日々

link permalink

Java の次

Java の次を探して Python、Ruby、Scala、Kotlin といろいろ試していたら、何もしないうちに 1か月も経ってしまいました。

このまま迷っていても仕方ないので Python を使うことに決めました。といってもこれといった決め手がなく、モヤモヤ感が拭い去れないです。

Python はシンプルかつコードの見た目が良いのですが、Python 2 → 3 の激変っぷりに、主要な Python プロダクトが付いてこない(付いていく気がない?)ので、Python の未来が不安です。

Ruby は書くのは楽しいですが、読むのはつらいです。自分の知らない書き方がいっぱいありすぎて、全然わかりません。修業しないとダメでしょうか。

Scala はコンセプトが素晴らしいのですが、実際書いてみたら型推論や、def のカッコ有り無しの差とかが良くわからん…。Scala の何がダメということはないですが、どうも性に合いません。

Kotlin はシンプルで素敵なのですが、マイナーなせいかネットにも情報が少なく、ハマったら死にそうなので諦めました。

PyCharm

ひとまず主要な部分だけ移植してみようと思って PyCharm を起動したら、試用期間が切れていて起動しませんでした。ぬわー。

言い訳して辞めてしまわないように PyCharm の Personal License を購入して、退路を断ちました。ライセンスは購入するとすぐにメールで送られてきますので、特に待つこともなく使えます。

支払いにはクレジットカードが使えて、お値段は 99$です。高くもなく安くもない、絶妙な値段です。

[編集者: すずき]
[更新: 2013年 8月 11日 14:22]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

動的型付けとクラス

初めて触れたオブジェクト指向言語が C++ で、その次が Java だったためか、クラス宣言時にアクセス制限が厳格に決まり、コンパイル時または実行時に型チェックがあるのは当然だと思っていました。

そのためカプセル化とは public, protected, private を正しく宣言することであり、class A を取る関数に A と継承関係にない class B を渡せば、コンパイル時にエラーか、実行時に例外が発生するものだと思っていました。

しかし Python や Ruby は C++ と同じオブジェクト指向言語に分類されますが、この辺りの考え方が全く違います。

アクセス制限はなく、カプセル化は実質存在しません。Python であれば先頭にアンダースコアのついた変数、メソッドにはアクセスしてはいけない、というルールがあるだけで、簡単に壊せますし、チェックもされません。

型チェックも行わない(※)ので、class A を取る関数に継承関係にない class B を渡してもエラーは起きません。もし class A と class B が同じメソッド名を実装していれば実行時に例外すら発生しません。ダックタイピングというんでしたっけ?

(※)インタプリタやコンパイラがチェックしないという意味です、自分で型チェックしようと思えばチェック可能です。

ポリシーの違い

静的型付けとか動的型付けといわれてもピンと来ないですが、両方触ってみたら何となくわかった気になれます。印象としては神経質な静的型付け、大雑把な動的型付けって感じです。

どちらが良い悪いというものではないです。

個人的には静的型付けに慣れているのもあって、事前チェックが多い方がミスが減って好ましいです。とはいえ、試作や小物ツールを書くときチェックがうるさすぎて、適当に書きたくても書けないことも多いんで、チェックすりゃ良いってものでもありません…。

[編集者: すずき]
[更新: 2013年 8月 12日 10:07]
link 編集する

コメント一覧

  • よしだ 
    Haskell なんかは型が超厳格なかわりに、コンパイル通ればだいたい意図どおりに動くとかいうよね。
    Ruby は逆で、だいたいうごくけど魔術みたいな書き方もできる。

    そのあたり、前に見たこんな記事がおもしろかったです。
    ⇒ http://blog.practical-scheme.net/shiro/20130227-equibillium 
    (2013年08月20日 20:04:30)
  • すずき 
    記事紹介ありがとうございます。面白い視点だなあと感心しました。
    個人で作るアプリケーションだと、動かしながら更新する必要がないので、静的型付けの方が向いているのかもしれません。

    Ruby は型付けもさることながら、シンタックスシュガーの鬼だと思います。楽に書けるなら他の書き方と被っててもいいじゃん、って感じですね。 
    (2013年08月24日 23:01:02)
open/close この記事にコメントする



link permalink

BASIC と数学 C

中学時代〜高校にかけて、初学者向けの本で BASIC、C を学んでから、高校生になって、数学 C の BASIC の章を見つけました。

そのとき、数学の記号と、プログラミング言語の記号は意味が違うのに、なぜ同じ数学Cの教科書で説明されているのだろう?と疑問に思った記憶があります。

たとえは良くないかもしれませんが、数学の教科書なのに突然、物理や化学の話が書いてあるような違和感がありました。

高校の授業では大抵 BASIC は習いませんので、数学 C を先に学んだ人はどう感じるか?を確認できないのが残念ですが…。

メモ: 技術系?の話は Facebook から転記しておくことにした。

[編集者: すずき]
[更新: 2014年 3月 16日 23:56]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



こんてんつ

open/close wiki
open/close Java API

過去の日記

open/close 2002年
open/close 2003年
open/close 2004年
open/close 2005年
open/close 2006年
open/close 2007年
open/close 2008年
open/close 2009年
open/close 2010年
open/close 2011年
open/close 2012年
open/close 2013年
open/close 2014年
open/close 2015年
open/close 2016年
open/close 2017年
open/close 過去日記について

その他の情報

open/close アクセス統計
open/close サーバ一覧
open/close サイトの情報