日々

link permalink

無線 LAN のアクセスポイントが壊れた

家で使っている無線 LAN のアクセスポイント(NEC Aterm WR8700N)が壊れました。

無線の接続が途切れ途切れになり、調子が悪かったので、電源を入れ直したらウンともスンとも言わなくなりました…。

日記を見ると 2010年9月17日に登場(2010年9月17日の日記参照)していたのが一番古く、買ったのはさらに前だったと思うので、少なくとも 5年、恐らく 6年近く頑張ってくれたわけです。

802.11n(2007 年ドラフト2.0、2009 年正式規格認定)対応のハイエンドモデルだったお陰で、今までストレスなく使い続けて来られました。

お疲れさま、今までありがとう。次も NEC 製を買おうと思います。

メモ: 技術系の話は Facebook から転記しておくことにした。

[編集者: すずき]
[更新: 2015年 7月 5日 15:45]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

New 無線 LAN アクセスポイント

新しい無線 LAN アクセスポイント NEC の Aterm PA-WG1800HP2 を買いました。16,000円くらいでした。

もう一段ハイエンドの PA-WG2600HP も発売されていますが、近所の Joshin では売り切れていました。ハイエンドは売れ残るイメージが強かったのですが、意外ですね…。

ちなみに今の我が家には 802.11ac の性能を活かしきれる機器は 1つもありません。アクセスポイントさんにとっては、しばらくヒマな日々が続くだろうと思います。

仕様のメモ

後々のため、PA-WG1800HP2 の仕様をメモしておきます。

ストリーム数
3 ストリーム
アンテナ数
3×3(5GHz 帯 & 2.4GHz 帯)
無線 LAN
1300Mbps(11ac/5GHz 帯)+ 450Mbps(11n/2.4GHz 帯)

だそうです。

[編集者: すずき]
[更新: 2015年 7月 6日 01:00]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

強敵 Linaro

Mentor Graphics(旧 CodeSourcery)の ARM 向け GCC 無料版の提供が終わったので、Linaro の ARM 向け GCC(Linaro Toolchain for Cortex-A)を使ってみたら、コンパイラと一緒に入っていた glibc が自作エミュレータでは動きませんでした。

原因は glibc に含まれる Thumb-2 命令(※)です。自作エミュレータは Thumb-2 どころか Thumb すら未対応なので、最低でも Thumb と Thumb-2 に対応しないと、busybox の main 関数に辿り着けません。道のりはかなり遠いですねえ…orz

ちなみに Linaro には Cortex-M 向け GCC(Bare-metal toolchain for Cortex-R/M)もありますが、glibc が含まれておらず busybox をコンパイルできません。うぎぎぎ…。

(※)32bit 長の ARM 命令、16bit 長の Thumb 命令に続いて作られた、16 or 32bit 長という変則的な命令セットです。

メモ: 技術系の話は Facebook から転記しておくことにした。

[編集者: すずき]
[更新: 2015年 7月 6日 01:00]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

Debian armel 版が動く日は遠い

自作エミュレータで Debian の armel Versatile 向け Netboot イメージを実行させたらクラッシュしました。

なぜかコプロセッサ 14番(cp14)にアクセスしに来ますが、そんなもん実装してません。cp14 って ARM11 のデバッグハブじゃなかったっけ?何に使ってるんだろう…わかんねー…。

参考: Debian armel 版 Versatile 向け Netboot イメージ

さらに遠い armhf 版

ちなみに armhf 版もダメでした。序盤から ARMv6 の命令を叩き込んでくるので、エミュレータが未実装例外をスローして死にます。

最近の ARM 向けバイナリは大抵 ARMv7-A(Cortex-A シリーズ)用なので、動かそうと思ったら、

  • Thumb 命令を実装→ARMv5T 相当
  • ARMv6 命令を実装→ARMv6 相当
  • Thumb-2 命令を実装→ARMv6T2 相当
  • ARMv7 命令を実装→ARMv7 相当

という遠い道のりを行かないとなりません。

サンデープログラマにはキツイぜ…。

メモ: 技術系の話は Facebook から転記しておくことにした。

[編集者: すずき]
[更新: 2015年 7月 9日 00:22]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

鏡像の逆転現象

東京大学 - 「鏡の左右逆転 1種類ではなかった」を読んで。

鏡に映ったモノが「左右」反転していると感じるのはなぜか?
に東大の先生が挑んだ(で、解けた)とのことですが、プレスリリース見ても良くわからんな…。

私も過去にも何度か(2006年 1月 13日の日記2007年 1月 8日の日記参照)考えては見たものの、前後逆転をなぜ左右逆転と感じるのか、結局良くわからないままでした。

メモ: 技術系の話は Facebook から転記しておくことにした。

[編集者: すずき]
[更新: 2015年 11月 29日 04:33]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



こんてんつ

open/close wiki
open/close Java API

過去の日記

open/close 2002年
open/close 2003年
open/close 2004年
open/close 2005年
open/close 2006年
open/close 2007年
open/close 2008年
open/close 2009年
open/close 2010年
open/close 2011年
open/close 2012年
open/close 2013年
open/close 2014年
open/close 2015年
open/close 2016年
open/close 2017年
open/close 過去日記について

その他の情報

open/close アクセス統計
open/close サーバ一覧
open/close サイトの情報