日々

link permalink

車検

レガシィの車検のため、奥さんと一緒に大阪スバル 高槻店に車を預けに行きました。

来週末に帰省のため車を使いたかったので、車検が 1週間以上掛かるなら代車を借りたいとお店の方に伝えたところ、見積もりをしてくれました。結果としては、時間が掛かりそうなところはなく、2日で終わるそうなので、代車は借りないことにしました。

お店に車を預けた後は、最寄りの駅(徒歩 15分くらい?)まで歩いて帰りましたけど、もうカンカン照りで暑いのなんのって。大阪は無駄に暑くて嫌いだ。

今乗っているレガシィは中古で買ったので、車検時期に文句は言いませんけど、もし将来新車を買う機会があれば、絶対に真夏だけは避けよう…と思いました。

修理ポイント

壊れている場所(部品交換する場所)はさほど無かったですが、変わり種としては「発炎筒」「エンジンカバーのクリップ」でしょうか。

「発炎筒」

実は私の車には LED 式の非常信号灯が搭載されていて、電池が切れていて光らなかったそうです。そもそも LED 式だったことすら知らなかったよ…ごめんね。いざというときに発炎筒が使えないと困るので、交換してもらいました。

お店の方曰く、LED 式より、火が出るタイプの発炎筒の方が安いし、遠くから見やすいとのことです。使用頻度から考えても LED 式にする意味は薄そうだったので、発炎筒をチョイスしました。

「エンジンカバーのクリップ」

最近の車はエンジンの上にプラスチック製などのエンジンカバーが着いていることが多いと思いますが、このカバーを止めているクリップが熱にやられてボロボロだったそうです。

仮にクリップが割れて脱落しても、ボンネットが閉まっている限りエンジンカバーがどこかへ吹き飛んでいくことは無いですが、エンジンルーム内でガタガタ異音を発し始めても嫌ですし、大して高いものでもないので、全数交換してもらいました。

[編集者: すずき]
[更新: 2016年 9月 2日 01:44]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

シン・ゴジラ

シン・ゴジラを見ました。感想を一言で言うなら「出来るおっさん超カッコ良い」。

想定外の有事(ゴジラ)発生時のシミュレーションみたいで、明日ゴジラが来たらこうなるんだろうなと感じさせる内容でした。

社会人のように何か組織に所属して、ままならず苦労したことがある人ほど、登場人物が輝いて見えると思います。自分が映画の場にいたら、日本の危機だとしても、あんな頑張れないと思うし、映画の結末程度の被害で済んだかどうか…。

これ見てしまうと、ヒーロー物は「是非もなく敵認定してぶっとばす」頭おかしい人の集団です。もうまともに見られないよ。困った。

メモ: 技術系の話は Facebook から転記しておくことにした。

[編集者: すずき]
[更新: 2016年 9月 2日 02:37]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

Kindle のバグ

Android 向けの Amazon Kindle アプリは本を長押しするとメニューが出せて、読むとか一覧から消すとか選べるのですが、一覧に本が一冊も並んでいないときは、長押ししてもメニューが出ない仕様になっています。

しかし、下記の操作をするとメニューが出ないはずの状態でメニューを出そうとして、Kindle アプリが 100% クラッシュします。

  • 5〜6冊、本を一覧に登録する(買うか、過去に読んだ奴でも良い)
  • 画面長押しでメニューを出す
  • 本を一覧から削除する

上記の操作を可能な限り早く連続で行います。

  • しばらく削除を続けると、一覧から削除する、を選んでもすぐ消えずに数秒残るようになる
  • 最後の一冊を削除したときも、やはり最後の一冊が消えずに数秒残る
  • 一覧から最後の一冊が消えないうちに、もう一度メニューを出す
  • 確実にクラッシュする

ほぼ確実にバグだと思うのですが、こんな操作する人はほとんど居ないだろうから、直っても直らなくても、誰も困らないバグのような気もする…。

メモ: 技術系の話は Facebook から転記しておくことにした。

[編集者: すずき]
[更新: 2016年 9月 2日 02:33]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

USB の電圧と電流を見よう

RouteR の USB 電圧&電流チェッカー、RT-USBVAC4QC を買いました。興味本位で買いましたが、何をしているのか良くわからない「充電 or 放電」を数値化できるのは意外と面白く、色々な充電機器に繋いで遊んでいます。

雑多メモ

電流

  • スマホ(SHARP SH-01F)の急速充電は、1.2〜1.3A で中途半端
  • タブレット(Amazon Kindle Fire HD 8.9)とモバイルバッテリー(maxell MPC-T6200WH)は 1.5A
  • スマホは本体が熱くなると、充電を止める
  • スマホもモバイルバッテリーも大抵そうですが、0%〜80% までは急速充電(1A〜)し、80%〜フル充電まではチマチマ充電(0.2A など)

電圧

  • 2個口の USB AC アダプタ(エレコム MPA-ACUCN002WF)は、無負荷だと 5.1〜5.2V、1.5A 充電の機器を 2つ繋ぐなど定格上限 2A 出力を超えると、4.5V くらいまで電圧が下がる(これでも充電は出来る)
  • ニッケル水素充電池 x2 を使うタイプのモバイルバッテリー(Panasonic QE-QV201)は 4.04V しか電圧が出ない、スマホに繋いでも充電器だと思ってくれないみたい…

あと、電流と電圧の積算値も記録できるので、電池ヘタレ度チェッカーとしても使えます。

  • 2年前に買ったスマホ(SHARP SH-01F)は、カタログスペックは 3000mAh ですが、充電できる容量は 600mAh を切っていて、電池が死んでることが一目瞭然
  • 先日買ったモバイルバッテリー(maxell MPC-T6200WH)は、カタログスペック 6200mAh で、実測で 5700mAh 近く充電でき、流石の性能

メモ: 技術系の話は Facebook から転記しておくことにした。

[編集者: すずき]
[更新: 2016年 9月 2日 02:28]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

かくれているポケモンを見つける方法

ポケモン GO が 8/9 にアップデートされ 200m 以内に居るポケモンが「かくれているポケモン」として表示されるようになったそうです。

元ネタを紹介したいのですが見当たらず(海外の記事だったと思うのですが、ご存じの方は教えていただけると嬉しいです)、ポケモン GO が 200m 以内かどうかを正確に識別する、と仮定したとき、理論上 5ステップで確実に「かくれているポケモン」に辿り着けます。

見つけたいポケモンが居る位置を F として、自分が居る位置を A とします。A は F を中心とした半径 200m の円内のどこかになります。

  • 1) 見つけたいポケモンが一覧から「消える」までどの向きでも良いのでまっすぐ進む(A → B)
  • 2) 真後ろに振り返り、再び見つけたいポケモンが一覧から「消える」までまっすぐ進む(B → C)
    このとき何歩歩いたか覚えておくとステップ 3 がやりやすい
  • 3) 真後ろに振り返り、今まで歩いてきた距離の半分だけ進む(C → D)


ステップ 1〜3

  • 4) 横を向いて、再び見つけたいポケモンが一覧から「消える」か「出てくる」までまっすぐ進む(D → E or D → F)
  • 5) 運悪く「消えた」ときは、真後ろに振り返ってまっすぐ進む(E → F)


ステップ 4〜5

余談ですが、何を思ったか私は、真夏の鳥取砂丘でこの方法を試しまして、一応成功したのですが、くっそ暑いわ、砂に足を取られて進めないわで、一撃で心が折れました。真夏の砂丘で実験したのが間違いでした…。

どれだけ歩けば「かくれているポケモン」を見つけられる?

見ただけでわかると思いますが、この方法はかなり移動する必要があります。

「かくれているポケモン」はおよそ 15分毎に更新され、居なくなってしまいますので、A 地点から F 地点まで最悪でも 15分以内に辿り着かなければなりません。

砂丘の暑さで死にそうになっていたとき「スタート(A 地点)がどこだったら 15分以内にポケモン(F 地点)と会えるんだろうか…?」と疑問に思ったので、A 地点からどれくらい移動すれば F 地点に着くか、計算してみました。


中心を見つけるまでの移動距離、作図

どうせ A 地点はどこだかわからないので、ステップ 1 で進んだ方向と同じ方向に Y 軸を取って考える、つまり図のように BC と Y 軸が常に平行になると考えても、特に問題無いはず…たぶん。


中心を見つけるまでの移動距離、ざっくり計算

上の計算が合っていると信じて、グラフにしてみるとこんな感じ。


中心を見つけるまでの移動距離

A 地点の座標(というか a の値)が分かるのは、ステップ 2(絶対に距離 2c を進むから)を終えたときです。ステップ 2 で歩いた距離(=BC 間の距離)と a の値は、下記のような関係です。


ステップ 2 と a の値の関係

ステップ 2 で a の値が分かれば、どれくらい歩けばポケモンに会えるかわかります。確実を期す場合は赤線(最悪値)を見て、残りの距離を判定してください。外しても泣かない人は、赤線と青線の間くらい(中間値)を見て歩くかどうか決めても良いかもしれませんね。

15分以内に「かくれているポケモン」を見つけられる?

歩き(時速 4km/h)で 15分だと、1km 以上は進めないので、ステップ 2 の移動距離が、300m 以上、つまり a の値が 130m 以下だと 15分以内に辿り着くことは無理な場合が存在します。


15分以内で移動できる距離の可能性


ステップ 2 の移動距離と 15分以内で到達できる可能性

運が良いと信じて歩いてみても良いですが、確実を期すなら速く移動する(自転車、走るなど)か、諦めるが吉です。

[編集者: すずき]
[更新: 2016年 8月 20日 04:15]
link 編集する

コメント一覧

  • すずき 
    これ書いたあとに気づいたことがあって、実際には F 地点の「近傍」に行けばポケモンが出てくるはずで、a が 10m や 20m になることはおそらくあり得ない(既にポケモンに出会えているはず)です。たぶんね。 
    (2016年08月20日 04:20:58)
open/close この記事にコメントする



link permalink

話しやすさと席順

会社でも友達でも良いのですが、電車など長椅子に3〜6人一列に座るとき、全く同じメンバーでも、座る位置で話の盛り上がりが変わる気がします。

仲が特別悪い人(= 全く喋らない)が居ない前提で、

パターン1

  • 真中:聞く人&話す人
  • 両端:聞かない人、話さない人

比較的会話が上手く流れるように思います。

大事なのは、真中の人みたいで、

パターン2

  • 真中:聞かないけど話す人

会話のグループが真ん中から分裂します。両端の人が話したがるとき、気まずいです。

パターン3

  • 真中:話さない人

お通夜です。大変気まずいです…。

ここからは推測ですけど、話すとか聞くとかは、あくまでも相対関係であって、
「両端の話す力 < 真ん中の聞く力」
だとパターン 1、逆だとパターン 2 なんじゃないかなと思います。

あとは見た目も違っていて、パターン 1 のときは、

  • 両端:前に体を乗り出す
  • 真中:背もたれ側に仰け反る

無意識だと思いますが、お互い視線を塞がず、全体が見えるようにしている?のかな?合理的だなあと思いました。

逆に真ん中の人が乗り出していたり、どちらか一方向を向いていると、パターン 2 になっている場合が多い気がします。

私は両端が落ち着くことが多いかな…。

メモ: 技術系の話は Facebook から転記しておくことにした。

[編集者: すずき]
[更新: 2016年 9月 2日 02:23]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



こんてんつ

open/close wiki
open/close Java API

過去の日記

open/close 2002年
open/close 2003年
open/close 2004年
open/close 2005年
open/close 2006年
open/close 2007年
open/close 2008年
open/close 2009年
open/close 2010年
open/close 2011年
open/close 2012年
open/close 2013年
open/close 2014年
open/close 2015年
open/close 2016年
open/close 2017年
open/close 過去日記について

その他の情報

open/close アクセス統計
open/close サーバ一覧
open/close サイトの情報