日々

link permalink

Google の人が来て日本語で講演していました。IBM のとき(1/26)とは違って大人気でした。クラスターの話や、スクリプト言語 Sawzall(ソウゾウって聞こえたけど、多分サウザー)などなど。
質問した平井先生の声が異常に小さい上に回りくどい言い方で、公演者の人が全然理解できず、前に居た加藤先生が言い直すまで通じませんでした。あんなに面倒な言い方しなくても良いのにね。

数年の沈黙を破って登場した IE 7 beta2 と Mozilla Suites の生まれ変わりである SeaMonkey 1.0 をインストールしました。
IE 7.0 を入れたらメッセージがいくつか英語になってしまいました。中途半端な英語化を見ると IE3 が出回ったときの悪夢(インストールすると激不安定になり、アンインストールすると Windows が死亡する)を思い出しますね…。
このページのブラウザ統計の一覧も IE 7 と SeaMonkey に対応させました。ついでに Konqueror も追加しました。ん、誰も使ってないって?

[編集者: すずき]
[更新: 2006年 11月 19日 16:16]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

OB・OG 訪問会に行きました。目当てにしていた NTT データのブースは一杯で全然聞こえませんでした。仕方ないのでアンケートをさらっと書いて帰りました。
昼から Microsoft の人が来て英語で公演していました。Do you have any questions? と聞かれても、何言ってるかさっぱり分からんから何も質問できません。英語の公演はリスニングの練習会にしかなってない。

研究室で昨日(2/1)の話を榮樂氏にしたら、へぇ〜とか言いながらマイナーなブラウザでこのサイトにアクセスしまくってくれました。おかげで色々追加する羽目になりましたよ。
このサイトのエージェントデータベースはエージェント情報とカテゴリが羅列してあるだけの単純なものです。データは手で追加しています。カウントを表示するときにエージェント情報のログを見て、データベース内のエージェント情報と完全一致するものがあれば、対応するカテゴリをカウントアップしているだけです。正規表現が使えるようにすればもっと楽だけど、単なる趣味の統計にそこまで気合入れたくありません。
要は妙なブラウザでアクセスしたり、エージェント情報を詐称しないでくださいってことさ。

[編集者: すずき]
[更新: 2006年 11月 19日 16:16]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

大学に行って、阿部さんと詰めのミーティングをしました。そのまま研究室で特許文書を仕上げ、阿部さんに送りました。ぎりぎり間に合ったかな…?
その後、TX で秋葉原へ、東京駅から夜行バス(JR 京都駅経由、JR 奈良駅行き)で奈良駅へ。隣のおっさんがおかしい奴で、乗ってからぶつぶつ何か言っててうるさいし、こちらにやたら張り出して寝るなどしてきて、マナー最悪です。奴のせいで全く眠れませんでした。
翌朝、京都駅で奴が降りたので二席使って奈良駅に着くまで存分に寝ました。夜行バスはもう嫌だー。

[編集者: すずき]
[更新: 2006年 11月 19日 16:16]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

園芸京都旅行日記。初日は奈良です。
まずは薬師寺に向かいました。金堂で坊さんの説教を聴きました。坊さん曰く、奈良にある平安時代の寺は、釈迦如来の示す過去(塔)、薬師如来の示す現在(金堂)、彌勒如来の示す未来(大講堂)(彌勒は菩薩なんですけど、未来で如来になったらしい)という時間軸を持ったコンセプトで造られているようです。知りませんでした。
それと薬師寺では葬式をしないので檀家が居らず、もし薬師寺の坊さんが死んだら別の寺から坊さんが来て葬式をあげる、という話も聞きました。変な寺だなあ。

唐招提寺は改築中だったため、見る物が無かろうと判断してパスしました。興福寺も通過しました。
東大寺では二手に分かれて、僕らは王道を行って奈良の大仏を見に行きました。周りの建物などと合わさってかなり荘厳な雰囲気です。牛久の大仏もでかいですが、あれはただでかいだけだな…。奈良はとにかく鹿だらけでした。
春日大社にも行きました。展示スペースが狭いくせに入館料がやたら高くてかなり損した気分。あまり広いのも疲れるから嫌ですけども。春日大社は真っ赤で強烈な色の建物でした。
春鹿というブランドを造っている日本酒屋で、試飲(利き酒)などして日本酒を仕入れました。自分は、日本酒がそもそも好きではありませんが、あえて飲むとすれば淡麗の辛口が合うようです。ちなみにこれは北脇さんと全く正反対の好みのようですよ。
ホテル(古っ都ん 100%)に戻り、飲み会をしました。今回珍しく下ネタが多かったのと、小磯氏の壊れっぷりが激しかったです。

どうでも良いけど園芸と研究室の両方に「小磯」さんが居るので、紛らわしいですね。でも面倒なので区別しませーん。

[編集者: すずき]
[更新: 2006年 11月 19日 16:16]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

園芸京都旅行日記。2日目は京都です。
始めに平等院に向かいます。鳳凰堂は 10円の刻印そのものでした。中で解説を受けましたが、風通しが良い造りのせいで寒いのなんのって…頼むから早く終わってくれとずっと思ってました。解説のおばちゃん、ごめんなさい。
次に伏見稲荷に向かいました。入り口がやたら渋滞していました。こっちは電車に徒歩だから関係ないものの、観光地に車で来るなよと軽い憤りを感じます。お稲荷さんを拝んでから、鳥居が連続するサイケデリックな坂をひたすら登りました。これは肝試しをしたらさぞかし怖かろうなあ。

嵐山に行きましたが、化野(あだしの)念仏寺が閉まっていました。ショック…。帰りに清涼寺に寄って、寺下さんと合流しました。ああ、そうだ、この駅でイコカを買ったのだったな。
寺下さんとともに京料理屋で晩御飯を食べて、お土産買って、新幹線組が帰るのを見送り。帰りの夜行バスが来るまで、笑笑という店で飲みました。
夜行バスは園芸のメンバーで一列確保したのでうざいお隣さんは居なかったものの、窓際だったために非常に寒かったです。夜行バスはろくなことがありません。

[編集者: すずき]
[更新: 2006年 11月 19日 16:16]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

学校に行って、小磯氏の修論発表練習を見学しました。25分の発表ですが、10分オーバーしていました。どう縮めるのでしょうか…。
阿部さんに特許の文書をチェックしていただいて、指摘箇所を手直ししてからドコモの方に送りました。
研究室に新しいノートが来たので少しずついじっています。そういえば現在使っている Let's Note は誰に渡すのでしょうね。新しい卒研生に渡すのかな?

[編集者: すずき]
[更新: 2006年 11月 19日 16:16]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

授業に行こうと思ったら、VLSI 工学特論は寝坊して行けませんでした。バイオメトリクス特論は 15分遅れましたが、行きました。バイオメトリクス特論は話が飛び飛びなので理解しづらいです。授業経験の無い先生なので仕方ないとはいえ…何を伝えたいのか良く分からない。
発表が終わったと喜んでいる大下さんとともに回転寿司を食いに行きました。スシローはなぜかいつもガラッガラに空いています。値段(100 均)も寿司も悪くないけど、場所が悪いね。学園線沿いの店は入りづらいんです。
食事のあと大下邸に灯油を運びました。そのついでにガソリンを入れました。燃費は 9.5km/L くらいかな。最近は 10km/L を切ってばかりです。街乗りメインで Stop&Go が多いせいかな。普段は車使わないから、多少燃費が悪かろうが困らないのも原因かもしれない。

[編集者: すずき]
[更新: 2006年 11月 19日 16:16]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

たまには情報らしい話でも。Debian/GNU Linux(Sarge) を前提としています。他は知らん。

Samba over SSH の実現方法の紹介〜
OpenSSH を用いたポートフォワーディングをご存知でしょうか。動作の仕組みなどの解説は他のサイトに譲るとして、ローカルの 100 番ポートへの接続をサーバ(server_machine)の 200 番ポートにフォワーディングしてくれよ、とログインできるマシン(forward_machine)にお願いするには、以下のように指定します。

$ ssh -L 100:server_machine:200 user@forward_machine

この指定だとローカルのマシンが複数のインタフェースを持っていても全てのアドレスのポートがフォワーディングされてしまい少々不便でした。そこで client1 が指すアドレスの 100番ポートへの接続のみをフォワーディングするように指定します。

$ ssh -L client1:100:server_machine:200 user@forward_machine

この機能と IP エイリアスを併用し、既存の Samba サーバにはある一つのアドレスへの要求のみを担当させ、もう一つのアドレス(IP エイリアスで割り当て)への接続はフォワーディングしてしまう、という芸当ができます。マシン 1台で、既存の Samba サーバと別のマシンで稼動している Samba サービスを同時に利用できるわけです。

ただし Sarge では OpenSSH が古い(3.8.1p1)のでローカル側のアドレス指定ができません。今回この機能は必須なのでまずは OpenSSH のコンパイルを行います。使用するバージョンは 4.1p1 です。ディレクトリの名前などは環境に合わせて適宜読み替えてください。

# aptitude install libcrypto++5.2
$ wget ftp://ftp.iij.ad.jp/pub/OpenBSD/OpenSSH/portable/openssh-4.1p1.tar.gz
$ tar -xzvf openssh-4.1p1.tar.gz
$ mv openssh-4.1p1 ~/usr/src
$ cd ~/usr/src/openssh-4.1p1
$ ./configure --prefix=/home/username/usr
$ make install

さらっと書きましたが実はこうなりません。私の場合は configure で libcrypto がないと言われます。探してみると /usr/lib/libcrypto.so.0.9.7 が居ますので

# cd /lib
# ln -s /usr/lib/libcrypto.0.9.7 libcrypto.so

と、シンボリックリンクを張ると通ります。本来は configure を実行するときに /usr/lib をライブラリのパスに指定すべきですかね。また make install が途中で止まりますが、生成された ssh のバイナリだけを ~/usr/bin などにコピーして、パスを通せば使えます。かなり適当ですみません…。
(2006年 2月22日加筆)
make install が途中で止まってしまう問題は、sshd の Privilege Separetion という機能を無効にすれば解決するようです。一般ユーザは sshd 使わないので問題ありませんね。無効にしてもインストールスクリプトが /var/empty を作りに行って失敗してしまうので、Makefile の該当する行を削るか、あらかじめディレクトリを作ると良いでしょう。

# mkdir /var/empty
$ ./configure --prefix=/home/username/usr  --without-privsep-user

次に Samba 側の設定を変更します。/etc/samba/smb.conf に以下のように書いて、一部のインタフェース(この場合は eth0)のみ listen してもらいます。


bind interfaces only = yes
interfaces = eth0

続けて IP エイリアスの設定です。とりあえず一つ割り当てます。
eth0 や別のマシンとかぶらないアドレスならなんでも OK です。

# ifconfig eth0:1 192.168.1.2 up

最後にフォワーディングを行います。どこかに SMB サービスを提供しているマシン(samba_server とする)があるとします。

# ssh -g -L 192.168.1.2:139:localhost:139 user@samba_server

エクスプローラなどで \192.168.1.2 と打てば、相手側(samba_server)の共有ディレクトリなどが見えるはずです。見えない場合は相手側(samba_server)の Samba サーバが localhost への接続を処理するようになっていない可能性があります。Samba の設定を確認して適宜、localhost の部分を書き換えてください。

以上です。ご意見、ご指摘があればお願いします。

[編集者: すずき]
[更新: 2006年 11月 19日 16:16]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

修論発表会を見に行きました。小磯氏と星野氏が頑張っていました。朝だからか人が少ないです。しかし来年から先生が一杯来るようにするという噂です。俺らが修了するまでは増やさない欲しいなんて思ったり。
Armadillo-9 にコネクタを半田付けしたら半田が全部玉になってしまいました。半田付け超下手なのがバレバレです。しかも小手が 18W しかなく十分な量の半田を溶かし切れないことがあって、余計やりづらかったです。
ま、とにかく JTAG を使えるようになったので、あとは IDS の移植をするだけです。クロスコンパイルの方法を調べておかないといけません。ところで IDS はハードウェアを叩きに行ったり、低レベルデバイスをいじるなんてしないわけで、実は JTAG なしでも開発できるんじゃないか?って少し思いました。

[編集者: すずき]
[更新: 2006年 11月 19日 16:16]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

ドコモとのミーティングでした。特許の書類を色々直さなければならないようです。
PC-Success に注文していたサブウーファ ONKYO SW-10A が届きました。まだ使っていないので感想は後日に。PC-Success はいつも発送が激遅なのに、今回はすげえ早かったなあ。何かあったの?
じょーが貴腐ワインを買ったそうです。それを志村邸に持ち込んで麻雀と飲み会をするらしいので、自分もお菓子を少々買って手土産に志村邸へ。以前飲んだアイスワインも良い味ですが、やっぱ貴腐ワインだな。甘くて濃ぃ〜いのです。

[編集者: すずき]
[更新: 2006年 11月 19日 16:16]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

志村邸で朝まで漫画読んでいたら、激しく眠くなって夜までずっと寝ていました。起きたらメールが 7件、絶対に音鳴ってたはずなのに全然起きなかったんだなあ…。
良い蹴りをいただきました。びっくりした以外何も無かったけど、3センチ下だったらやばかったかもー。

[編集者: すずき]
[更新: 2006年 11月 19日 16:16]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

買い物に行ってリクルートカバンを購入しました。恐らく就職活動にしか使わないカバン。ちょっと勿体ナス。
GX-D90 のシャキシャキ高音とつりあわない低音の無さをカバーしたいのがサブウーファ購入の理由だったのですが…どうやら自分はもう GX-D90 に慣れているようです。昔使っていた ONKYO GX-70AX を単独で聞くと、かなり曇った音に感じます。多少変でも聞いていればそれが標準になる、うーん、素人の耳なんだしそんなもんかな。
それはさておき SW-10A は小さいものの、頑張ればかなり近所迷惑な音が出ます。今はメインスピーカ(ONKYO GX-D90)の BASS を最小にして、全部サブウーファに任せています。

[編集者: すずき]
[更新: 2006年 11月 19日 16:16]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

今日は卒研生の発表があったのですが、それも聞きに行かず、特許の文章を書いていました。おかげでなんとか仕上がったかな…。

[編集者: すずき]
[更新: 2006年 11月 19日 16:16]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

授業のため学校に行きました。VLSI 特論は加算器と乗算器の話で、バイオメトリクス特論は NEC 中央研究所の人の招待講演でした。電子パスポートには顔認証が使われるのでその繋がりだそうです。
あと、バレンタインデーってことで、大下さんからプリン(パンナコッタ?)をいただきました。おいしかったです。

[編集者: すずき]
[更新: 2006年 11月 19日 16:16]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

ゼミのあと、研究室メンバーでの「卒論修論お疲れ様の飲み会」に参加しました。家に帰ってきてから、特許の奴なおしました。研究の方も進めないといけないな。

[編集者: すずき]
[更新: 2006年 11月 19日 16:16]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

ビッグベンに行って CD 借りようとしたらカードがなくて、じょーのカード使ったら「また貸し禁止なのでちゃんとカード持ってきてください」って店員に怒られました。彼がバイトの人だとしたら、ちゃんと仕事の教育しているってことですね。感心します。

その後じょーが借りたヘルシングと AIR の劇場版を見ました。ヘルシングは原作と同じ話です。漫画をアニメ化するなら原作に忠実なのが一番だと思っていましたが、いざ目の前にすると、話が分かってしまって結構つまらないね。声優のハマリ具合を見るのは楽しいけど。
AIR は意味不明でした。ヒロインの観鈴って子は、ちょっと頭のネジが飛んでるよね…実際そばに居たら結構しんどいと思うんだが。オタクの皆さんは顔がかわいい女なら何でもいいのか?

[編集者: すずき]
[更新: 2006年 11月 19日 16:16]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

新宿で行われた日立の合同説明会に行きました。日立は家電メーカーじゃなくて、もっと手広くいろいろやってるんですよ。って必死に訴えていました。部門ごとのブースを回って話を聞く合同説明会のような形式でした。RAID 部門の話と、携帯開発の話、PC にバンドルするソフト開発の話、日立国際電気という子会社の話を聞きました。
寺下さんが筑波に来たので、歓迎飲み会を小磯邸で開きました。北脇さんと寺下さんが余ってた Aqua Vitae を、まずいまずい言いながらガブ飲みしていました。それもそのはずで、Aqua Vitae(サントリー)は 500ml で 1500円という安酒です。普通、ウイスキーは 700ml で 5000円くらいから(例えばマッカラン(サントリー)の 10年 700ml 5775円)ではないかと思います。
ちなみに昔飲んだ電気ブラン(合同酒精)は 720ml で 1000円でした。超安です。道理でまずいわけです。
そういえば山下さんが持ってきたハチブドー酒も合同酒精のラインナップにありました。赤だけでなく、白もあるそうですよ。

[編集者: すずき]
[更新: 2006年 11月 19日 16:16]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

作業に行くと、見覚えのある鋸でキウイの剪定をしていました。その鋸は去年木を倒しまくってすっかりナマクラになったんですよね。鋸くらい新調すればいいのに。
しばらくしたら北脇さんがぴかちゅうの姿でやってきました。本当にやるとは…これで罰ゲームが慣例化しそう、というか北脇さんが慣例化させそう。

田口、塚田、福間氏、自分の 4人で打ちっぱなしに行って、それぞれ 100球ほど打ちました。なんでか、力を込めても込めなくても大して飛距離が変わりませんよ。振り方が良くないのだろうな。
夕飯までの時間つぶしにゲームセンターでしばし遊びました。メダル落としを久しぶりにやってみました。昔のメダル落としは物理的に落とすだけで、こんなの機械蹴れば落とせるじゃん!と思いまくりのつまらないゲームでした。ところが最近のメダル落としには液晶画面がついていて、スロットやスゴロクのようなゲーム要素が満載です。これは結構楽しい!
晩はスシローで回転寿司にしようと思ったら、かなり混んでいました。スッカラカンの状態しか見たこと無かったのでびっくりですわ。今までの状態が偶然だったのかなあ。

[編集者: すずき]
[更新: 2006年 11月 19日 16:16]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

松宮さんが遊びに来ているので、みんなで蔵人で食事しませんか、というじょーのメールに乗って蔵人に向かいました。注文してからずいぶん待たされた(40分後に来た)けど、このくらいでは怒りません。
カラオケに行って、その後、小磯邸で飲み会をしました。小磯邸の電灯はいつ落ちるのだろうか。

[編集者: すずき]
[更新: 2006年 11月 19日 16:16]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

すごい雨。

[編集者: すずき]
[更新: 2006年 11月 19日 16:16]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

金曜日の振り替え授業だそうで、今日は全休です。
NEC の会社説明会に行きました。希望者は食事をごちそうしてもらえました。食事会では興味のある部署に所属している人の近くに座って話せるという形式でした。自分はネットワーク機器の設計をやっている人の近くに座ってみました。
ネットワーク機器はバックボーン(拠点間)、メトロ(都市間)、アクセス(末端)と大別できて、末端の機器は高機能が必要で、バックボーンは単純だが超高品質が要求されます。自分のようにハードよりソフトが得意と思うならば、アクセス側を作ることになるようです。あと、大企業にいると結局人をまとめる仕事にシフトしていくのは仕方ないとのことでした。
情報系にいると人と会って何か聞き出すとか人をまとめるとかは嫌な仕事だと思ってしまって、技術分野に突っ走りたくなるのですが、それはムリだとわかりました。技術一本で成功するのは一握り、相当な特殊技術を持った人のみです。残りは人件費が高いくせにやることは若い人と大して変わらない無駄飯食らいになります。実際に作るモノに近い、細かな仕事が出来るのは今だけなのさ。

説明会を回っていて SE はやりたいことと違うなあと思っていましたが、思い違いのようです。今考えているのはネットワークの構成、その設計などです。それってつまりネットワークを使う顧客が居て、顧客の要求する性能を満たす構成を考えることですので、結局 SE なのね。と、やっと気づいたのです…。

[編集者: すずき]
[更新: 2006年 11月 19日 16:16]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

Armadillo-9 で色々やるために、クロスコンパイル環境を構築していました。ARM7(だと思う)プロセッサを用いる GBA 用のバイナリを作るサイトが参考になりました。gcc と newlib と binutils などがキーワードのようです。サイトに出ていた通りにやってみましたが、いまいちオプションの意味などが分かりませんね。とりあえず C と C++ が使えれば良いので、あまり気にしないことにしますけど。
とりあえず構築してみました。うまくいっているように見えます…。明日、HelloWorld でもクロスコンパイルして Armadillo で動くかどうか確かめようと思います。

$ arm-linux-g++ -c Exception.cpp
$ file Exception.o
Exception.o: ELF 32-bit LSB relocatable, ARM, version 1 (ARM), not stripped

調子に乗って今書いているリファレンスモニタをコンパイルしようとしたら、ヘッダがないと怒られまくりです。くやしいので glib + pthread を構築しました。あと、阿部さんの IDS で使っている libelf もないので構築しました。野良ビルドなので結構気楽&適当にできます。うまくいかない場合も多いけどね。

[編集者: すずき]
[更新: 2006年 11月 19日 16:16]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

ゼミに行ったら先生が急用でこれないとのことです。研究の話はあまりせずに、皆集まったということを利用して、追い出しコンパとか来年度の席替えの話をしていました。
Armadillo にクロスコンパイルしたバイナリをいくつか転送してみると GNU Hello のみ動きました。他は実行しても File Not Found とか寝ぼけたことを言われます。ライブラリが足りないのかもしれませんね。

[編集者: すずき]
[更新: 2006年 11月 19日 16:16]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

明々後日のドコモミーティングに向けてあまり作業が進まないなあ。困ったもんです…。出来たことといえばクロスコンパイル環境の構築くらいですし。

[編集者: すずき]
[更新: 2006年 11月 19日 16:16]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

リファレンスモニタの実装をせかせかと進めています。wait のエミュレーションは、前よりだいぶマシなんですけど、やっぱり変です。ptrace していればすぐに戻ってくるはずの wait が、なぜかブロックしてしまうという妙な現象が起きます。全く原因がわかりません…。
それともう一つ。リファレンスモニタが wait して、WIFEXITED(status) が真なのに ps で見たら zombie で残っていたりします。これも原因が分かりません。
他には libelf の使い方がなんとなく分かりました。ARM 用に ptrace を使う部分を書き換えるのと、グラフのサーチを作り直せば移植への障壁は無いはず。でも明日中には終わんねーや。

[編集者: すずき]
[更新: 2006年 11月 19日 16:16]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

あるプログラムのある箇所が動かず。これで合ってるはずなのに!って思ってよく見たら、フラグの判定が全部 if (flags | FLAG_HOGE) { になってた。いったい何年 C を使っているのかと、自分にがっかり…。

昨日文句言った部分はあまり関係なくて、やはりこっちの作りが良くなかったようです。直したら wait 関連は動いている気がします。シグナル周りをまだ作ってないので、Ctrl+Z など押してはいけません。特に man がおかしくなる。man はやたらプロセス作るので kill がめんどいー(´Д`;)
wait にてこずりまくったけど、実は一番重要な ptrace のエミュレーションが一行も書けていません。道のりはまだ遠い。

一区切りのついでにこんな実験をした。

リファレンスモニタ作動時の様子

上の白いのが監視されている kterm で、下の黒いのが普通に起動した kterm です。それぞれで uname -a を実行しました。上でカーネルバージョン 2.4.100 と出ているのは、違いがわかりやすいように uname システムコールの返す値をいじっただけで、ユーザモード OS ではありません。いくらネタでもたかが一画像のためにカーネルビルドするわけないじゃん…。

[編集者: すずき]
[更新: 2006年 11月 19日 16:16]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

ドコモとのミーティングがありました。ドコモ側に新たなメンバーが来ていました。ドコモは入社後、半年くらい携帯を売る店(ドコモショップ)に行くそうです。バイトみたいで面白そう。
ドコモへのインターンに行くことになりましたが、日程が今進めている共同研究の支障になりそうなら、ずらしましょうという話になりました。ただし自分が超頑張って 2週間で ARM 上に IDS を移植することができれば、従来通りの日程で行けるそうです。頑張ります…。

[編集者: すずき]
[更新: 2006年 11月 19日 16:16]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



link permalink

授業に行ったら、VLSI 工学特論とバイオメトリクス特論の双方でレポート課題が出たわけですが、なぜか同じ 3/7 が締め切りでした。直前に頑張る作戦が使えないじゃないか。

[編集者: すずき]
[更新: 2006年 11月 19日 16:16]
link 編集する

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



こんてんつ

open/close wiki
open/close Java API

過去の日記

open/close 2002年
open/close 2003年
open/close 2004年
open/close 2005年
open/close 2006年
open/close 2007年
open/close 2008年
open/close 2009年
open/close 2010年
open/close 2011年
open/close 2012年
open/close 2013年
open/close 2014年
open/close 2015年
open/close 2016年
open/close 2017年
open/close 過去日記について

その他の情報

open/close アクセス統計
open/close サーバ一覧
open/close サイトの情報