日々

link permalink

自宅の光回線が遅すぎる

最近、やたら画像の表示が遅くて、ニコニコ動画はローディング画面しか出ず全く使い物にならないです。

なんでかと思ったら、フレッツ光の回線が 300kbps 位しか出なくなってました。ルーターや ONU を再起動しても変わらず。

ドコモ光にしてからネット周りはろくなことが無い……。

(補足)
別にドコモ光のせいで遅くなっている訳じゃ無いけど、うまく動いていたモノに要らんことするとろくなことがないなーと思った。

メモ: 技術系の話は Facebook から転記しておくことにした。

[編集者: すずき]
[更新: 2017年 3月 5日 20:16]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

我が家のメディア環境

PC や NAS に置いてある動画ファイルをスマホ、テレビなどで見たいとき、みなさん何をお使いでしょう?我が家では主に DLNA を使っています。

DLNA ざっくり解説

世の中に「DLNA 対応機器」と書いてあるモノはたくさんありますが、全部同じことができるわけではありません。下記 4つの役割(サーバ、プレーヤ、コントローラ、レンダラ)のうち、1つ以上の役割をこなせる機器を指します。

  • サーバ: 動画データの供給を行う、DMS(Digital Media Server)と呼ぶ
  • プレーヤ: コンテンツの検索、動画データの再生を行う、DMP(Digital Media Player)と呼ぶ
  • コントローラ: コンテンツの検索、レンダラに再生指図をする、DMC(Digital Media Controller)と呼ぶ
  • レンダラ: 動画データの再生を行う、DMR(Digital Media Renderer)と呼ぶ

DLNA の規格(3-Box Model)を最初に見たときは「DMP を DMC と DMR に分けた意味って何?DMP で良いのでは?」と思いましたが、スマホが当たり前になってきた現在では、DMC+DMR の方が使い勝手が良いです。

試しに 2例考えてみましょう。

一家で集まって、テレビで NAS に入っている運動会(発表会でも映画でも何でも良いけど)の動画を見るとします。このときテレビを DMP として使う例と、スマホを DMC+テレビを DMR として使う例を考えてみます。

テレビを DMP にする場合

テレビを DMP として使う場合、テレビの DLNA 機能を使って(おそらくリモコンで)コンテンツを探すことになります。

目的のコンテンツを探すためには、リストをスクロールするなり、検索ウインドウに文字を打つと思います。しかしテレビのリモコンはスクロールも文字入力も苦手で、イライラします。

何より一番ダメな点は、コンテンツ検索のためにテレビ画面を占有することです。訳のわからん検索画面を延々と見せられる家族の気持ちになってみてください。辛いですよね。

スマホを DMC、テレビを DMR にする場合

スマホを DMC として使う場合、コンテンツの検索はスマホでできます。リストのスクロールも速いし、文字入力も慣れた物だと思います。

テレビは DMR なので本当に「動画再生しか」しません。動画再生、停止の命令もスマホから出せますので、その気になればリモコンを触る必要すらなく、テレビの画面をコンテンツ検索のために占有する必要もありません。

我が家の構成

DMS はファイルサーバにて MediaTomb(たぶん公式サイト)を動かしています。

DMP は Panasonic のレコーダ DIGA、テレビ VIErA(DMR としても使う)、PlayStation 3 があります。

DIGA は DMP としては遅くあまり使いません。VIErA はそこそこ速いので大抵これで再生しますが、音楽がなぜか全滅で、動画も場合によってガクガクしていて見るに堪えないことがあります。PlayStation 3 は速いし再生も良好ですが、起動するのが面倒だし、深い階層のファイルが見えなくて困ることがあります。

たまにどれを使っても再生できないときがあるので、その時は DLNA を放棄してミニ PC で再生し、テレビに HDMI 出力しています。まだまだ PC レスという訳には行きません。悲しい。

PS Vita は DLNA に対応していないのかと思っていたのですが、いじくり回していたら、naspocket が DMP として使える(※)ことがわかりました。テレビには映せませんが、画面がテレビより綺麗に感じます。1人で動画を見るには良いかもしれません。

(※)その後調べたら PS Vita は DLNA に対応していますか? | PlayStation.com に書いてあった。

[編集者: すずき]
[更新: 2017年 3月 5日 22:07]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

ネットが絶不調

うーん、今日もインターネットへの速度が 300〜500kbps しか出ない。

フレッツ速度測定サイトで試した限りでは、シングルセッションでも 70Mbps は出てるみたいだから、フレッツ網のトラブルではなさそう。

ということはプロバイダかなあ?

メモ: 技術系の話は Facebook から転記しておくことにした。

[編集者: すずき]
[更新: 2017年 3月 7日 01:21]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

勝手に何かしている Windows 10

Windows 10 は頼んでもいないのに HDD を使い倒す輩が居て、PC が全然動かなくなるくらい重くなります。

今回見つけたのは SrTasks.exe というプロセスと、前も出てきた CompatTelRunner.exe というプロセス。

SrTasks の方は調べようと思って Process Explorer を起動したら消えてしまってわかりません。ScopeRestore なんとか、という引数がチラッと見えた気がします。

CompatTelRunner の方は Process Explorer で見たら '-m:aeinv.dll -f:UpdateSoftwareInventoryW' という引数で起動していました。

以前、タスクスケジューラの Application Experience から起動されていた激重プロセスも CompatTelRunner でしたが、引数が違う(-m:appraiser.dll -f:DoScheduledTelemetryRun)みたいです。

Windows 10 は何かにつけて、私の PC というか HDD を痛めつけるので困る……。

メモ: 技術系の話は Facebook から転記しておくことにした。若干修正した。

[編集者: すずき]
[更新: 2017年 3月 7日 01:27]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

Windows 10 の謎のプロセス

Windows 10 は CompatTelRunner.exe と aeinv.dll を使って何かしている(HDD を使いまくってメチャクチャ重い)のだけど、どこから起動しているのかさっぱりわかりません。

いい加減ムカついてきたので takeown /f C:\windows\system32\aeinv.dll で強制的にファイルの所有者を自分にして、DLL を消しました。

Windows がぶっ壊れたら、その時はその時で考えよう。

メモ: 技術系の話は Facebook から転記しておくことにした。

[編集者: すずき]
[更新: 2017年 3月 25日 12:20]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

勝手に何かしている Windows 10 その 2

先日(2017年3月7日の日記参照)、捕まえ損ねた SrTasks.exe の引数をやっと確かめられました。

ExecuteScopeRestorePoint /WaitForRestorePoint:35 だそうな。何だろうこれ……。

メモ: 技術系の話は Facebook から転記しておくことにした。

[編集者: すずき]
[更新: 2017年 3月 12日 14:21]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

やはり遅い

復活したかと思ったけど、インターネットの速度が異常に遅い。

  • 昼〜夕方は 1Mbps、深夜は 10Mbps 以上になる つまり混み合っているっぽい
  • フレッツ速度測定サイトで試した限りでは 70Mbps つまり光回線自体の混み合いではない

プロバイダかなあ?

メモ: 技術系の話は Facebook から転記しておくことにした。

[編集者: すずき]
[更新: 2017年 3月 17日 01:29]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

Windows 10 もう嫌だ

Windows 10 のエクスプローラで表示させようとすると 100% エクスプローラがクラッシュするフォルダがあるようです。昨日まで正常に動いていたのに、今日から突然こんな動きになりました。

昨日 3月度の Windows Update が適用されたようですけど、エクスプローラが何か変わったのかなあ?

フォルダを見た瞬間にクラッシュするので、設定を変えることすらままなりません。困った……。

ノート PC も Windows 10 なのですが、そちらは何ともなく、デスクトップの方だけおかしいです。

どういう条件で落ちるのか?

空のファイルを作って、a.m2v というファイル名にして、右クリックする、または「詳細」表示にする、またはプレビューを見ようとする、このうちのどれかを行うと、エクスプローラが 100% 落ちます。

別に空のファイルじゃ無くても良いんですけど、動画のデータとして成立していない *.m2v ファイルがあると、とにかくエクスプローラが落ちまくります。

あと、このファイルを Windows Media Player で再生しようとすると、メディアプレーヤが落ちます。メディアプレーヤ関係のファイルが壊れたのだろうか?

同じファイルを再生しても、ノート PC の Windows Media Player は「再生できない」と表示するだけで、落ちません。

ファイルサイズも同じだし、バージョンはどちらも 12.0.14393.82 で同じでした。一体、何が違うのだろう?

[編集者: すずき]
[更新: 2017年 3月 17日 01:37]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

Windows 10 嫌い

エクスプローラが落ちまくる件が、未だに解決できません…。

Windows Media Player で Preview したときに落ちてるんだろうと思って、
HKEY_CLASSES_ROOT\.m2v
をリネームしたけど、ダメ。

ファイルプロパティ(長さとか評価とか)を見に行って落ちてるのかと思って、
HKEY_CLASSES_ROOT\SystemFileAssociations\.m2v
をリネームして、プロパティが何も出ない状態にしたけど、それでもダメ。

Windows Media Player が存在すること自体がダメなのかもしれないので、takeown で Windows Media Player のディレクトリごと所有権を変えて、削除し、Windows Media Player は誰も触れない状態にしてもやっぱり落ちる。何でよ?

さらに、
HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Explorer\FileExts\.M2V
をリネームして、エクスプローラ上ではアイコンすら出ないのに、やはり右クリックしたり、プレビューしようとすると落ちる。

一体何を見てるんだ?

もう嫌だ。Windows 10 嫌い。

諦めました、さようなら Windows 10

再起動したら、既にウイルス対策ソフトをインストールしているにも関わらず、Windows Defender が起動してハングするわ、リモートデスクトップを許可しているのに繋がらないわ、スタートメニューが出ないわで、もう何が起きているのかわかりません。

復旧は諦めて、これを機に Windows 10 にもさよならします。次は Debian か Ubuntu にしよう。

[編集者: すずき]
[更新: 2017年 3月 17日 03:06]
link 編集する

コメント一覧

  • windowsがクソなのは変わらない 
    とりあえずこれで回避できました↓
    http://metatag.blog.jp/archives/52172393.html 
    (2017年03月19日 01:53:00)
  • すずき 
    >windowsがクソなのは変わらない さん

    ありがとうございます。教えていただいた設定は既にしていて、ファイル一覧の表示はできていますが、右クリックや、ドラッグしたときに必ず落ちてしまうので困っていました。
    もう Windows ごと消してしまったので何が原因かわからないままとなりましたが……。 
    (2017年03月21日 10:01:36)
  • hdk 
    http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1050379.html
    どうも今回の Windows Update に問題があったようですね... こちらでは今月の Windows Update を今日初めて実行したのに最初このパッチはなぜかインストールされず、エクスプローラーで動画ファイルを操作しようとするとエクスプローラーのウインドウが固まる状態になっていました。もう一度 Windows Update をしたらなおりました。この品質、Debian でいえば testing や unstable かと (^^; 
    (2017年03月25日 23:56:02)
  • すずき 
    >hdk さん
    情報ありがとうございます。不具合だったんですね……。検証すり抜けてしまったんでしょうねえ。
    Windows はもう消しちゃったんで Debian の Testing で頑張りますわー。 
    (2017年03月26日 15:07:47)
open/close この記事にコメントする



link permalink

こんにちは Debian

Windows 10 にさようならして、デスクトップ PC に Debian GNU/Linux をインストールしました。

Linux のデスクトップ環境を使ったことはほとんどなく、どれが良いのかさっぱりわからなかったため、Live DVD にも採用されており一番新しそうな LXDE にしておきました。

離れて知るリモートデスクトップのありがたみ

Windows 10 のときはリモートデスクトップを使っていたので、Debian では代わりに TightVNC Server を使っていますが、どうも不便です。

最初に困ったのが、日本語入力です。TightVNC Viewer は「半角/全角キー」を送出しません。無視してくれるならまだしも、間違って押すと Ctrl 押しっぱなしの変な状態で固定されてしまいます。辛い。

次に困ったのが、解像度が固定されていることです。リモートデスクトップはクライアント側がデスクトップの解像度を選択できます。VNC Server はサーバ側の起動時に選んだ解像度で固定され変更することができません。解像度の違うマシンから繋ぐときに画面サイズが合わなくて、使いづらいです。イマイチ。

IntelliJ IDEA が動かない

最近の趣味プログラミングは Java で書くことが多いので、Java の開発環境である IntelliJ IDEA を使いたいのですが、Debian Stable は Open JDK のバージョンが 7 と古くて IntelliJ IDEA が起動しません。困った。

NAT 内だし、外部に公開するサーバでもないので Stable を選択する意味はほとんどないはず、です。Testing なら Open JDK 8 なので、今度 Testing に入れ替えようと思います。

[編集者: すずき]
[更新: 2017年 3月 23日 23:36]
link 編集する

コメント一覧

  • IKeJI 
    両方がLinuxだと、xpraというのをリモートのGUI操作に使ってます。
    画面サイズを気にしなくていいので良いです。
    InteliJはパッケージじゃなくて手で入れた方がいいかも。 
    (2017年04月09日 14:11:50)
  • すずき 
    >IKeJI さん
    片方が Windows なんですよね。残念……。でもせっかく教えていただいたので xpra 試してみます。

    日記の方は、説明がわかりづらくて申し訳ない、IntelliJ は Debian の Stable パッケージにはないので、手で入れました。その結果 Stable の OpenJDK とバージョンが合わなくなってしまいました。 
    (2017年04月09日 19:26:50)
  • IKeJI 
    Windows上で動かしてるアプリをLinuxで見るって事ですか?
    それだったら、普通にrdesktopコマンドでサイズを指定して起動すればいいと思います。

    Linux上で動いてるアプリをWindowsで見たいのであれば、
    xpraを使ったGUIフロンドエンドのwinswitchというのがあります。
    これがデモです。
    http://winswitch.org/video/
     
    (2017年04月13日 14:49:47)
  • すずき 
    >IKeJI さん
    いえ、Linux 側から Windows 側を見たいわけではないです。

    私のやりたいことは開発マシン(以前は Windows 10、今は Linux)の画面全体を見たいだけです。開発マシン以外(ノート PC とか外出先の PC とか)は単なる画面として使う、いわゆる Thin Client にしたいです。

    また日記に書きますが xpra も使ってみました。X サーバーなんですね。昔、大学の計算機に入っていた ASTEC-X を思い出しました。懐かしいです。
    もう少しトライしてみようと思いますが、今のところ、日本語が入力できないのと、Windows 側のウインドウと「混ぜない」方法が良くわからずじまいです。 
    (2017年04月14日 11:29:19)
  • IKeJI 
    なるほど。
    xpra(のクライアント)はXサーバーではなく、
    ウインドウ単位で動作するリモートデスクトップツールです。
    ASTEC-Xとかだと、ネットワークが切れるとアプリが終了しますが、これは再接続できます。

    >Windows 側のウインドウと「混ぜない」方法が良くわからずじまいです。
    自分は混ざってる方が、キーバインドなどで混乱がなくて好きなんですが…

    他のリモートデスクトップの選択肢としては、
    Chrome remote desktopというのがあります。
    https://support.google.com/chrome/answer/1649523?co=GENIE.Platform%3DDesktop&hl=ja
    もしくは、NXってのも良く使ってました。
    https://www.nomachine.com/ 
    (2017年04月15日 01:00:21)
  • すずき 
    >IKeJI さん
    なるほど。X クライアント&サーバー双方がサーバー側のマシンで動いていて、クライアントにウインドウの画像だけエンコードして送っているんですね。

    > 自分は混ざってる方が、キーバインドなどで混乱がなくて好きなんですが…
    私の場合は、キーバインドを変えないので、あまり利益を享受できませんが、カスタムする人には大きな利点だと思います。あとは好き好きですかねえ。

    > 他のリモートデスクトップの選択肢としては、...
    ありがとうございます、色々あるんだなあ……。試してみます。 
    (2017年04月16日 14:01:43)
open/close この記事にコメントする



link permalink

Debian Testing

Debian Stable だとインストールされるソフトウェアのバージョンが色々古くて、困ったので Debian Testing に切り替えました。今のところ快調です。

見た目

日本語の見た目が悲しい有様になっていたので、apt-get install fonts-ipafont fonts-vlgothic で IPA ゴシック、IPA 明朝、VL ゴシックなどを適当にインストールしました。

源の角ゴシックも使いたかったので ~/.fonts に放り込んでおきました。昔はフォントのインストールって面倒だったと思うんですが、今は ~/.fonts に入れておけば良かれにやってくれるんですね。良くわからないけど便利だなー。

[編集者: すずき]
[更新: 2017年 3月 25日 13:29]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



こんてんつ

open/close wiki
open/close Java API

過去の日記

open/close 2002年
open/close 2003年
open/close 2004年
open/close 2005年
open/close 2006年
open/close 2007年
open/close 2008年
open/close 2009年
open/close 2010年
open/close 2011年
open/close 2012年
open/close 2013年
open/close 2014年
open/close 2015年
open/close 2016年
open/close 2017年
open/close 過去日記について

その他の情報

open/close アクセス統計
open/close サーバ一覧
open/close サイトの情報