日々

link permalink

あけまして

あけましておめでとうございます。今年も一年よろしくお願いいたします。

朝起きたらメジャー(Major)のアニメがかかっていました。番組表によれば 1日 6話のペースで 3日間(1/1 から 1/3 まで)の 18話連続放映だそうです。いくら番組無いからって一気にやりすぎだろ!全部見るぞ、この野郎!

今日の分のメジャーが終わったあとは暇なので、半年分の積ジャンプ(実家でとっておいてくれてる)を消費しました。半年前に読んだ続きのはずですが、全く覚えておりません。そして多すぎて読み終わりません。

[編集者: すずき]
[更新: 2008年 1月 2日 22:25]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

メジャー

昨日に引き続き午前中はメジャーを見まくり。1話終わるたび、エンディング、次話予告、次話のオープニング、の三連コンボが入るのでうざいです。

6話分だから合わせて 20分以上も歌を聴くのに費やしてます。その時間でもう 1話流せるじゃないか。ぜひカットして欲しい。こんなんでも NHK は CM がない分、まだマシな方か。

ベストでんき

妹が携帯音楽プレーヤが欲しいと言っていたので買ってあげました。iPod は無意味に高いのでやめて、横にあった D-snap にしたそうです。

黒色の商品カードを持って行ったら「黒は無い」と言われました。セール品なのに在庫ないの…というより商品無いならカード撤去してくれよ。妹に聞いたら何色でも良いって言ってたので、白になりましたとさ。

[編集者: すずき]
[更新: 2008年 1月 4日 20:49]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

ジャンプ

読み終わった。な、長い戦いであった…。

2007年下期は、月ジャンが休刊する(雑誌は廃刊でも休刊と言い張る)という一大事件があった影響なのか、ジャンプスクエアの宣伝をしきりに入れており、大層不安定な感じでした。ジャンプスクエアは月ジャンの連載をいくつか残した新雑誌らしいです。他の人はどこへ行っちゃったのかなあ…。

これから輝く

新連載が 4つ始まりました。以下、感想。

「MUDDY」が読み切りから連載に切り替わりました。設定が若干変わりましたが、ほぼそのままです。これは面白そうです。

「PSYREN -サイレン-」は始まったばかりですが、期待してます。いきなり異世界に吹っ飛んでしまって、1話目の現代世界の説明に意味を感じません。何か裏があったとしても 10話以内に面白くしないと打ち切られてしまい、元も子もないです。頑張れー。

「K.O. SEN」(キックボクシングのマンガ)は打ち切りの予感が…。スポーツマンガにおいて、体力取り柄の馬鹿正直主人公がのし上がるタイプは王道ですけど、正直見飽きたパターンです。これからどうやってひねるんでしょうね?

「恋愛限定。(ハツコイリミテッド)」は「いちご 100%」と同じ作者で…あとは…うーむ。それ以上説明することが無いですな。

惜しまれつつ消える

ジャンプは基本入れ替わり制なので、4つ始まると 4つ消えます。

「瞳のカトブレパス」は 15話で打ち切られました。主人公は良さそうだったのに、敵がひどくて四天王出てくる→瞬殺、というパターン。これなんてソードマスターヤマト?

「バレーボール使い 郷田豪」はギャグ作りに力尽きたのか、段々グダグダになってきて、最後はやっぱり四天王が出てきて、瞬殺されて終わりました。だからこれなんてソード(略

「ベルモンド Le VisiteuR」もやっぱり四天王(三銃士+ 1人だっけ?)が出てきて、これなんてソ(略、かと思わせて、誰も倒さずに終わった。余計ダメだろう、こんな煮え切らない終わり方じゃ。
拷問をサイコホラーの新ジャンルにしようとしたら、サイコは脳噛ネウロに、ホラーはムヒョに負けて中途半端に。冒険物に切り替えたもののワンピースという鉄板は破れずあえなく退場…と考えるとこの連載自体が作者への拷問だと思う。

「P2! -let's Play Pingpong-」が半端な所で終わっていたのも、打ち切りでしょうか。最初の何これ?って印象から、結構面白い!ってところまで行ってたのに。

鉄板の連載陣

現在の連載陣は消えそうな感じがしません。いいですねー。読んでて気になるのは以下 5つ。

「SKET DANCE」は何とも言い表せない微妙さがあります。今のままでずっと続くと思いますが、輝く名作ギャグが出てきたら切られてしまう気もします。

「エム×ゼロ」と「To Loveる -とらぶる-」は、毎回パンチラか素っ裸を出すノルマがあるように見えます。いつも脈絡無く服が消えて、主人公がその女に激突します。とらぶるはアニメ化が決まったそうですが、ゴールデンを回避しないと PTA からメチャクチャ抗議が来そう。

「D. Gray-man」の絵がボロボロになっている回が何回かありました。作者が体壊してるんじゃないかって気がしてちょっと心配です。

「特別増刊 ハンターハンター」がやっつけ仕事で何回か載せてました。10回くらい頑張って打ち切りまで持って行くのかと思ったら、途中で力尽きて再冬眠に入りました。もはや打ち切る元気もないのね…。

なつかしの

ジャンプ話はこれくらいにしておきます。また半年後に一気に読むか。

実家の自分の机を漁っていたら、SD ガンダムのカードダスが 100枚くらい出てきました。懐かしい…。

[編集者: すずき]
[更新: 2008年 1月 4日 23:16]
link 編集する

コメント一覧

  • WFDW 
    WだW 
    (2008年01月10日 14:19:16)
open/close この記事にコメントする



link permalink

しもふさ君幸せそうね

女性用下着メーカーのセシールがやってた CM では最後に「セシール〜」とコーラスが入り、フランス語で何かをボソボソっと言います(参考: セシールの CM(by YouTube))。一体何と言っているのだろう?かなり昔からの疑問でした。

上記リンクにあるムービーを見ると「il offre sa confiance et son amour.」と書いてあります。フランス語の文法なんぞ知りませんが、それほど難しい文でもないし、ネットの辞書を見つつ推測するに、

il
英語で言う it、もちろんセシールのことでしょう
offre
提供する(動詞)という意味、英語だと offer
sa
女性単数の前に来る「〜の」(所有形容詞)を表す、英語だと its とか her
confiance
信頼(女性名詞)と言う意味、英語だと confidence
et
「〜と」という意味、英語だと and
son
男性単数の前に来る「〜の」(所有形容詞)を表す、英語だと its とか his
amour
愛(男性名詞)という意味、英語だと love

なので、むりやり英語に置き換えると、
仏: il offre sa confiance et son amour.
英: it offers its confidence and its love.
となります。むりやり置き換えたせいか its, its っていちいちうるさい。連発されている it/its はセシールを指すと思われるので、このフレーズは「セシールは信頼と愛を提供します」という意味だと推測できます。

とまあ、調べたはいいんですが、実は Wikipedia で見たら書いてありました。実に便利でつまらない世の中だ…。せっかく調べたのによー。

発音は Wiki によれば「しもふさ君、幸せそうね」って聞こえるとかなんとか。何回聞いてもそうは聞こえません…。

頑張って文字に起こしてみると「いろんふさこん、ふぃおんせそもん」と聞こえます。このままでは覚えづらいので ATOK に変換してもらえば覚えやすくなる、と思ってやってみる。結果は「異論府左近、ふぃオン瀬祖もん」だった。これはかえって覚えづらくなったような…。

[編集者: すずき]
[更新: 2008年 1月 6日 03:07]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

時にはそんなこともあるだろう

悲しい一日。

A という問題を解決するために作業していたら、その副作用で別の B という問題が出ました。それでは、と B の問題を解決しようとしたらえらい時間を取られたので、これ以上やっても無駄と判断し、結局 A という問題を解決する前に巻き戻しました。

今日一日、俺は何をしていたのだろうか…orz

[編集者: すずき]
[更新: 2008年 1月 8日 22:25]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

濃霧

朝起きて外に出てみると辺り一面が霧で真っ白。この影響により朝の段階で電車が 35分〜40分ほど遅れており、駅のホームが人で一杯に埋まっていました。朝の通勤電車は 7分に 1本くらいの間隔なので、今朝は電車 5本分くらいの人数が溜まっていたことになります。

しかし 5本分の人が全員乗っても、あの体が浮くような満員電車(以前、東京で体験した)にはなりませんでした。簡単に体が浮いちゃうほど混んでる東京の満員電車ってのは、実に恐しいね。

大阪ってごちゃごちゃして狭い割に人がいない気がします。東京は便利だと思いますが人が多すぎます。どちらがいいか…うーん、どっちもどっちかな…。

所変われば電車が変わる

関西の鉄道はみんな東西方向(大阪 <-> 京都)に併走していて、南北に行けません。ちょうど今住んでいる高槻市が一番不便なポイントでして、用事があって南北方向へ行こうとすると非常に不便な思いをします。

関西の鉄道がどこもがらっがらに空いているのは、「住んでいる人」が少ないからではなくて、単に不便極まっているせいで「乗る人」が少ないだけなのかもしれないな。

[編集者: すずき]
[更新: 2008年 1月 8日 23:04]
link 編集する

コメント一覧

  • hdk 
    関西の、というよりは、日本全体でみても、車より鉄道が便利な地域のほうが少ないでしょうねー。たぶん。 
    (2008年01月08日 23:29:08)
  • すずき 
    >hdkさん
    少なくとも3大都市圏くらいは鉄道が便利であって欲しいと願いたいもんですなー。 
    (2008年01月08日 23:33:01)
open/close この記事にコメントする



link permalink

ななこちゃん

セブン・アンド・アイホールディングス(要はセブンイレブン)の電子マネー、ナナコのポイントが結構貯まったので、交換しに行きました。

交換方法がわからなかったのでセブンのサイトで調べると、レジに行って「ポイント交換して」と言うだけで良いそうな。その際 1%の手数料(端数切り上げ)がかかります。セブンのサイトでは 100円単位の交換をオススメしておりました。

今回は 606ポイント(内、手数料が 6ポイント)使って 600円分の電子マネーをもらいました。手数料は端数切り上げのため、601円になると手数料が 7ポイントになります。注意しましょう。

ポイントなんて還元率で調整すればいくらでも増減できるのに、なぜ交換手数料を取るのでしょうね?見かけのポイント還元率を上げるためかと思ったのですが、1%の還元率は見栄を張るには低すぎませんかね。

NANA ちゃんの実効還元率

ポイントをもらうとき 100円以下の端数は無視されるため、何も考えずに買うとロス金額nの平均は 50[円/回] です。そこに月の購入回数を掛けると、一月当たりポイントにならない分の金額がでます。購入回数はヘビーユーザを想定して 25[回/月] (平日は必ずコンビニ)としましょう。すると 50[円/回] * 25[回/月] = 1,250[円/月]、つまり一月で 1,250円が消える計算になります。

月の合計購入金額を仮に 10,000円とすると、ポイントになるのは 10,000 - 1,250 = 8,750円分なので、約 87ポイントです。これは目安ですので、買い方によって多少増減します。

交換時に 1%さっ引かれるので、交換すると 86円分の電子マネーになります。このケースでは 10,000円使って 86円返ってくるので、実効還元率は 0.86%となります。ちなみに還元率の最大値は 0.99%です。

最大値に近づけたければ、買いに行く回数を少なくして、一回に買う購入金額を大きくすれば効果的でしょう。でもデパートや百貨店ならまだしも、コンビニでそんな買い方しませんよね。全然コンビニエンスじゃないよ。

本来は逆じゃないか?

セブン様の思うところとしては、いつもコンビニに来るリピーターは蔑ろに、滅多に来ない人を優遇するわけです。まあ、滅多に来ない人はナナコ持ってないでしょうけど…。

客のためを思うならナナコを使うとお得だよ、楽しいよ、ってのをアピールしないと。だからリピーターになればよりお得になるよう、工夫すべきだと思います。例えば、買い物したら 1日 1ポイント!ってくらい振る舞うとかね。

[編集者: すずき]
[更新: 2008年 1月 11日 01:21]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

スパム?

中国から変なコメントが到来しました。コメント SPAM に大した防御策を取らなかったツケが回って来ました。というわけで、コメントの承認を 3秒以内に行ったら SPAM と見なして書き込ませないように変更。

これからコメントいただく方は申し訳ないですが、あまり頑張って早く押さないでください。もし失敗したと出たら、ブラウザの戻る機能で戻っていただいてもう一度投稿してください。ブラウザの機能によるところが大きいですが、大抵は書いていただいたコメントが無駄になることはないと思います。

現在の問題点:
この日記システム当初からの問題でもあるのですが、投稿を断られたときのエラー表示が非常に見づらくて、なんで断られたのかわかりづらいです。今度、もう少し親切になるように改善します。

[編集者: すずき]
[更新: 2008年 1月 11日 00:13]
link 編集する

コメント一覧

  • すずき 
    コメントのテストです。 
    (2008年01月11日 00:12:22)
  • hdk 
    うちには来てませんねー。制限かけすぎが原因かw 
    (2008年01月11日 00:58:41)
  • すずき 
    >hdk さん
    スパムが来ないように工夫してあるのは良い事ですぜ。どんな制限掛けてるんですか? 
    (2008年01月11日 01:23:47)
  • hdk 
    引数不足とかのチェックはもちろんですが、一番厳しいのは長さ制限かな? 制限をこえてるものはログにも残りません。確認画面にこたえてきたスパムはまだありませんねぇ。せっかく 2 秒以内は拒否る処理もいれたのに。 
    (2008年01月11日 21:29:21)
  • すずき 
    長さか、確かにスパムって無駄に長いのが多いもんなあ。
    時間制限突破されたらパクらせてもらいますw 
    (2008年01月12日 02:20:47)
open/close この記事にコメントする



link permalink

まちがった

この日記システム、間違って変な日に書いてしまうと上書きは出来るけど、日記の消去ができないのはいただけないなあ…。いつか改善だな。

[編集者: すずき]
[更新: 2008年 8月 19日 22:28]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

珍しいメンバーで

会社の同期の人と、先輩社員の方と飲み会でした。いつもと違うのは同期でありながら、実はあまり会ったことがないメンバーだったことかな。

一次会、山ぼうしの花さいた(大阪市北区、阪急グランドビル)でした。初っぱなから料理が赤い…。とはいえ韓国料理の割には辛くないと思います。おいしいです。

二次会は梅田の竹取物語(大阪市北区)でした。入り口でなぜか小学校のプールのニオイがしました。巨大水槽が飾ってあるせいだろうか?店内は橋が架かっていたり、やたらと高低差があったりと不思議な作りになっていました。酔っぱらって歩いていたら柵乗り越えて落ちてしまいそうです。

[編集者: すずき]
[更新: 2008年 1月 16日 21:42]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

神戸〜

同期の友人と神戸旅行へ。良く考えてみると男七人集まって、おしゃれな街、神戸へ…ってのはちょっと異常な風景ですね。

まず三宮駅で昼食、その後は元町駅から神戸駅まで続く高架下の商店街を歩き通しました。元町駅の近くは服屋、靴屋、アクセサリ店が多いですが、遠くなってくると秋葉原のジャンク屋「だけ」を集めたような風景に。やたらとビデオデッキが売られていた。しかし昨今の不景気のせいか、ガレージが降りているところが多かったです。寂しいね。

駅から神戸港に向かいました。港って寒っっ!!ウミネコがたくさんいて、通行人から餌を欲しがるものの、人が怖いのかあまり近づかず、モジモジしているうちにずうずうしいハトが全部取ってしまい、あわれウミネコ達はみょーみょー言いながら飛び去っていきました。この文章だと伝わらないと思いますが、寒い中とっても和んだってことよ。

ウミネコで和んだ後は、港にある震災記念碑?へ。ボロボロになったコンクリや斜めになってしまった電灯などがそのまま保存されていました。地震はこえーなあ…。帰路は食べ歩きながら三宮まで。最後に梅田でビリヤードして解散しました。

今日は昼のそばめしに始まり、神戸の中華街、デンマークチーズケーキ(下記写真)、絶品!のチョコレートデザート(La Pierre Blancheラ・ピエール・ブランシェ)、明石焼き、とずっと食べ歩きの一日でした。


ケーキの上にチーズが載っていて斬新

え、神戸のウインドーショッピング?流行のショッピングモール?何それ?食べられるの?男七人でそんな所行くかっつーのー!

[編集者: すずき]
[更新: 2008年 1月 19日 15:41]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

PS3 を尋ねて三千里

次の PS3 から PS2 とハードウェア互換じゃなくなると聞いて、Sena 氏が PS3 を猛烈に欲しがっていたので、探しに行きました。

PS3 ソフトの不振もあって PS3 本体も人気があるとは言えず、どのおもちゃ屋でも相当余っていた記憶が強いです。だから余裕で買えるだろうと思っていたんですが、甘かった、アマアマだった…。

1店目ジョーシン、売り切れ。2店目ヤマダ電機、売り切れ。3店目コジマ電機、売り切れ。4店目ジョーシン、売り切れ。転売屋の奴らも元気だな、よくやるよ!なんていいつつ、5店目ゲオ、やっぱり売り切れ。どの店に行けども行けども全くない。目の前に踊るは「売り切れ御免」の文字ばかり。

段々疲れてきたので、終わりにしようと思い 6店目ミドリ電化に行ってみると…うおおお!あった!!場所が悪くて車でしか行けず、一見してゲーム機と縁がなさそうに見える店、という条件が当たりでした。

早速 Sena 氏が購入。まだあるみたいだったので、自分も PS3 を買おうかなあと悩んでいたら、目の前でおっさんが最後の一台をさらっていきました。

お、俺の PS3 が…目の前で売り切れるなんて…orz
って思ったけど、よく考えたら俺ってば出かける前まで PS3 欲しいなんて欠片も思ってなかったじゃないか。探し回ってやっと見つけたものだから、テンション上がってたんですね。危うく 7kg のゲーム機を買うところだった、アブねーアブねー。

[編集者: すずき]
[更新: 2008年 1月 16日 22:31]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

頼むよ赤帽さん

某配達業者のことではありません。会社で使っている(というかこれしかない)赤帽 Linux こと Fedora Core 3 のことです。いつもは何 Linux だろうが、ちゃんと動けばいいんですけどね。今日はあまりのダメっぷりに…久々にイラっと来たな。

最初は Subversion にソースツリーを import でぶっ込んでたら、いきなり svn が Permission Denied エラー。エラー対象を見てもさっぱり分からんので、もう一回 import すると、今度はリポジトリのファイルが読めんと抜かして止まる。何回やってもどこかでヘバってしまい、コミットまで行きません。

ところが VirtualBox に Debian と Subversion 入れて同じソースツリーをぶっ込んでみたら、何事もなく import されました。えぇー…?

恐らく Subversion が古い(1.2.x だったかな)からだろう、と思い yum update を実行。yum ってもっさりだけど、お手軽でいいですね…って、何?エラー?お前もかよ。

yum = やっぱりアップデートが面倒くさい、の略

設定を見ると yum のリポジトリサーバの指定が間違ってたので、直す。再び yum update するが、ダメです。今度は header is not complete と言われ、パッケージがダウンロードされません。

ネットで yum FAQ を見るに、yum は HTTP/1.1 を正しく理解するプロキシじゃないと、ダウンロードに失敗するらしいです。FTP を試して見るも、ブラウザからは見えるのに、yum はご機嫌斜めです。会社のプロキシ(というかコンテンツフィルタか)がゴミすぎなのも多分に悪いけど、yum は HTTP/1.0 で頑張るって頭はないの?

パッケージ&リポジトリを別途落として、ローカルにアップデートサーバを建てる、という方法もありますが、なぜ yum ごときにそこまでせにゃならんの?マンドクセ('A`)

というわけで yum も諦め、ちまちまと import していたらかなりの時間が…。なんというか、金の無駄だなあ。

[編集者: すずき]
[更新: 2008年 1月 16日 23:08]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

ミレニアム

今はグラフィックアクセラレータといえば、nVidia か ATI か Intel くらいなものですが、一昔前までは各社の群雄割拠状態でした。VooDoo とか PowerVR とかどこ行ったんだろう。ああ、Millennium ってのもあったなあ…。

と思いきや Matrox Millennium P690 が出たらしい。Millennium をまだ作っていたとは…知りませんでした。Windows Aero は使えませんが、ファンレス&省電力が売りのようです。最近のグラフィックカードは速いですが、アホみたいに電気を食うしファンが爆音ですからねえ。

マザーボードにグラフィック機能がなくてグラフィックカードを探しているけど、さほど描画性能はいらない、なんてレアケースに対応できるかも知れません。

[編集者: すずき]
[更新: 2008年 1月 17日 23:07]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

ダブルドア

この前実家のある北海道に帰省したとき、当然ながら北海道の電車に何度も乗りました。そこで思い出したのが「北海道の電車はドアを二回くぐる」って話です。

普通の電車は、電車と電車の間を繋ぐドア、電車と外を繋ぐドア、の二種類しかありません。しかし北海道の電車には、客室内と客室外を繋ぐドア、があります。

この電車は内地では走っていないので、説明しても皆さんピンと来てくれません。というわけで写真撮ってきたんだぞ。


電車のドア(左)と、室内のドア(右)

左側のドアから外の景色が見えていることからわかるように、左側が電車と外を繋ぐドアです。右側にも見慣れないドアがあって、いすが見えますよね。

もう一つの特徴は、壁一面が真っ青&スズランで埋め尽くされていること。


壁の模様拡大図

北海道に住んでいたときは何とも思わなかったですが、今思えばかなり異様。青くするのは構わないけど、ここまで鮮やかな青にする必要があったんだろうか。

この話は前々から書きたかったんだけど、今になって思い出したんだ。

いつからか

JR 東日本や JR 西日本では Suica や ICOCA を導入してからというもの、マスコットキャラのペンギン(東日本)と、カモノハシ(西日本)が前面に出てくるようになりました。

実は JR 北海道にもマスコットキャラが居ます。雪男ですかね?なんかもさもさしてます。


もさもさしたマスコット

IC カードがどうのこうの言い出すより前から居る気がします。かわいいかと言われるとどうなんでしょうね…。自分は客に媚びない感じがして好感が持てます。ずっとこのまま微妙なスタンスで居て下さい。

九州や東海も居るのかな?ご存じの方は教えてくださいな。

[編集者: すずき]
[更新: 2008年 1月 19日 16:08]
link 編集する

コメント一覧

  • hdk 
    TX は TX のキャラクターが使われていますね。鹿児島市営バスのドアーにはカニの絵があったと思うのですが、これは他社でも使えるようなものだとおもいます。
    ドアで探していたら↓こんなの見つけました。
    http://mito.cool.ne.jp/busbybus/doanigochuui.html 
    (2008年01月19日 18:25:49)
  • すずき 
    >hdkさん
    電車ドア専門のサイトですか。マニアック…!
    カニの絵の警告はどこかで見たことある気がします。カニに指を挟まれて「いたいよー!」って子供が泣いてる怖い絵だったな…。 
    (2008年01月20日 13:49:58)
  • かわさき 
    ダブルドアの車両なら,以前は常磐線でも走っていたんですけどね.天井に扇風機が付いてるぐらいかなり古い車両でしたけど. 
    (2008年01月21日 06:25:35)
  • すずき 
    確か高校生の時は天井に扇風機が付いてる電車(いかにも古くさい赤い電車)も走ってた。
    さすがに千歳線にはいなさそう。地方の路線なら居るかも。 
    (2008年01月21日 21:19:34)
  • 北のモジャくん 
    はじめまして。
    モジャくんをネタにさまよっていたら、当たりました。

    >客に媚びない感じがして好感が持てます。

    そうした評価は、長年モジャくんファンをしてきた自分としては嬉しい限りです。やたらカワイイだけ、「〜ピー」とかいう名前をつけて無理にカワイく媚びたキャラが多い中、モジャくんは地道に、しかししっかりと自分の道を歩んできたキャラだと思うのです。

    今年はモジャくんが登場して20年(ちょうど青函トンネルが供用開始した時に登場した)になります。
    露出度は少ないけど、JR北海道に導入されるICカード「キタカ」に描かれているモモンガの地位をモジャくんが奪回することを願い、拙筆を閉じさせていただきます。 
    (2008年02月06日 01:53:49)
  • すずき 
    >北のモジャくん さん
    ようこそ。
    モジャ君、20才なんですね。知りませんでした。これからも JR の旅行ポスターの片隅でひっそり頑張ってくれると思います。 
    (2008年02月07日 08:37:19)
  • 北のモジャくん 
    すずきさん
    >コメントありがとうございました。
    JR北海道のモジャくん、特徴といえば生みの親が社員なんです。
    だから、というわけでないですが、もっともっと活躍してほしいなと思うのです。「ひっそりと」でなく、もっと「堂々と」。 
    (2008年02月13日 00:31:05)
  • あんどーなつ 
    京王は最近ではテレビアニメ「フレッシュプリキュア」の登場人物4人(キュアピーチ・キュアベリー・キュアパイン・キュアパッション)を用いたドア注意ステッカーが貼られています。 
    (2009年07月26日 20:18:33)
  • すずき 
    >あんどーなつ さん
    情報ありがとうございます。京王電鉄は時代の波に乗ってますね。
    アニメが終わったら…なんて余計な心配ですかね。 
    (2009年07月28日 21:21:16)
open/close この記事にコメントする



link permalink

スカっとするのは最初だけ

明日も休みなのを良いことに夜中まで Sena氏と PS3 のガンダム無双をやっていました。

ガンダムのストーリーを知らないと登場人物が何を言ってるのか意味がわかりません。ゲーム自体が面白いからそこそこ楽しめますけど、分かるに越したことはなさそうです。

幸いなことに Sena氏がガンダムに詳しかったので、こいつ誰、何者?って聞きまくりながら 2人で遊んでました。

ボスが硬いので連続で叩きたいのですが、無双技で暴走して敵を見失い、後ろからぶん殴られて死ぬ、ってパターンが多かったです。相手の方に素早く向き直るコツはないのでしょうかね。

[編集者: すずき]
[更新: 2008年 1月 20日 14:15]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

そんなミラクル

車を車検に出してきました。昨日、近所にある三菱のディーラーに予約を入れたのです。

地図によるとディーラーは R171 沿いらしいので、R171 をひた走る。すると三菱のお店を発見。お店の人にご挨拶。車検の話を聞いてみると車検のご予定は伺っておりません、とのこと。へ、なんで?
私「○○さんにお願いしたのですが。」
店「はい、○○は私ですが、予約は伺っておりませんが?」
私「あれ??昨日予約しませんでしたっけ?」
店「い、いいえ??」
こりゃ何事よ?と思ってたらお店の方が、

店「…ああ!もしかして高槻店をお探しですか?」
私「はい?そうです。こちらですよね?」
店「いえここではなくて、もう少し行ったところにあるんですよ。」
私「え…えぇ!?」
この時点で初めて店を間違ったことに気づく。両店とも近くにあって、偶然ですがどちらの店にも同じ名前の方が居たようです。なんて複雑な…。

そのまま車検をお願いしても良かったのですが、既に予約してしまったのでそうもいかず。お店の人に謝り倒しながら出てきました。ご迷惑をおかけしました。

[編集者: すずき]
[更新: 2008年 1月 20日 17:08]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

電車のドア

子供がカニに指を挟まれて「いたいよー!」と言っている怖い電車のドアステッカーがあったはず、という記憶を頼りに調べてみました。

JR 北海道以外で自分が乗ったことのある路線というと、札幌市営地下鉄くらいなものでしょう。ネットで探すと簡単に見つかったのですが、なんと子供じゃなくてクマでした。しかもカニなんて全くどこにも描いてない。どこから沸いてきた記憶なんだか…。

JR 北海道

先日ご紹介(2008年 1月18日の日記参照)した JR 北海道のマスコットキャラクターの雪男?は「モジャくん」というそうです。どうでもいいですか、そうですか。でもまだ続くもんね。

モジャくんは旅行のパンフレットなどに描いてあったこともありましたが、最近めっきり姿を見かけません。このままでは今年の秋に導入予定の IC カード「Kitaca(キタカ)」のマスコットキャラ(エゾモモンガ)に駆逐されてしまいそうです。ぜひ頑張っていただきたい。

Kitaca は何だかぱっとしないですね。白黒のモモンガが Suica のペンギンと似てるし、緑色基調なのも似てる。同じデザイナーに頼んだんだろうか。

[編集者: すずき]
[更新: 2008年 1月 24日 22:02]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

飲み会

飲み会に誘ってもらったので「行きます」って返事しました。夜、再びメールが来て、飲み会が無くなったとのこと。

だけど、別の飲み会が開かれることになったらしいのでそちらに行きました。飲み会は不滅です。

眠気は危険です

話題が運転中の眠気の話になり、友人が「眠くなってくると、視界が暗くぼやけるというか、例えるなら映画の黒い枠みたいになる。」と言っていました。私も同じような体験があるのですが、なるほど言い得て妙です。

こういう状態になってるのは確実にまずいわけで、即車を止めて休むべきです。が、当の本人は気づかないから、困っちゃうわけです。下手したらどこかに激突しますが、私や友人は幸運なことに事故らなかったため、続きも見たわけですよ。

しばらく映画の黒い枠状態が続いた後に、どういうタイミングかわかりませんが、一気に目が覚めるポイントが訪れます。一瞬で眠気がゼロになって、視界が晴れ、頭が冴えます。そのあまりのギャップに初めて「今まずい状態になっていた!!」と気づくのです。

気づくのが遅すぎとお思いでしょうけど、本当にこんな感じでした。もちろんこれは確実に良くない状態なので、絶対に寝不足で運転しないでください。私も二度と体験したくないですね…。

[編集者: すずき]
[更新: 2008年 1月 28日 22:23]
link 編集する

コメント一覧

  • hdk 
    夏に高速道路 1,000km 以上走りましたが、さすがにそこまではいかなかったなぁ。夜中はちょっと休んでちょっと走っての繰り返しでした。(寝れないので走る→やっぱ眠いから次のSA/PAで休む→...) 
    (2008年01月28日 22:47:40)
  • すずき 
    >hdkさん
    疲労とか眠気が原因なので、休み休みきちんと走れば距離は問題にならないってことですねえ。
    私が体験したときも、近所の道でしたし…。 
    (2008年01月28日 23:10:00)
open/close この記事にコメントする



link permalink

激寝

夕方まで寝てた。やっぱり一週間に一日はこういう日がないといかんね。

[編集者: すずき]
[更新: 2008年 1月 28日 22:23]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

車が返ってきた

車検が終わったらしいので車を取りに行きました。

取りに行くと書きましたが、実は車検に出すとき代車が借りられなかったので足がありません。なので、販売店の営業の人がわざわざ迎えに来てくれたわけです。親切な方ですなあ。

車の販売店に行くなんてそうそう無いし、ランサーエボリューション(店先に飾ってあった)に試乗させてくれー、って言えば良かったなあ。

最近の車

最近の国産車は必ずしも日本人にウケが良いとは思えません。自動車メーカーのやる気がなくなったのでしょうか?実はそうではありません。最近の日本車は「世界戦略車の日本バージョン」であって、日本向けに一から設計された物ではないのです。

詳しくは日経の記事(日本で売っても儲からない、だから世界戦略車で勝負)を参照いただきますが、ざっくり言ってしまうとまずはどの国と決めずに平均的な車を設計して、それから各国向けにカスタマイズした車を設計するのだとか。

そんなことをして日本で売れなくなっても良いのか?と思われるかも知れませんが、日本で売れなくてもどうということはない…がメーカーの本音でしょう。

日本は豊かな国ですが、自動車メーカーが多数ひしめきあっていて利益は出ないし、今後は少子化で購入層も減る一方です。日本は世界戦略の一部を担うどころか、全くうまみのないお荷物になりつつあります。今後も日本仕様は軽視されること間違いなしで、寂しい限りですね。

[編集者: すずき]
[更新: 2008年 1月 28日 22:23]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

遅くたって枯れたって馬鹿にはできない

どこの会社もそうだと思いますが、情報漏洩対策で USB メモリだの CD-R だのといった記録媒体を会社内に持ち込むことは原則禁止されています。

普段はそんなこと気にならないのですが、PC の再セットアップの際にイーサネットカードのドライバが見あたらないとき、非常に困ります。別のマシンから持ってこようにも、移す手段がありません。

今日まさにその状態にはまってしまって困ったんですが…。窮地を救ったのはシリアルポートでした。

Windows にはハイパーターミナルという素敵ソフトが大抵入っていて、そいつを使うとシリアルポート経由でファイルを転送可能です。Linux などの UNIX 系 OS でもシリアルポート経由でファイルを送る手段はあるはずです。

速度はせいぜい 115.2kbps(14.4KB/s)で、けして速いものではありませんが、シリアルポートさえあれば必ず使えるので助かります。おおよそどの OS にもドライバがある、というのは枯れきったデバイスたるシリアルポートの利点でしょうねえ。

しかし最近のノート PC などはシリアルポートが無いものも多いし、この手段も廃れつつあるのかな…。

[編集者: すずき]
[更新: 2008年 1月 28日 22:40]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

3倍速い

Java でプログラムしていたら妙な現象に気づきました。

  • Component.createImage か Component.createVolatileImage で大きめのバッファ(少なくとも 800x600 くらい?)を作ります。
  • バッファに何か(ここでは fillRect)描きます。
  • バッファの内容を Component に drawImage してコピーします。
  • 特定の待ち時間(11ms 〜 19ms)を指定した Thread.sleep を呼び出します。

以上の処理を行うループを回していると、PC の時計が 3倍くらいの速さでどんどん進んでしまいます。バッファに何も描かずに drawImage するであるとか、20ms 以上の時間を sleep に指定した場合には、問題ないようです。

バッファに描いて drawImage して sleep を呼んで待つ、というパターンはゲームでありがちな処理だけに困ってしまいます。何が悪いのかさっぱりわからない。Java とその内部に詳しい人が居たら、何が起きてるのか教えて欲しいところです。

それともなんだ、地球のために CPU パワーを食う Blit ではなく Flip にしなさいっておぼしめしなのか…?

検証コード

検証に使ったコードは以下の通りです。

TestClockSkew.java

import java.applet.*;
import java.awt.*;

public class TestClockSkew extends Applet implements Runnable {
    Image i;

    public void init() {
        i = this.createImage(800, 600);
        
        Thread t = new Thread(this);
        t.start();
    }
    
    public void run() {
        while (true) {
            Graphics g = i.getGraphics();
            g.setColor(new Color(0, 0, 0));
            g.fillRect(0, 0, 500, 500);
            g.dispose();
            
            this.getGraphics().drawImage(i, 0, 0, null);
            
            try {
                Thread.sleep(11);
            } catch (InterruptedException e) {
            }
        }
    }
}

当初は実際に動作するアプレットを貼りつける予定でした。しかし実行したところで、黒い画面が出るだけで何も面白くないうえに、もし皆さんのマシンの時計が狂ったりしたら大迷惑なのでやめました。

[編集者: すずき]
[更新: 2008年 2月 15日 01:07]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

食べるな、と来たか

大好きな蒟蒻畑をダイエーで 3袋くらい買ってきてもさもさ食ってたら、一瞬でなくなりました。しかも食べ過ぎて具合悪くなってきたし…。

それはさておき、蒟蒻畑の袋に「高齢者と子供は食べないで」というイラストが入っていることに気づきました。以前は裏側に「気をつけて食べて」とか「スプーンで食べて」という注意書きがあっただけだった気がします。


蒟蒻畑の袋

袋の表にしっかり描いてありますね。右下のマークの部分を拡大すると、以下のような具合です。


蒟蒻畑の袋、拡大図

食べるな、とはっきり描いてあります。喉に詰まらせる事故が起きる度にこの手の警告は厳しくなりますが、ついに注意や警告ではなくて禁止になってしまったようです。事故が起きまくる交差点が一時停止 -> 信号 -> 歩車分離へと進化する(?)のと似たような物か…。

[編集者: すずき]
[更新: 2008年 1月 31日 00:08]
link 編集する

コメント一覧

  • mama 
    歩車分離の次は・・・
    通行止め・・ってことはないですよね。www 
    (2008年02月01日 09:55:55)
  • すずき 
    最近の食品問題を見ると、不祥事を起こして販売取りやめってパターンも珍しくないです。起きて欲しくはないですが、次は「通行止め」ではなく「廃線」でしょうね。
    マンナンライフにはこれからも良い蒟蒻畑を作ってもらいたいです。いっぱい買うぜー。 
    (2008年02月02日 03:36:30)
open/close この記事にコメントする



link permalink

long long の罠

突然 printf の動きがおかしくなって、引数で与えた数値を表示したりしなかったりするようになりました。

で、調べてみるとこーんなプログラムになってたわけです。


#include <stdio.h>

int main(int argc, char *argv[])
{
  long long int a;
  int b, c;

  a = 0x1234567887654321LL;
  b = 200;
  c = 300;
  printf("a:%d, %s, b:%d, c:%d \n", a, "strings", b, c);

  return 0;
}

実行してみると

$ gcc a.c
$ ./a.out
Segmentation fault

見事に落ちました。

このプログラムのまずいところは変数 a は 8バイト(long long int 型)あるのに、printf には %d 書式(signed int 型の指定)と指示しているため、printf 側が 4バイトしか見ない、ってところです。残った 4バイトは次の %s 指令のデータと見なされて、その結果変なアドレスを見に行ってプロセスが死にます。

なので、この場合は %d じゃなくて %lld と書いて long long signed int 型であることを指定すべきです。正しく動いたときの結果はこんな感じ。

$ ./a.out
a:1311768467139281697, strings, b:200, c:300

整数だからといってなんでもかんでも %d にしちゃだめですよ、って教訓ですな。

$ gcc --version
gcc (GCC) 4.1.2 20061115 (prerelease) (Debian 4.1.1-21)
Copyright (C) 2006 Free Software Foundation, Inc.
This is free software; see the source for copying conditions.  There is NO
warranty; not even for MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE.

$ gcc -Wall a.c
a.c: In function 'main':
a.c:12: warning: format '%d' expects type 'int', but argument 2 has type 'long long int'

ちなみに gcc なら -Wall オプションを指定すれば、printf の書式指定が間違っていたときに教えてくれます。

the Typedef Hell!!

もちろん好きこのんでこんな状態を作ったわけではありませんので、お間違いなく…。

この問題に出会うきっかけとなったプログラムは、言うなれば「typedef 地獄」でしょうか。ぱっと見ても、整数なのか浮動小数なのか、はたまた構造体なのか…型が全くわかりません。何よりひどいのは typedef が連鎖しまくっていることでしょうか。

例えば A ライブラリの A_Type が B ライブラリの B_Type のエイリアスだったとして、その B_Type がさらに C ライブラリの C_Type のエイリアスで、それがさらに D の…というように、ひねりのない typedef が延々と続きます。

そのくせ最後まで辿ってみると無条件で typedef int X_Type;(単なる int)とかいうオチが多いので、ウザいことこの上ない。

やがて調べるのが面倒くさくなって、どうせ long か int だろって思ってなめてたら、long long int のエイリアスがいくつか混ざっていて、警告オプション -Wall もご丁寧に抹消されており、上記の問題にはまったわけです。

C 言語において、ダメなマクロの話は良く聞きますが、ダメな typedef の使い方はそうそうないと思う。

[編集者: すずき]
[更新: 2008年 1月 31日 23:42]
link 編集する

コメント一覧

  • hdk 
    型って難しいですね。昔は 16 ビットをこえる整数を扱うのに long int を使っていましたが、今は環境によっては 64 ビットになってしまいます。typedef を使うと、あとから変えるのは簡単になりますが、それはそれで読みづらい。printf みたいな変な関数が存在する C の仕様が古すぎるんでしょうか。(C++ の cout ならこの手のトラブルは起きないのかも...)
    # ちなみに x86 の 64 ビット環境なら上のプログラムはちゃんと動いてしまいますw 
    (2008年02月02日 01:02:39)
  • すずき 
    >hdkさん
    C のうまくないところは
    ・環境により int の大きさが変わる
    ・printf のような可変引数を取る関数がある
    ってところでしょうか。
    >typedef
    3連鎖以内に抑えていただければ幸せだったなー、と…(泣
    >64ビット環境
    64ビットなら問題ないっす。32ビットを想定ってのを書き忘れました。
    # そしてまた 64 -> 128 ビットの交代時に C 言語(きっと生き残っている)は同じ問題を起こすわけか…。 
    (2008年02月02日 03:17:56)
open/close この記事にコメントする



こんてんつ

open/close wiki
open/close Java API

過去の日記

open/close 2002年
open/close 2003年
open/close 2004年
open/close 2005年
open/close 2006年
open/close 2007年
open/close 2008年
open/close 2009年
open/close 2010年
open/close 2011年
open/close 2012年
open/close 2013年
open/close 2014年
open/close 2015年
open/close 2016年
open/close 2017年
open/close 過去日記について

その他の情報

open/close アクセス統計
open/close サーバ一覧
open/close サイトの情報