日々

link permalink

Qualcomm Snapdragon 820

Qualcomm Snapdragon 820: More specs revealed along with early benchmark score を読んで。

リーク情報が本当なら、次世代機は AnTuTu で 80000 超です。次々世代は 6桁行きそうですね。AnTuTu のスコアと、機種の性能やフィーリングの良さは、リニアの関係ではないにせよ、現状最高機種にダブルスコアで勝っているというのは注目すべきでしょう。

試しに手持ちのものを測ると、

  • 30358: SHARP SH-01F
    Qualcomm Snapdragon 800 MSM8974/2.2GHz、RAM 2GB, 2013年 11月発売
  • 16932: 初代 Amazon Kindle Fire HD 8.9
    TI OMAP 4470/1.5 GHz、RAM 1GB, 2012年 9月発売

でした。

モバイルデバイスとしてはスマートフォン向け CPU より、ノート PC 向け CPU の方が先輩ですが、既に電力性能比ではスマートフォン向けが勝っているかもしれません。CPU 以外の電力もあるので、単純比較できませんけども…。

メモ: 技術系の話は Facebook から転記しておくことにした。

[編集者: すずき]
[更新: 2015年 10月 9日 23:42]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

PS Vita のアプリ達が寿命を迎えている

PS Vita の facebook アプリのサポートが来年の 1月に終わるらしい。

Youtube アプリに至っては既にサポートが終わっていた…。PS Vita から書きこむのは、今日が最初で最後になりそうだなー。

(捕捉)Facebook には PS Vita から書きました。この日記も PS Vita から書こうと思えば書けますが、テキストの markup が面倒くさいので PC から書いています。

メモ: 技術系の話は Facebook から転記しておくことにした。

[編集者: すずき]
[更新: 2015年 10月 9日 23:47]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

進撃の巨人 3D VR シアター

グランフロント大阪(大阪市北区)に、進撃の巨人展に併設の 3D VR シアター「哮」を見に来ました。

チケットに書いてあるフォルムからして、ソニーの HMD じゃなさそう、機材は Oculus Rift ですかね。


上映室を入り口から撮影

上映時間は 5分くらいとのこと。見終わったらまた感想でも書きます。

鑑賞後の感想

見てきました。ストーリーは無いに等しいです。立体機動装置って何?くらいを知っていれば楽しめると思います。

映像はキレイとは言えませんが、画が動いていれば、荒さは気になりません。

視点の動きは立体機動にしては大人し目ですが、もしミカサやアルミン並の上下動をされたら、メチャクチャ酔うと思います。おそらく物足りない位がちょうど良いのでしょう…。

映画と違うなーと思うところは、やはり枠の概念がないことでしょうか。振り返ると真後ろの景色が見えるのはとても斬新です。

  • 視聴者が好き勝手に違う場所を見るので、制作側は見せたい部分を強調しづらい
  • 都合の悪い部分を枠の外に追い出せない(視野外を端折る、演出上わざと破綻させる、など)

技術面でも、

  • カメラで撮る方法がない(必ず撮影者が映っちゃう)、半天ならできるかな?
  • 全視野対応の映像を作成、提供する方法が確立されていない

後者はすぐ解決されると思いますが、何かしらの標準ができるまでは、互換性やフォーマット乱立で揉めそうな予感がします。

YouTube が一部、全視野対応の動画を配信していた気がしますが、あれ半天だったかな?

あと、見る前は、映画館のように暗い部屋で見るのかと思っていたのですが、写真のように明るい部屋での上映でした。Oculus は視界を覆うゴーグルタイプだから、周りの明るさは関係ないんですなー。

ただ、端から見るとかなり怪しい集団です…。なんだこれ。


上映室を入り口から撮影

メモ: 技術系の話は Facebook から転記しておくことにした。

[編集者: すずき]
[更新: 2015年 10月 10日 00:11]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

ネットワークドライブ上の実行ファイル

Visual Studio Community 2015 をインストールしてみたので、適当なプロジェクトを作成して、デバッグしようとすると「アクセスが拒否されました」と怒られました。なんだ、いつのまにこんなことに…?

どうもプロジェクトを samba の共有ドライブ上に作成していたのが良くないようで、生成された exe ファイルを直接実行しようとしても「アクセスできません」と怒られてしまいます。

原因

Samba のデフォルトの設定だと Windows 側からファイルを作成すると全てのファイルがパーミッション 0755 で作成されてしまい、実行ファイルでもないファイルに実行権限が付いてしまいます。

これは Linux からファイルを見る時に非常にウザいので、私の環境では Samba の設定に create mask = 0644 を追加しています。しかし、この設定だと exe ファイルもパーミッションが 0644 で作成されてしまいます。

Samba はパーミッション 0644 を Windows の ACL に変換するとき「実行権限が無い」と解釈するため、Windows 側が「実行してはいけないファイルを実行するな」と怒っているようです。

対症療法

Linux 側から手動で exe ファイルのパーミッションを 644 から 755 に変更すると、実行できるようになりますが、ビルドの度にパーミッションが 644 に戻るので、毎回変更しなければならずダルくてやっていられません。

逆に Windows 側から実行権を付けようと [プロパティ] - [セキュリティ] - [編集] ボタンから、実行権限を付加しても、ファイルのパーミッションに全く反映されません。

解決方法

この問題に半日悩んでいたのですが、実は非常に簡単な設定がありました。

Samba の設定に acl allow execute always = yes を加えれば解決しました。このオプションは名前の通り、ファイルは常に実行可能、と解釈するオプションのようです。

なぜか日本語のヘルプが見あたらないのですが、最近追加されたオプションなのでしょうか?まあ、今となってはどうでも良いですが…。

ちなみに Samba の設定ファイルは /etc/samba/smb.conf です。もし現在の Samba の設定の一覧を調べたければ testparm コマンドを使ってください。便利です。

[編集者: すずき]
[更新: 2015年 10月 1日 03:01]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



こんてんつ

open/close wiki
open/close Java API

過去の日記

open/close 2002年
open/close 2003年
open/close 2004年
open/close 2005年
open/close 2006年
open/close 2007年
open/close 2008年
open/close 2009年
open/close 2010年
open/close 2011年
open/close 2012年
open/close 2013年
open/close 2014年
open/close 2015年
open/close 2016年
open/close 2017年
open/close 過去日記について

その他の情報

open/close アクセス統計
open/close サーバ一覧
open/close サイトの情報