日々

link permalink

カーナビ壊れた

車を買い替えてからずっと、ポータブル式のカーナビ(Panasonic Strada Pocket CN-SP700L-K)を使っていたのですが、ついに壊れてしまいました。

過去の日記を漁ってみると、購入したのは 2010年の 8月末(2010年 9月 5日の日記参照)のようですね。丸 7年頑張ってくれたことになります。すごい。

多彩な故障モード

今まで壊れたデジタル系の家電は突然ウンともスンとも言わなくなる壊れ方ばかりでしたが、このカーナビだけは「昭和のアナログテレビか?」と思うくらい最後まで粘りました。

真っ白、起動画面、ノイズ画面、ハング or 強制リセット、ナビゲーション音声が「300m 先を斜め…ブツッ!」と切れる、「地図データエラー」が出る、現在位置が違う位置で止まる、などなど、かなり多彩でした。

いくつか動画に収めることができたので Strada さんとのお別れに代えて載せておきます。

スプラッシュの後に白画面で死ぬパターンです。「起動後ずっと白画面」以外で一番出ていた故障はこれかなあ。


Strada Pocket が壊れた: 起動中に白画面

突然エラーコードを表示することもありました。


EC:43「正しい地図 micro SDHC カードを挿入してください」エラー

起動して安全の注意(この後、ナビ画面が出る)まで辿り着いたけど、白画面で死ぬパターン。珍しいパターンでした。


Strada Pocket が壊れた: 起動後に白画面

今は完全に真っ白な画面しか表示されず、完全にお亡くなりになったようです。悲しい。

今までありがとう

Strada Pocket はちょっと高かった気がしますが、ルート検索や道を間違えたときの再検索も速かったし、ナビとしての基本性能は言うことなしでした。7年はかなり長持ちした部類に入ると思います。

お疲れ様でした、ありがとう!

ナビ以外にはワンセグ視聴と SD カードのメディア再生機能があったみたいですが、一度も使わずじまいでした。もはや試すことすらできないので、謎のままお別れです。ごめんね。

カーナビの無い生活

カーナビが壊れたあと梅田から自宅に帰りました。新御堂筋に乗るルートすらわからなくて、大変難儀しました。カーナビ無しの生活はもはやありえません。次もカーナビを買おうと思っています。

今まで 7年も頑張ってくれたから、次だってナイスな Strada Pocket を買おうと思うじゃないですか?しかし残念なことに Strada Pocket はブランドごと絶版(※)になり、もう手に入りません。何てことするの Panasonic さん。

(※)現在も Panasonic はポータブルカーナビを製造しています。ただし Strada Pocket ブランドではなく Gorilla ブランドです。なぜかというと Panasonic が SANYO を吸収したとき SANYO 側のカーナビブランド Gorilla を存続させ Strada を廃止したためです。恐らく Gorilla の方がネームバリューがあったと判断されたのでしょう。

次はどうしようか

選択肢はいくつかあって、

  • ポータブル型のカーナビ
  • タブレット
  • スマホ

ポータブル型のカーナビ。これが一番安全でしょう。

ただ過去にも悩んでいた(2013年 4月 7日の日記参照)とおり、今の時代、ポータブルのカーナビ専用機って微妙です。ヨドバシでいくつか触りましたが、いずれも動きが遅いタブレットという印象を拭えないです。

タブレットは一番良い候補だと思っていました。

自分の利用シーンを考えると、固定できるか?地図をどこから取得するか?真夏の車内に放置して故障しないか?辺りが問題です。

固定は何とかなりそうですが、地図は良い方法がなさそうです。放置については一々持って歩けば解決しますが、忘れそうだし面倒です。イマイチ。

スマホはさらにイマイチです。

基本的に持ち歩くので車内に放置する問題はありません。その代わり、画面が小さい、別用途にも使うので、毎回ナビを再設定する必要があるなど、使いやすさの点で難ありです。

うーん、これというものが無いですね。しばらく悩んでみるか……。

[編集者: すずき]
[更新: 2017年 9月 4日 01:56]
link 編集する

コメント一覧

  • hdk 
    自分の場合カーナビは普段は全然使わず、必要なときだけスマートフォンですね。格安のポータブルナビを持っていますが、スマートフォンのほうがそれよりも遙かにまともなので使わなくなりました。スマートフォンだと渋滞情報を出してくれるのがありがたいのですが、道を知っているところに行くときは先に渋滞情報をチェックしてあとは何も見ずに出発です。本体を固定できるようにしていないので、音声だけ聞いて運転しているとたまに無意味なショートカットを案内されても気づけないのが不満です (^^; 
    (2017年09月04日 20:50:33)
  • すずき 
    >hdk さん
    7年落ちのカーナビに対しても、スマートフォンは GPS の精度で負けている気がしますね。
    現在位置をカーナビで確認するのがクセになっていて、音声案内だけだと辛いです……。 
    (2017年09月05日 00:15:27)
  • hdk 
    GPS精度は端末次第なところも大きいですが、ビルの多いところなんかは確かに厳しい時がありますね... あとトンネルはどうしようもないですし...

    昔はカーナビなくても普通に運転していたのに、今はみんなほしがりますね。自分もスマートフォンで現在位置の地図を見られるというのは当たり前になってしまっていて、免許取り立ての頃レンタカーでナビもスマートフォンもなしで袋田の滝に行った時とかどうやったのか思い出せません。 
    (2017年09月05日 23:10:51)
  • すずき 
    言われてみると大学時代とか、どうやって運転していたのか思い出せません。紙の地図と、青看板がもっと役に立っていた気がしますが、大阪・京都で同じような走り方をしたら 100%迷います。
    まず地名がわからんし、地名を知っていても目的地に近いかどうかわからず、かなり苦労する気がします。 
    (2017年09月06日 01:13:03)
open/close この記事にコメントする



link permalink

ヘッドフォン

会社で使っていた SONY MDR-DS1000(ヘッドフォン MDR-XD050 とポータブルアンプ DP-1000 のセット)のヘッドフォンが壊れました。

代わりに好きなの買って良いよ〜って言われた(当然、予算以内で)ので SHURE SRH440-A にしました。SHURE は高い奴はバカみたいに高いですが、これは下に近いレンジで 1万円くらいです。

それでもヘッドフォンだけで MDR-DS1000(ヘッドフォン+アンプ)の倍くらいの値段ですから、素人の自分でも違いがわかるだろうと期待していました。

で、その期待は思わぬ形で叶いました…。

ヘッドフォン以外は何も変えていないのに「シュー、パチパチ」という音がずーっと聞こえます。耳がおかしくなりそう。

ノイズの正体

というのが少し前の話。シューシュー言うノイズがあまりにも気になるので少し調べました。

あまり考えたくない私の耳がおかしくなった可能性ですが、ヘッドフォンのプラグをアンプから外すとノイズが聞こえなくなるので、私の耳のせいではなさそうです。

次にライン入力にノイズが乗っている可能性ですが、MDR-DS1000 にはライン入力と光入力があったので、光入力で同じ音を聞いてみましたが、やはり何かシューシュー言っています。これも違うようです。

最後にアンプ自体がダメな可能性ですが、ちょうど机の上に違うアンプ DENON AVR-3311 があったので、アンプを変えてみました。するとシューシュー言わなくなりました。なんと、アンプのせい?

しかし先代のヘッドフォンでは全くノイズは聞こえなかったのに、突然こんなことになった理由が良くわかりません。アンプとヘッドフォンが合ってないのか……?

[編集者: すずき]
[更新: 2017年 9月 9日 19:34]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

ヘッドフォンのノイズ

昨日(2017年 9月 7日の日記参照)の続きです。会社のヘッドフォンを SHURE SRH440-A に換えたら、やたらとノイズが聞こえて困っている話です。とりあえずアンプ換えたら直ったので、アンプのせいなんでしょうけど、理由が良くわかりません。

ヘッドフォン側の差は何かあるのかなと思って、カタログを調べてみると SONY MDR-XD050 の互換機 MDR-XD100(70Ω)と SHURE SRH440-A(44Ω)のインピーダンスが全然違うようです。

インピーダンスは交流に対する抵抗値のようなものです。ヘッドフォン出力は定電圧回路のはずですから、インピーダンス高い=電流が流れない=音が小さい、インピーダンス低い=電流が流れる=音が大きいです。間違ってたらゴメンよ。

SHURE を繋いだ時にノイズだらけになるのは、インピーダンスが低すぎてアンプに負荷が掛かり(流れる電流が想定より多すぎて)、リミットが掛かっているのかもしれません。

仮にインピーダンスの差だとすると、手持ちの audio-technica ATH-TAD500(35Ω)や、Pioneer SE-M290(32Ω)を繋いだら、さらに激しいノイズが聞こえるはずです。

どうもヘッドフォンを抱えて電車に乗って会社に行くのは、かなり抵抗がありますが…。試してみたいところ。

アンプの特性

アンプについて調べていた時 ヘッドホンアンプの出力とか、インピーダンスについて(前半)- Sandal Audioと、ヘッドホンアンプの出力とか、インピーダンスについて(後半)- Sandal Audio、の記事が大変参考になりました。

アンプ出力特性の低インピーダンス側の制約(電流がこれ以上流せない制約)に当たっているのかもしれません。しかし奇妙なのはだいぶボリュームを小さく(ウルサイの嫌いなので、ほぼ最小です)していても、シューシュー言ってることです。余程、低インピーダンスにおけるドライブ能力が低いアンプなんですかね……?

俺には無理そうなインピーダンス測定

インピーダンスはヘッドフォンに入力する周波数によって変動する(あまり変動しないヘッドフォンもある)そうなので、ヘッドフォンのインピーダンスを測る方法はある?と思って調べてみました。

ヘッドフォンは周波数によってインピーダンス特性が変わるので、LCR メーターでは測れません。いや測れるには測れるんですが、望みの条件にならないので、意味がありません。

ちなみに LCR メーターでは難しい測定対象をどう測れば良いか?については、圧電素子のインピーダンス測定 - エヌエフ回路設計ブロック、が大変参考になりました。

けど、どうも素人には計測不可能みたいです。まず紹介されている計測器はクッソ高くて 250万円します。他の機器を代わりにしたくても、動作原理に「正弦波発生器+フーリエ変換でゲインと位相を計測」とか書いてあって、そこらのテスターじゃ出来そうにありません。

そこまで電気回路の知識もないし。諦めよう、うん。

[編集者: すずき]
[更新: 2017年 9月 9日 21:28]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

ハンドスピナー

流行に 2周遅れくらいですが、ハンドスピナーを買ってみました。Innoo Tech 虹色(IN7-B002)と iSpin S3 です。どちらも良く回ると評判の商品です。

ハンドスピナーの遊び方を知らずに買ったのですが、どうやら特に遊び方はなく自由で、手で持っても良いし、テーブルに置いて回しても良いそうです。

今回買った 2つはいずれも回転時間を稼ぐためか、重目に出来ていて、手で持つのはちょっと辛いです。


Innoo Tech IN7-B002


iSpin S3

テーブルに置くと「シューーー」と音を立てながら、いつまでも回っています。

ボールベアリングってすごいなあ。

メモ: 技術系の話は Facebook から転記しておくことにした。

ハンドスピナーは探しづらい

Amazon でハンドスピナーを検索するとわかると思いますが、ほぼ同じ商品が全く違うメーカーから発売されています。

特に虹色のハンドスピナーは似たような商品が多くて、訳がわかりません。すこぶる検索しづらいです。

そもそも Innoo Tech からして Amazon の商品ページのタイトルが
「Innoo Tech ハンドスピナー レインボーカラー 3〜5分回し Hand Spinner 指スピナー おもちゃ プレゼント」
ですよ。こんなタイトルじゃ意味わからんでしょう。

プレゼントとかどうでも良いこと書く前に、商品名に愛称か型番を書いてくれと思いました。せっかく良く回るし、色も綺麗なのに勿体ない宣伝の仕方です。

そういう意味では iSpin は探しやすかったですね。

[編集者: すずき]
[更新: 2017年 9月 10日 14:19]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

アイス履歴

最近、アイスの包装の写真と感想を残すようにしています(リンク)。

アイスの包装の写真がいつの間にか 35種類になっていました。暇なときに写真を撮っていますが、Wiki へのアップロードが意外と面倒くさいなあ……。

数えてみたら赤城乳業のアイスが一番多かった(16種類)です。赤城乳業はガリガリ君でおなじみのアイス専業メーカーです。名前に反して牛乳は作っていないのだとか。

[編集者: すずき]
[更新: 2017年 11月 23日 03:15]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

土曜日=休日?

今日は土曜日で祝日(秋分の日)です。

サラリーマンや学生は土曜日も祝日も休みという意味では区別がなく、土曜日と祝日が重なると残念な気分になるけれど、当然ながら世の中には土曜日が休みではないお仕事もあります。

我が家に毎週ヤクルトを配達してくれるヤクルトレディーの方に聞いたら、土曜は休みではないが、祝日は休みらしいです。だから先週は休みじゃないけど、今週は配達がお休み。

今まで土曜日と祝日に区別が無くて当然の生活をしていたけど、区別がない仕事と、あるお仕事はどちらが多いのかなあ?

レトロゲーム展示会

JARGA 日本レトロゲーム協会の展示会に行ってきました。


日本レトロゲーム協会の展示会ポスター

会場は阪南市の山中の民家です。道が狭く場所が無いので、車で行くとご迷惑になります、というか、なりました……。

展示会では写真に挙げたような、古いゲーム機がたくさん見られます。ファミコン世代は全く知らない70年代のゲーム機も多数あります。


数々の携帯ゲーム


エポック社 TV BLOCK と System 10

ゲームソフトも大量に所蔵しているそうですが、場所の都合でハードしか置けなかったそうで。

ゲームコーナーもありました。子供もいましたよ。古すぎて見たこと無いはずのゲームを、みなさん楽しそうに遊んでいたのが印象的です。

展示会は無料で見られますが、これだけのもの見せてもらって、タダで帰るのもなあ…、と思って、奥さんと共に JARGA の賛助会員になってみました。

会員になってから知りましたが、JARGA は NPO 法人なんですって。会員になった記念?に、JARGA 理事長の石井さんが会場を簡単に案内してくれました。

お仕事は中古ゲームショップ経営で、海外旅行が趣味。欧州を半年だか1年だったか掛けて、巡ったこともあるとか。海外ではゲームの博物館があるのに、ゲーム先進国の日本にないのはおかしい、と思ったのが、協会を作った動機だそうです。

将来的には日本橋辺りで博物館を開く予定のようです。しかし日本では博物館は金にならないのも分かっていて、実現できたとしても期間限定だろうとも仰っていました。

文化財に相続税を掛けないようにすれば、節税対策として金持ちが文化財を買い漁って、ついでに綺麗に保管してくれそうなのになあ……。

メモ: 技術系の話は Facebook から転記しておくことにした。

[編集者: すずき]
[更新: 2017年 10月 16日 03:21]
link 編集する

コメント一覧

  • hdk 
    我々も小学校低学年の頃はまだ学校週5日制が導入されていなくて、その後も毎月一回とか、部分的な感じでしたね。当時は土曜日が祝日だと嬉しかったのではないかと思うのですが、思い出せません (^^; 
    (2017年10月16日 23:53:16)
  • すずき 
    そうですね、体験していたはずなんですが、今となっては、何?土曜が休みでは無い…?どういうことなの?な気分です。 
    (2017年10月17日 22:53:08)
open/close この記事にコメントする



link permalink

Linux の CMA と THP

Twitter でボヤきまくっていたけど、流れて消えちゃうのでメモ。

Linux のメモリ管理がさっぱりわかりません。CMA(Contiguous Memory Allocator)と THP(Transparent Huge Pages)の動きが謎過ぎます。

CMA とは、ある領域を特別な領域として定めて、普段はユーザプロセス用のメモリとして使い、ドライバが要求するなどここぞというときにユーザプロセス用のメモリを強制立ち退き(Page Migration)させて DMA 用のメモリとして使う技術です。

私が思いつく利点としては、

  • reserved 領域など DMA 専用のメモリを定義するのに対し
    →ユーザプロセス用のメモリが多く使える
  • 通常のカーネルヒープに対し
    →カーネルヒープから物理連続の領域を取得するのは、先客が居たりして難しい(特に大容量の領域ほど)が、CMA ならユーザプロセス用のページを立ち退きさせれば良いので比較的容易

THP は仮想連続の 4KB のページを 512枚集めてきて、2MB(ARM の場合)の Huge Page に置き換えてしまう技術。のはずです。あまり調べてないので、違ってたらゴメンなさい。

私が思いつく利点としては、

  • 4KB 512ページに比べて、ページテーブルの容量が節約できる
  • TLB ヒット率も上がる、はず

これらの技術のコンセプトは素晴らしいので、ぜひ使いたいと思って使っていますが、動きが謎過ぎて困っています。困っている問題は 3つ。

  • THP に CMA 占領されちゃう問題
  • ユーザプロセスが CMA 全然使わない問題
  • 誰が使ってるのこれ?問題

THP に CMA 占領されちゃう問題

THP は khugepaged というカーネルスレッドが裏でひっそりと活動してページを置き換えます。こいつが使うメモリページは PageCompound という属性になっていて、なぜか Page Migration できません。なぜなのか理由はわかりません。

それでいて THP は CMA 領域をガンガン消費します。なぜかはあまり調べていませんが、おそらく、

  • 要求する領域のサイズが大きいこと
  • 後述するようにユーザプロセスは CMA 領域を全然使わないので、CMA 領域は比較的空いていること
    =連続したページが取りやすい

辺りが CMA から大きいサイズの領域を取りやすい理由だと思います。

しばらく放っておくと CMA 領域が THP で埋まってしまうため、ドライバの dma_alloc() が ENOMEM とかで失敗するようになって、ドライバが動かなくなってしまいます。

解決方法を知りたくて、頑張って Buddy Allocator までコード読んでみましたが、khugepaged も結局 alloc_pages() で Huge Page を取っているだけでした。つまり他の用途のメモリの取り方と何ら変わりません。当然ながら CMA 領域を避けて取るとか、そんな機構があるようには見えなかったので、この問題を回避する方法はわからないままです。

THP は GFP(Get Free Pages)フラグが少し特殊ですので、Buddy Allocator でフラグを見て THP を CMA 領域に割り当てないように改造することは出来ましたが、本当にこんな改造が要るんでしょうか?

私が見た範囲では、フラグをチェックしてメモリの割り当て処理を変えている個所は見当たりませんでしたから、何か別の方法が隠れているかもしれません。

誰も困っていないのでしょうか。それとも私の設定がマズいだけでしょうか?

ユーザプロセスが CMA 全然使わない問題

Buddy Allocator の詳細な仕組みはここでは説明しきれませんが、メモリはゾーンという大きな括りで分けられており、各ゾーンには 5つのリストがあります。アロケータはこの 5つのリストのどれかからページを割り当てます。/proc/pagetypeinfo で各リストの残量を見ることができます。

  • MIGRATE_UNMOVABLE
  • MIGRATE_MOVABLE
  • MIGRATE_RECLAIMABLE
  • MIGRATE_HIGHATOMIC
  • MIGRATE_CMA

カーネルにメモリページの取得リクエストが来ると、基本的には上 4つのリストのどれかからページが取得されます。どのリストになるのかは GFP(Get Free Pages)フラグに何を指定したか?によって決まります。ユーザプロセス用のメモリであれば MIGRATE_MOVABLE から取られます。

では MIGRATE_CMA はいつ使われるのか?というと、これが良くわからないんです。

実機でメモリを使いまくるプロセスを立ち上げ(yes | sort とか)/proc/meminfo の様子を見ていると、

  • 空き領域 MemFree が減りまくる(CmaFree は減らない)
  • ページキャッシュ Cached が減りまくる(CmaFree は減らない)
  • ページキャッシュがなくなったせいで I/O が多発してシステムが遅くなる
  • やっと CMA 領域 CmaFree が減り始める
  • OOM Killer にプロセスを強制終了させられる

こんな動きになります。3番目のページキャッシュ減少が起きると、システムが遅すぎて使い物になりませんので、もっと早めに CMA 領域を利用していただきたいのですが、なぜかそうなりません。

Buddy Allocator のコードを見ると MIGRATE_MOVABLE が枯渇というか、ページ割り当てに失敗したときに初めて MIGRATE_CMA からのページ割り当てに挑戦するようになっているように見えます。

個人的には MIGRATE_CMA → MIGRATE_MOVABLE の順に割り当てた方が良かったのではないか?と思いました。ドライバが CMA 領域を使う時は Page Migration があるわけですから。

MIGRATE_MOVABLE → MIGRATE_CMA の順に割り当て MIGRATE_MOVABLE を先に使い果たしてしまうと、CMA 領域からユーザプロセス用のページを Migration しようにも移動させる先がありません。これでは Page Migration が役に立ちません。

どうもイマイチです。設定か何かが間違っているのでしょうか。

誰が使ってるのこれ?問題

あまりに訳の分からない動きをしているので、CMA が正常に動いている例が見たかったのですが、手元の Android デバイスで CMA を使っているシステムが全くありませんでした。ショック。

CMA は組み込みのように制約の多いハードウェア、かつ、メモリ容量に制限のあるシステム向けの機能です。Android であれば ION Carveout Heap だとメモリ占有が多すぎて耐えられないボンクラハードウェアや、メモリの搭載量が非常に少ないシステム向けの最終兵器のはずです。

Google も AOSP で紹介している(Low RAM Configuration | Android Open Source Project の Carveouts, Ion and Contiguous Memory Allocation (CMA) の節)ほどなのになあ。

でも身の回りの製品では誰も使っていません。CMA って誰が使ってるんだろう??

[編集者: すずき]
[更新: 2017年 10月 6日 02:14]
link 編集する

コメント一覧

  • hdk 
    CMA は噂によれば、ビデオのハードウェアデコーダーがフル HD や 4K などのフレームを扱うのに大きなサイズの RAM が必要なので、という話がありましたが、近年は非連続アドレスでも扱えるようになってきちゃって必要性はそんなにないのかも? ビデオのデコードでもしなければそもそも使われなさそうです。

    Transparent Huge Page は身近なところでは QEMU などで大きな容量の RAM を仮想マシンに割り当てた時に勝手に使われているみたいですが、組み込み環境ではどうなんですかね... 
    (2017年10月06日 21:37:02)
  • すずき 
    会社ではビデオ系ハード、グラフィクス、デコーダ、サウンド系と、あらゆるハードが大容量の物理連続領域を要求してくるので、困っています。

    うちの会社のハードがヘボいというか、世の中に追いつけてないんだと思いますけど……。

    THP 自体は良いんですが、CMA との共存ができない点がイマイチです。単に CMA の実装がイケてないだけかもしれませんが、私には良くわからなかった。 
    (2017年10月07日 12:26:40)
  • hdk 
    非連続物理アドレスは IOMMU を使って仮想アドレスにマップしちゃうのが今時の流行り (?) のようです。

    Hugepages は Intel DPDK がやっているみたいに意図的に使う方法もありますので、THP はある程度自動でやってくれるという、おまけみたいなものなんですかね。 
    (2017年10月09日 00:35:33)
  • すずき 
    私も IOMMU と DDR のインタリーブアクセスがあれば、今風アーキテクチャなのになあ、とは思いますが、色々あって積んでないままです。

    Intel DPDK は初めて知りました。ネットワーク超特化のアーキテクチャで、TLB ミスヒットが大きなペナルティとして認識されているんですね。

    THP は何かの基準でページを選んで、空き時間を使って統合してくれているように見えました。残念ながらコンセプトを語れるほど、わかってませんけど……。 
    (2017年10月09日 22:41:27)
open/close この記事にコメントする



link permalink

Linux の CMA と THP その 2

昨日(2017年 9月 29日の日記参照)の続きです。各問題への所感です。

THP が CMA を使い切っちゃう問題

THP を諦める、すなわち CONFIG_TRANSPARENT_HUGEPAGE を Linux の config で無効にしてしまえば回避できます。

私の場合 THP は無くてもそんなに困らないですから、仮に THP か CMA の排他的二択が Linux の現状の仕様だったとしても構いません。

ユーザプロセスが CMA 全然使わない問題

今のところ調整方法もへったくれも見つけられず、本当にどうしようもなくて困っています。

Buddy Allocator を書き換えて MIGRATE_CMA から先にページ割り当てするように改造したところ、ユーザプロセスもドライバもそれなりにご機嫌に動いていますが、魔改造なことこの上ないでしょう。

誰が使ってるのこれ?問題

このデバイスは CMA 使ってる、とか、お前の確認方法は間違っているとか、何か知っている人が居たら愚かな私に教えてほしいです……。

Android デバイスなら adb で繋いで /proc/meminfo 見たときに CmaFree って項目があれば CMA を使っているはずです。

もしくは古いカーネルだと /proc/buddyinfo に CMA という項目があるかもしれません。

[編集者: すずき]
[更新: 2017年 10月 6日 01:53]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



こんてんつ

open/close wiki
open/close Java API

過去の日記

open/close 2002年
open/close 2003年
open/close 2004年
open/close 2005年
open/close 2006年
open/close 2007年
open/close 2008年
open/close 2009年
open/close 2010年
open/close 2011年
open/close 2012年
open/close 2013年
open/close 2014年
open/close 2015年
open/close 2016年
open/close 2017年
open/close 過去日記について

その他の情報

open/close アクセス統計
open/close サーバ一覧
open/close サイトの情報