な材料が入っているかも)ので、揃えるのも簡単です。

昼から作って 3時のおやつに間に合う、お手軽おやつです。みなさんもいかが?

[編集者: すずき]
[更新: 2009年 5月 13日 23:17]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

VirtualBox と OpenGL

下記の参考記事にもあるように、Virtual Box 2.1 から OpenGL への対応が始まっています。個人的には OpenGL より DirectX に対応して欲しいところですが…それはさておき。
参考記事: OpenGL や Intel Core i7 に対応した「Sun xVM VirtualBox」v2.1 が公開

OpenGL への対応といっても OpenGL のフル機能をサポートしているわけではありません。というのも OpenGL は過去何度も仕様が拡張(※)されており、様々なバージョンが存在するうえに、各 GPU メーカーが独自拡張を施しているためです。

というわけで VirtualBox はどの機能に対応しているのか、OpenGL Extensions Viewer を使って調べてみました。


ホスト OS(Windows XP)で OpenGL Extensions Viewer を実行した結果

まず、ホスト OS(Windows XP)で OpenGL Extensions Viewer を実行した結果です。ホストマシンでは NVIDIA GeForce6600 を使っています。

結果は OpenGL 2.1 までフル対応です。Rendering Test を走らせてみると、きちんと 2.1 のテストまで完走します。


VirtualBox 内のゲスト OS(Windows 2000)で OpenGL Extensions Viewer を実行した結果

次に、VirtualBox 内のゲスト OS(Windows 2000)で OpenGL Extensions Viewer を実行した結果です。

結果は OpenGL 1.5 までフル対応です。しかし Rendering Test を走らせようとすると、OpenGL Extensions Viewer がエラーを吐いてしまい、テストができません。しかも不思議なことに、OpenGL Extensions Viewer を起動させると VirtualBox ごと死んでしまう場合があります。よくわからんな…。OS が Windows 2000 だからかなあ…?

VirtualBox の名誉のために書いておくと、巷にある OpenGL のアプリケーションは正常に実行できます。OpenGL Extensions Viewer が何か変わったことをしているだけかもしれません。

(※)OpenGL の公式サイトによると現時点での最新版は OpenGL 3.1 のようです。

[編集者: すずき]
[更新: 2009年 5月 14日 01:26]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

DVD を借りたのは初めてかもしれない

レンタル CD/DVD ショップで有名な TSUTAYA がオンラインでの DVD レンタルを始めました。TSUTAYA DISCAS というレンタルサービスです。ネットで注文すると、家に郵便(宅配便もある?)で届けてくれて、返すときも郵便で送るだけのお手軽レンタルサービスです今なら無料で借りられるらしいので、早速、登録しました。

契約条項を斜め読みしてみると、無料なのは「今月だけ」で来月からは勝手に有料コースに変更されるそうです。そういえばユーザー登録の時に、住所や名前の他にクレジットカードの番号まで聞かれたっけ…。あれは来月からの料金徴収のためだったんですね。

さて、TSUTAYA DISCAS で DVD を借りるときの基本的な流れは、
予約リストに登録、2枚借りる、見る、2枚返す、2枚借りる、見る、2枚返す…(リストが空になるまで続く)
です。もう少し詳しく書くと、以下のようになります。

  1. (借りる)TSUTAYA DISCAS のサイトで借りたい DVD を見つける。
  2. 予約リストに借りたい DVD を追加する。
  3. 日をまたぐと TSUTAYA から DVD を送りました、という確認メールが来る。
    在庫によるけど、通常は予約リストの上位 2枚が送られる。
  4. 2〜3日で DVD が配達される。
  5. (見る)DVD を好きなだけ見る。
  6. (返す)借りたときの封筒にまた DVD を入れてポストへ。切手不要。
  7. DVD が TSUTAYA に到着すると、確認メールが来る。
  8. 3. に戻って、TSUTAYA が次の DVD を送ってくるのを待つ。

ちょっと仕組みが難しい気がします。単に借りるまでの手順が多いだけか、予約リストという概念が難しいだけなのか…どうもしっくりこない。

ポイントは、手元にくるのは 2枚だけ、次を見たければ手元の 2枚を返さなければならない、の 2点です。一度に 2枚しか来ないのは借りパク対策でしょうか。予約リストの上位から送ってくる、ことも知っていると便利です。

とりあえず上限の 8枚まで予約リストを埋めました。CD なら幾度となく借りたけど、DVD を借りるのは初めてかも…。

[編集者: すずき]
[更新: 2009年 5月 20日 23:06]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

マックで 5ケタ円の買い物をしたのは初めてだ

Sena 氏と金を出し合って、マックの「景気をつかもう」商品券を買いました。20,000円相当の商品券が 12,000円で買える、というキャンペーンです。

中身は以下の通り。

セット A 10枚
クォーターパウンダー・チーズ、ビッグマック、えびフィレオのどれか+ポテト M+ドリンク M
セット B 10枚
ダブルチーズバーガー、てりやきマック、チキンフィレオのどれか+ポテト M+ドリンク M
セット C 9枚
ハッピーセットか、チーズバーガー+ポテト M+ドリンク M
デザート 3枚
サンデー、ナゲット、ポテト M のどれか
チキン 1枚
シャカシャカチキン
コーヒー 30枚
プレミアムローストコーヒー S のホット、アイスのどれか
ドリンク 2杯 4枚
ドリンク S が 2杯、しかしシェイクや野菜生活はダメ

額面にして約 1.6倍というお得な商品券に見えますが、定価換算なので 20,000円相当といってもさほど量がありません。しかもマックって年中クーポンがあって、何かしらのセットが安く買えるので、商品券でむちゃくちゃ得したか?というと正直、微妙です。

他にも、商品券の期限が短い(2009年 11月 14日まで)のに、コーヒー券 30枚なんてどうやって使い切るの?
セットにドリンク M 付いてるのに、ドリンク S 2杯券 4枚っていつ使うの?
など、疑問が尽きません。全部セット A/B/C にしてくれればどんなに嬉しかったか。

あと困ったことは、二人で買ったのに奇数枚の商品券がいくつもあって、うまく分けられなかったこと。セット C だけ 9枚だったり、シャカシャカチキンが 1枚だけ入っていたりね。

買ったときは嬉しいというか、得した気分だったけど、改めて書いてみるとあまり得した気がしないな、うーむ…。

[編集者: すずき]
[更新: 2009年 5月 20日 23:38]
link 編集する

コメント一覧

  • sena 
    その一瞬の楽しみに6000円かけたのです!
    たぶん。 
    (2009年05月21日 21:42:53)
  • すずき 
    その意気や良し!
    たぶん。 
    (2009年05月22日 22:47:47)
open/close この記事にコメントする



link permalink

DVD

昨日の夜ポストを見たら TSUTAYA DISCAS から DVD が届いていたので、ついつい遅くまで見てしまいました。眠いわー。

マックーポン

昨日買ったマックの 12,000円商品券ですが、なぜ 20,000円「相当」という微妙な表現がされているのでしょう?何となく引っかかる表現なので、調べてみました。

まず調べてびっくりしたのが、マクドナルドは公式サイトに値段を載せていません。理由は同じ商品でも販売地域により値段が違うから、みたいです。どちらかというと載せないではなく、載せられないのですね。

じゃあ具体的にいくら違うか?これも調べてびっくりね。ビッグマックを例に取ると、最高値(東京都、大阪府など)は 320円、最安値(島根県、鳥取県など)は 290円だとか。その差約 1割です(※)。

すると気になるのは「最も得な組み合わせ」と「最も損な組み合わせ」ですよね。計算してみましょう。

まずおさらいとして、クーポンの中身は下記の通り。

セット A 10枚
クォーターパウンダー・チーズ(680〜670円?)、ビッグマック(650〜610円)、えびフィレオ(650〜610円)のどれか+ポテト M+ドリンク M
セット B 10枚
ダブルチーズバーガー(620〜590円)、てりやきマック(590〜580円)、チキンフィレオ(620〜580円)のどれか+ポテト M+ドリンク M
セット C 9枚
ハッピーセット(470〜420円?)か、チーズバーガー(490〜470円)+ポテト M+ドリンク M
デザート 3枚
サンデー(150円)、ナゲット(260〜250円)、ポテト M(250〜240円)のどれか
チキン 1枚
シャカシャカチキン(100円)
コーヒー 30枚
プレミアムローストコーヒー S のホット、アイスのどれか(120円)
ドリンク 2杯 4枚
ドリンク S が 2杯(100円 x 2)、しかしシェイクや野菜生活はダメ

最も得な組み合わせは、価格最高の地域である東京都や大阪府で以下の組み合わせで頼むことです。

商品券 注文するもの 単価枚数価格
セット Aクォーターパウンダー・チーズセット 680 10 6800
セット Bダブルチーズバーガー or チキンフィレオセット 620 10 6200
セット Cチーズバーガーセット 490 10 4900
デザートナゲット 260 3 780
チキン シャカシャカチキン 100 1 100
コーヒープレミアムローストコーヒー S 120 30 3600
ドリンクドリンク S x 2 200 4 800
合計23180

頑張って高い物ばかり選べば、額面として謳われている 20,000円を 15%程度上回ることも可能です。…とはいっても、普段から同じ商品を高く売りつけられている時点で、既に損している気がしないでもない。

逆に最も損な組み合わせは、価格最低の地域である鳥取県や島根県で以下の組み合わせで頼むことです。

商品券 注文するもの 単価枚数価格
セット Aビッグマック or えびフィレオセット 610 10 6100
セット Bてりやきマック or チキンフィレオセット 580 10 5800
セット Cハッピーセット(ハンバーガー) 420 10 4200
デザートサンデー 150 3 450
チキン シャカシャカチキン 100 1 100
コーヒープレミアムローストコーヒー S 120 30 3600
ドリンクドリンク S x 2 200 4 800
合計21050

以上のように最安の組み合わせでも額面として謳われている 20,000円を上回るようにできています。

正直なところ、調べる前はもっと差があるかなと思っていましたが、さほど差がなくてあまり面白くない結果となりました…。

(※)詳しくはマクドナルドデータベース メニュー・価格一覧をご覧ください。

[編集者: すずき]
[更新: 2009年 5月 21日 23:59]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

ffmpeg と libx264

せっかく DVD という長めの映像コンテンツが手元にあるので、ffmpeg で変換してどのくらい小さくできるか実験してみました。

DVD の映像は解像度が 720x480 で圧縮方式は MPEG2 です。ビットレートは 8Mbps 前後です。

さて ffmpeg は多数のエンコーダを持っていますが、今回使うのは libx264 です。x264 はフリーの MPEG4 AVC(H.264)のエンコーダで、ffmpeg でエンコードできる形式の中で最も画質対ビットレートのパフォーマンスが良いと予想されます。
余談ですが x264 はエンコードの速度が売りらしいです。でも、うちのデスクトップだと 20fps しか出ません。買った当初はかなり速い部類に入っていたマシンなのに、時代の流れとは悲しいもんです。

下記のコマンドでビットレートを指定した変換をかけました。

ffmpeg の libx264 による再エンコーディングの例

ffmpeg.exe -i video.m2v -an -vcodec libx264 -b 4000000 c:\4mbps.ts

MPEG2-TS 形式にしているのは単なる趣味です。フリーのコンテナが良いなら Matroska や Ogg を、Windows 向けなら AVI や ASF にするのが普通ですね、たぶん。

ま、コンテナの話はさておき、まずはビットレート 1Mbps で圧縮しました。確認してみると、一見良さそうですがシーンチェンジやキラキラした場面で画が激しく崩壊しました。1Mbps はかなり厳しいようです。
とはいえ、WMV2 や MPEG-2 で 1Mbps なんて全くもって見られたもんではないので、x264 の頑張りは素晴らしいです。

次に 4Mbps で圧縮してみると、画は綺麗でサイズも半分になります。それでも十分に素敵だと思いますが、x264 ならもっといけるはずだ…!

というわけで、ビットレート 2Mbps〜3Mbps が安心ラインかと思います。それでも画が崩壊するかも?という恐怖は拭いきれませんが、サイズが減る方が優先です。より良い画質を求めるのであれば、2-pass エンコーディングをやってみると良いかも。

[編集者: すずき]
[更新: 2009年 5月 23日 04:22]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

音声

昨日に引き続き、DVD 素材をいじろうと思います。今日は音声です。

DVD の音声ですが、圧縮方式は Dolby AC3 または Dolby DTS、サンプリング周波数は 48kHz、ビットレートは 160kbps 程度(2.0ch いわゆるステレオの場合)です。

これを他の形式に変換してさらに圧縮することはできますが、元々が 2.0ch で 160kbps くらい、5.1ch でも 640kbps くらいですので、圧縮する意味があまりないです。

というわけで音声はそのまま使うことにして、次のステップに行きます。

映像と音声のマルチプレクス(多重化)

昨日は私の趣味で映像を TS 形式にしました。ここに音声をマルチプレクス(多重化)して、音声付きの映像を作ります。

映像と音声のマルチプレクス(多重化)

ffmpeg.exe -i c:\4mbps.ts -i audio.ac3 -acodec copy -vcodec copy c:\video_audio.ts

私の理解が足りないのか ffmpeg では映像 1ストリーム+音声 1ストリームしか多重化できませんでした。もし音声を 2ストリーム以上多重化したい場合は、別のツールを使った方が良いと思います。

まくさー

今回使ったのは tsMuxeR です。映像、音声 1、音声 2 を Input files と書いてあるリストボックスに放り込みます。

Tracks から映像、音声 1、音声 2 の設定をします。映像の方の設定はデフォルトで大丈夫なはずですが、音声は設定が必要です。特に音声のディレイを正確に指定しないと、未来の音が聞こえたり、音が遅れて腹話術みたいになります。

ちなみに昨日紹介した方法で作成した MPEG4 AVC の映像ストリームは、映像の設定をデフォルトのまま多重化すると再生時の画がおかしくなることがあります。

もし映像ストリームのみを再生すると正常なのに、多重化したストリームを再生すると画が崩壊している場合は、「Add picture timing info」と「Continually insert SPS/PPS」のチェックを外して多重化してみてください。

[編集者: すずき]
[更新: 2009年 5月 23日 04:19]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

DVD 第二弾

第一弾の DVD を TSUTAYA に送り返したら、即スチュアート・リトル 2 とファンタスティック・フォーが送られてきました。やたら早い。

スチュアート・リトル 2 は子供向けってほどではないにせよ、アラサーのおっさんが見るもんではないです。見ているこっちが恥ずかしくなるというか…そんな映画。この手の映画を見ていると背中が痒くなるよ。

ファンタスティック・フォーはもっと切った張ったの世界かと思っていたのですが、恋愛話がかなりの部分を占めていました。決して映画自体は悪くないです。以前見た X-MEN のような展開を(私が勝手に)想像していたせいで、アクションがちょっと物足りなかったな。

そんでもって予約リストの順番を忘れてしまったので、次に何が来るかわからない。確認するのも野暮だ、来てのお楽しみということにしましょう。

[編集者: すずき]
[更新: 2009年 5月 26日 20:25]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

いつものように PC を起動して、メールを見ようと思って Thunderbird を起動したら、メールの振り分けフィルタが「〜〜がない」とエラーを出して怒っています。

何事かと思って確認すると、メインのプロバイダ(WAKWAK)のメールボックスが綺麗さっぱり消えていました。んん?んんんん??

メールボックスには今まで受け取ったメールが全て入っていたのですが、全て跡形もなく消し飛びました。気のせいかな?メーラーの画面が広く感じるよ、アハーハ〜。

Thunderbird よ、俺に一体何の恨みが…ほんと勘弁してください…。

[編集者: すずき]
[更新: 2009年 5月 26日 20:40]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

ffmpeg のビルド

フルセットとまでは行きませんが、メジャーどころのコーデックライブラリを追加した ffmpeg のビルドの手順です。

具体的には追加ライブラリは以下の通り。

libogg
Ogg:コンテナ、つまり動画、音声を入れる箱のことです。フリーのフォーマットです。
libx264
MPEG-4 Advanced Video Codec/H.264:動画、いわゆる AVC とか H.264 と呼ばれます。ワンセグや Blu-ray に用いられます。
libxvidcore
Xvid:動画、MPEG-4 ベースのフリーのコーデックです。H.264 が出るまでは DivX と争っていた気がします。対応しているプレーヤは見かけません。
libtheora
Theora:動画、MPEG-4 ベースの On2 VP3 をベースとしたフリーのコーデックです。VP3 の後継コーデック VP6 は Flash Video のコーデックとして有名ですが、Theora はあまり有名とは言えないかな…。
libvorbis
Vorbis:音声、フリーなコーデックです。音質、圧縮率ともに MP3 より優れていると評判でしたが、他の音声コーデックがぞろぞろ出てきて、存在感が薄くなりました。
libamr-nb
3G AMR-Narrowband:音声、狭帯域向けのコーデックです。i モーションの音声に使われます。
libamr-wb
3G AMR-Wideband:音声、AMR-Narrowband の広帯域版です。何に使われているか知りません。
libmp3lame
MPEG-1 Audio Layer 3:音声、いわゆる MP3 です。各所で使われています。
libfaac, libfaad
MPEG-2 Advanced Audio Codec:音声、いわゆる AAC です。DVD の音声、iTunes の音声として有名です。

ビルド作業は以下の通りです。事前準備として aptitude で yasm と nasm を追加していますが、環境によってさらに追加すべきパッケージが出てくると思います。

どちらかというとビルド作業よりライブラリを揃える作業が面倒でしたので、ライブラリ置き場の URL も併記(※)してあります。ご活用ください。

ffmpeg のビルド(Debian 5.0 Lenny にて)
$ aptitude install yasm nasm

$ git clone git://git.videolan.org/x264.git
$ cd x264
$ ./configure --prefix=/home/username/usr/ \
--enable-shared \
--enable-pic \
--enable-pthread \
--enable-mp4-output
$ make
$ make install


$ wget http://downloads.xvid.org/downloads/xvidcore-1.2.1.tar.gz
$ tar xzvf xvidcore-1.2.1.tar.gz
$ cd xvidcore/build/generic/
$ ./configure --prefix=/home/username/usr/ \
--enable-shared
$ make
$ make install


$ wget http://downloads.xiph.org/releases/ogg/libogg-1.1.3.tar.gz
$ tar xzvf libogg-1.1.3.tar.gz
$ cd libogg-1.1.3
$ ./configure --prefix=/home/username/usr/ \
--enable-shared
$ make
$ make install


$ wget http://downloads.xiph.org/releases/vorbis/libvorbis-1.2.0.tar.gz
$ tar xzvf libvorbis-1.2.0.tar.gz
$ cd libvorbis-1.2.0
$ ./configure --prefix=/home/username/usr/ \
--enable-shared \
--with-ogg=/home/username/usr \
--with-vorbis=/home/username/usr
$ make
$ make install


$ wget http://downloads.xiph.org/releases/theora/libtheora-1.0.tar.bz2
$ tar xjvf libtheora-1.0.tar.bz2
$ cd libtheora-1.0
$ ./configure --prefix=/home/username/usr/ \
--enable-shared
$ make
$ make install


$ wget http://ftp.penguin.cz/pub/users/utx/amr/amrnb-7.0.0.2.tar.bz2
$ tar xjvf amrnb-7.0.0.2.tar.bz2
$ cd amrnb-7.0.0.2
$ ./configure --prefix=/home/username/usr/
$ make install


$ wget http://ftp.penguin.cz/pub/users/utx/amr/amrwb-7.0.0.3.tar.bz2
$ tar xjvf amrwb-7.0.0.3.tar.bz2
$ cd amrwb-7.0.0.3
$ ./configure --prefix=/home/username/usr/
$ make install


$ wget http://nchc.dl.sourceforge.net/sourceforge/lame/lame-398-2.tar.gz
$ tar xzvf lame-398-2.tar.gz
$ cd lame-398-2
$ ./configure --prefix=/home/username/usr/
$ make install


$ wget http://nchc.dl.sourceforge.net/sourceforge/faac/faac-1.28.tar.gz
$ tar xzvf faac-1.28.tar.gz
$ cd faac-1.28
$ ./bootstrap
$ ./configure --prefix=/home/username/usr/ \
--enable-shared
$ make install


$ wget http://nchc.dl.sourceforge.net/sourceforge/faac/faad2-2.7.tar.gz
$ tar xzvf faad2-2.7.tar.gz
$ cd faad2-2.7
$ ./configure --prefix=/home/username/usr/ \
--enable-shared
$ make install


$ cd ffmpeg
$ ./configure --prefix=/home/katsuhiro/usr/ \
--enable-nonfree --enable-gpl \
--enable-pthreads --enable-shared \
--extra-cflags="-I/home/username/usr/include" \
--extra-libs="-L/home/username/usr/lib" \
--enable-libx264 --enable-libxvid \
--enable-libamr-nb --enable-libamr-wb \
--enable-libtheora --enable-libvorbis \
--enable-libmp3lame \
--enable-libfaac --enable-libfaad

$ ffmpeg
FFmpeg version git-74371d6, Copyright (c) 2000-2009 Fabrice Bellard, et al.
  configuration: --prefix=/home/username/usr/ --enable-nonfree --enable-gpl --enable-pthreads --enable-shared --extra-cflags=-I/home/username/usr/include --extra-libs=-L/home/username/usr/lib --enable-libx264 --enable-libxvid --enable-libamr-nb --enable-libamr-wb --enable-libtheora --enable-libvorbis --enable-libmp3lame --enable-libfaac --enable-libfaad
  libavutil     50. 3. 0 / 50. 3. 0
  libavcodec    52.29. 0 / 52.29. 0
  libavformat   52.33. 0 / 52.33. 0
  libavdevice   52. 2. 0 / 52. 2. 0
  libswscale     0. 7. 1 /  0. 7. 1
  built on May 22 2009 21:38:40, gcc: 4.3.2
At least one output file must be specified

(※)ライブラリの URL はそのうち移動されるかもしれません。あくまでも現時点での情報ということでよろしくお願いいたします。

[編集者: すずき]
[更新: 2009年 6月 21日 13:15]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

ファイルサーバのネットワークが使えないなんて

部屋のファイルサーバは Intel D945GCLF2 というマザーボードです。ここに Debian GNU/Linux 5.0(Lenny) を入れ、カーネルだけ Linux 2.6.28 に入れ替えて使っています。

しかしこのボード、買った当初からどうにもネットワークが不安定で、通信中に突然リンクダウンしたり、NETDEV WATCHDOG: transmit timed out という Oops が出て NIC ごと撃沈します。

あまりに調子が悪くていい加減イライラしてきたので、解決に向けて調べることにしました。

原因判明

調べてみると D945GCLF2 の NIC は Realtek RTL8168B という PCI Express 接続(※)のギガビットイーサネットインタフェースです。

それに対して今使っているドライバは、Realtek RTL816「9」S という PCI 接続のギガビットイーサネットのドライバです。つまり不調の原因はドライバが間違っていたせいだったのです。しかし間違ったドライバなのに中途半端に動いてしまうのでタチが悪いです。

なんで動いちゃうの?という疑問はさておき、正しいドライバ(RTL8111/8168 シリーズ用のドライバ)は Realtek のサイトのこの辺からダウンロードできます。

トップページからの行き方は [上のメニュー Downloads] - [左のメニュー Communications Network ICs] - [Network Interface Controllers] - [10/100/1000M Gigabit Ethernet] - [PCI Express] - [Software] - [LINUX driver for kernel 2.6.x and 2.4.x (Support x86 and x64) 8.012.00] です。長い。

ビルドの仕方やインストールの仕方はアーカイブを展開したときにできる readme ファイルに詳しく書いてあります。下記に一例を示します。

RTL8111/8168 用ドライバのビルド&インストール
# rmmod r8169

# cd /usr/src

# tar xjvf r8168-8.012.00.tar.bz2

# make clean
make -C src/ clean
make[1]: Entering directory `/usr/src/r8168-8.012.00/src'
rm -rf *.o *.ko *~ core* .dep* .*.d .*.cmd *.mod.c *.a *.s .*.flags .tmp_versions Module.symvers Modules.symvers Module.markers *.order
make[1]: Leaving directory `/usr/src/r8168-8.012.00/src'

# make modules
make -C src/ modules
make[1]: Entering directory `/usr/src/r8168-8.012.00/src'
make -C /lib/modules/2.6.28-r8168/build SUBDIRS=/usr/src/r8168-8.012.00/src modules
make[2]: Entering directory `/usr/src/linux-2.6.28-r8168'
  CC [M]  /usr/src/r8168-8.012.00/src/r8168_n.o
/usr/src/r8168-8.012.00/src/r8168_n.c:5076: warning: 'rtl8168_reinit_task' defined but not used
  CC [M]  /usr/src/r8168-8.012.00/src/r8168_asf.o
  LD [M]  /usr/src/r8168-8.012.00/src/r8168.o
  Building modules, stage 2.
  MODPOST 1 modules
  CC      /usr/src/r8168-8.012.00/src/r8168.mod.o
  LD [M]  /usr/src/r8168-8.012.00/src/r8168.ko
make[2]: Leaving directory `/usr/src/linux-2.6.28-r8168'
strip --strip-debug r8168.ko
make[1]: Leaving directory `/usr/src/r8168-8.012.00/src'

# make install
make -C src/ install
make[1]: Entering directory `/usr/src/r8168-8.012.00/src'
install -m 744 -c r8168.ko /lib/modules/2.6.28-r8168/kernel/drivers/net/
make[1]: Leaving directory `/usr/src/r8168-8.012.00/src'

# depmod -a

# modprobe r8168

手順は RTL8169 用のドライバを削除してから、RTL8111/8168 用のドライバをインストールしているだけです。

(※)個人的にはギガビットイーサを PCI 接続にして、PCI Express を拡張スロットに出して欲しかったなあ…と思う。

[編集者: すずき]
[更新: 2009年 5月 26日 21:45]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

異議なし

逆転裁判シリーズ(カプコン)の最新作、逆転検事を買いました。1章しかクリアしていませんが、記録を残しておきます。

逆転検事 第一話チャート

「」はロジックが追加される、と言う意味
()は証拠が追加される(捜査手帳に記録される)と言う意味
<>は選択肢を選ぶ、または追加される、と言う意味

第一話 逆転の来訪者
--------------------
初期: 
「犯行現場は執務室」
「執務室のカギ」

ロジック: 
・「犯行現場は執務室」と「執務室のカギ」
→「犯人の目的は?」

フィールド: 
・落ちている拳銃を調べる
→「拳銃」
・死体を調べる
→調査画面: 死体へ

調査画面: 死体
・左下の手帳を調べる
→「被害者は刑事」

ロジック: 
・「拳銃」と「被害者は刑事」
→(被害者の拳銃)
→調査画面: 拳銃へ

調査画面: 拳銃
・拳銃の弾倉を調べる
→一発しか撃たれていない
・死体を調べる
→(死体の所見メモ)
・散らばった本
→「争った形跡」

フィールド: 
・左の壁の落ちた額縁を調べる
→(隠し金庫)
→調査画面: 額縁へ
→その後、調査画面: 隠し金庫へ

調査画面: 額縁
・額縁の弾痕、に(被害者の拳銃)をつきつける
→「もうひとつの拳銃」

調査画面: 隠し金庫
・入力キーを調べる
→「ふきとられた指紋」
→(隠し金庫 part 2)指紋の下りが加わる

ロジック: 
・「犯人の目的は?」と「ふきとられた指紋」
→「ドロボウが目的?」
・「ドロボウが目的?」と「争った形跡」
→調査画面: 本棚へ

調査画面: 本棚
・一番下の段の弾痕、に(死体の所見メモ)をつきつける
→<ファイルの位置>が間違っている、を選ぶ
→「あらされた本棚」
→調査画面: 犯行時の本棚

調査画面: 犯行時の本棚
・右の一番下、血文字のあるファイルを調べる
→(盗まれたファイル)
→捜査終了

追求: 優木検事の推理
・証言を聞き終わる
・一通りゆさぶる
・だから血文字に気がつけなかったんだ…に(盗まれたファイル)をつきつける
→追求: マコを疑う理由へ

追求: マコを疑う理由
・証言を聞き終わる
→(マスターキー)
・一通りゆさぶる
→スズキさんの話を聞くか?に<詳しく聞く>を選ぶ
・本棚を荒らし、金庫を…ドロボウが目的だったんだろうね…に(隠し金庫)をつきつける
→セーブポイントへ
→その後、フィールド: 廊下へ

----- セーブポイント -----

フィールド: 廊下
・ソファを調べる
→調査画面: ソファへ
・スズキに話しかける
→調査画面: 須々木 マコへ
・1203号室を調べる
→調査画面: 1203号室、上へ
・1202号室を調べる
→調査画面: 1202号室へ

調査画面: ソファ
・ソファの下のファイルを調べる
→10年前の法廷記録だけが無くなっている
→(盗まれた0号ファイル)

調査画面: 須々木 マコ
・一通り話を聞く
・(マスターキー)をつきつける
→「盗まれていたマスターキー」
→<マスターキーを使った用事>
・<マスターキーを使った用事>の話を聞く
→<優木検事の忘れもの>
・<優木検事の忘れもの>の話を聞く
→「マスターキーを使った」

ロジック: 
・「マスターキーを使った」と「盗まれていたマスターキー」
→(優木検事の部屋)

調査画面: 1203号室、上
・ドアノブというかカギの部分に(優木検事の部屋)をつきつける
→<ドアノブの指紋>
→どの人物の指紋がなければおかしいか?に(須々木 マコ)をつきつける
→(優木検事の部屋 part 2)
→調査画面: 1203号室、下へ

調査画面: 1203号室、下
・バスケットゴールを調べる
→(バスケットゴール)
・ドアの下の紙切れを調べる
→(被害者の残したメモ)

調査画面: 1202号室
・ドアノブを調べる
→指紋は拭き取られている
→捜査終了、追求: 優木検事の反証へ

追求: 優木検事の反証
・証言を聞き終わる
・一通りゆさぶる
・そもそも…部屋のカギを開けたっていうのさ?をゆさぶる
→異議を唱える、を選ぶ
→どうやって開けたか?(マスターキー)をつきつける
→誰に開けさせたか?(須々木 マコ)をつきつける
→どうやって間違わせた?(バスケットゴール)をつきつける
→追求: 仮説への反証へ

追求: 仮説への反証
・証言を聞き終わる
・一通りゆさぶる
・それからずっと執務室にいたんだ…に(被害者の残したメモ)をつきつける
→彼女にカギを開けさせた証拠は?(優木検事の部屋)をつきつける
→追求: 優木検事のアリバイへ

追求: 優木検事のアリバイ
・証言を聞き終わる
・一通りゆさぶる
→「優木検事のアリバイ」

ロジック: 
・「優木検事のアリバイ」と「もうひとつの拳銃」
→「もう1人の来訪者」
・「あらされた本棚」と「もう1人の来訪者」
→追求: 優木検事のアリバイ2へ

追求: 優木検事のアリバイ2
・証言を聞き終わる
・一通りゆさぶる
・昨日起きた事件の証拠品でね、拳銃とペンダントの2つさ…に(被害者の残したメモ)をつきつける
→調査画面: ビデオテープへ

調査画面: ビデオテープ
・裏返して血痕を調べる
→この証拠品のナゾが解けていない、に(盗まれた0号ファイル)をつきつける

----- 終わり -----
[編集者: すずき]
[更新: 2009年 5月 29日 07:15]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



こんてんつ

open/close wiki
open/close Java API

過去の日記

open/close 2002年
open/close 2003年
open/close 2004年
open/close 2005年
open/close 2006年
open/close 2007年
open/close 2008年
open/close 2009年
open/close 2010年
open/close 2011年
open/close 2012年
open/close 2013年
open/close 2014年
open/close 2015年
open/close 2016年
open/close 2017年
open/close 過去日記について

その他の情報

open/close アクセス統計
open/close サーバ一覧
open/close サイトの情報