コグノスケ


2014年10月1日

さよならFOAF

サイトからFOAFを削除しました。最初見たときは、これいいね、と思って付けてみたものの、あまり流行りませんでした。残念…。

デザイン変更

今まで、タイトルの下に「本日への日記」リンクを置いていましたが、最近はサイト名(あるいはサイトのロゴ)がトップページへのリンクを兼ねているのが普通になってきました。

なので、時代に合わせてサイト名とリンクを合体させました。少し見やすくなったかな…。

編集者:すずき(2014/10/01 23:14)

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



2014年10月5日

国道171号線の奇妙な渋滞

国道171号線を京都方面へ走っていたら、名神高速道路の茨木インター出口辺りから大渋滞していました。青信号でもわずか数台しか進まない、大渋滞です。

茨木インター出口は何度も通っていますが、ここまで渋滞したことは一度もなく、しかも何故か右車線だけ流れが1.5倍〜2倍くらい速い、とても変な渋滞でした。

渋滞の殿堂

おかしいな、左車線で事故かなあ?と思いつつ、渋滞の先頭まで来たら原因判明しました。ざっくり言って、ドン・キホーテのせいでした。

  • 国道171号線沿いのドン・キホーテ茨木店(地図へのリンク)で駐車場が満車。
  • ドンキは何を考えたのか、片側2車線しかない国道171号線上に待機列を作った。
  • 待機列のせいで国道の左車線が埋まって、左車線が渋滞
  • 左車線の渋滞を嫌って(※)右車線に割り込みが多発して、右車線も渋滞
  • その結果なんと3km先の茨木インターまで渋滞が延伸

(※)ドンキのはるか手前に居て、ドンキなんか見えないし、駐車場の待機列のことも知らないのに、左車線だけ明らかに進まないんだから、割り込みたくなるのも当然ですけど…。

誰も得をしない待機列

今回の待機列の件は、国道を走っていた人だけでなく、ドン・キホーテやそのブランドも損害を被ったのではないでしょうか?

ドンキの駐車場を過ぎた瞬間に渋滞が晴れるので、今回の渋滞に巻き込まれたドライバーの目には「渋滞の先頭=ドンキの駐車場」だったことは明らかでした。

渋滞に巻き込んだ数百台のドライバーを死ぬほどイライラさせた上に、「ドンキは国道をせき止める無責任な店」というネガティブイメージまで与えたことになります。

高々10台程度の客を欲張って待たせておく利益と、数百人にドンキへのネガティブイメージを与えることの損害とを比べたら…、どっちがお得だったんでしょうねえ?

編集者:すずき(2014/10/05 20:22)

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



2014年10月13日

私には聞こえない音

ノートPCに繋いで使っているUSB-DAC(ONKYO SE-U33GXV2)はサンプリング周波数96kHz/24bitまで対応しています。しかし24bit設定とノートPCの相性が悪いらしく(2013年5月2日の日記参照)、買って以来ずっと96kHz/16bit設定で使い続けていました。

と、思っていたのですが、今日何気なく設定を見たら…、何ということでしょう、48kHz/16bitになっているじゃないですか。全然気づきませんでした。

そんなに気づかないだろうか?と思って、試しに48kHzと96kHzを何度か切り替えて聞いて見ましたが、残念なことに何の違いもわかりませんでした。強いて言えばPCのCPU負荷が数%変わるくらいですね。

そもそも16kHzのSin波すら聞こえるかどうか怪しい私の耳にとって、本当に48kHzまで(※)鳴るのかどうかなんて、確かめようがないのです。

巷では192kHz/24bitなどと言う製品も見かけますが、もうオーバースペックも良いところです。恐らく私には、何が違うのかさっぱりわからないでしょう…。

(※)96kHzのサンプリング周波数で再現できる音の最高周波数は48kHzだからです。

編集者:すずき(2014/10/14 01:48)

コメント一覧

  • よしだあさん(2014/10/14 03:26)
    最近少しずつ音源も出てきてるようだけどねー。オーディオは自分なりのコストパフォーマンスでいいとこ見つけないと、際限なくお金が飛んでいきそう。。(笑)

    はじめてのハイレゾ | ソニー
    http://www.sony.jp/walkman/high-resolution/
  • すずきさん(2014/10/15 00:58)
    >よしだあさん
    ハイレゾは興味あるけど、例え買っても、私にはハイレゾと非ハイレゾの区別は不可能だろうから、買う意味無さそうです…。
open/close この記事にコメントする



2014年10月17日

オシロスコープ

デジタルオシロスコープ(Tektronix TBS 1052B)を買いました。5万円です。教育用のエントリー機種だそうです。

額だけ見ると高いですが、新品のTektronixのオシロって20万円〜数百万のイメージだったので、こんな値段で買えるようになったのはびっくりです。最近Amazonなどで幅を利かせている、中国メーカーの安価なオシロの攻勢が効いているんだろうな…、と推測しています。

他のご家庭の話を聞く限り、いきなりこんなの買ったら奥さんに百回くらい殺されるのが普通に思われるのですが、我が家はお互いに趣味に理解があって助かります。さすがの奥さんも今回の値段には、一瞬「え」って止まってましたが…。

あと、奥さんがオシロスコープを知っていたのも驚きました。理科の実験で音叉の440Hzを見るために使ったのだとか。小学校か中学校に1回見ただけの機材とか、そんなの良く覚えてるね…すごいわ。

編集者:すずき(2014/10/19 12:45)

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



2014年10月18日

私には聞こえない音 その2

以前の日記(2014年10月13日の日記参照)の続きです。ノートPCに繋いでいるUSB-DAC(ONKYO SE-U33GXV2)のサンプリング周波数の設定を48kHz/16bitと96kHz/16bitで切り替えた時の差を調べました。

サンプリング周波数(以降fsと言う)が48kHz/16bitの場合、24kHzまでの音が再生でき、fs = 96kHz/16bitの場合、48kHzまでの音が再生できます。従って48kHzの音を再生しようとしたとき、fs = 48kHz/16bitのときは鳴らず、fs = 96kHz/16bitの時に鳴れば、設定が効いている、ということになります。

ただし48kHzの音は超音波なので、人には聞こえません。鳴っているか?鳴っていないか?の判定は、オシロスコープ(Tektronix TBS 1052B)で見ます。

速報

結果だけ先に言えば48kHz/16bitの時は何も鳴らず、96kHz/16bitの設定の時は48kHzの非常に綺麗なSin波が見えました。

ちゃんと設定効いてるんですね。相変わらず私が聞いても、鳴ってるのか鳴ってないのか、何一つわかりませんけど…。

測り方

測定用のデータとしてfs = 96kHz/16bitで48kHzのSin波を作ります。用意するのが面倒くさい人は、下記リストの一番下にあるWAVファイルを使ってください。

USB-DACのfsを96kHzに設定(※1)し、USB-DACのPHONE出力とオシロスコープを繋いで(※2)、先のWAVファイルを再生するだけです。

(※1)コントロールパネルの [サウンド] - [スピーカーSE-U33GXV Audio] を右クリックして、[プロパティ] - [詳細] タブ - [既定の形式] で [16ビット、96000Hz(スタジオの音質)] を選択します。

(※2)普通のオシロはBNC端子なので、ステレオミニのピンプラグが刺さりません。今回はステレオミニ → RCA → BNCと変換しました。機材はAmazonで全部揃います。

結果

測定の結果です。まずはONKYO SE-U33GXV2から。fs = 96kHzのときは下記の波形が出力され、fs = 48kHzにすると何も出力されなくなります。


ONKYO SE-U33GXV2の48kHz Sin波出力(fs = 96kHz)

波形はノイズもなく非常に綺麗です。さすがONKYOさん…。

比較用にノートPCの内蔵音源(Conexant 20671)の測定結果も載せます。音量はほぼ同じで、fs = 96kHz、再生するデータは同じです。


ノートPC内蔵音源 の48kHz Sin波出力(fs = 96kHz)

音を大き目(ボリューム50)にして測定しているので目立ちませんが、全体的にノイズが載っていて波形がガタガタです。また、ところどころに「ヒゲ」のようなノイズが載ります。

全体のノイズやヒゲノイズの大きさは音量によらず一定のようで、音を小さ目にするとより顕著に見えます。

日記を見返すと、ノートPC内蔵音源の「サー」というノイズが気になる2013年3月16日の日記参照)と書いてあるので、ここまで盛大にノイズが載ると、素人の私でも気づくようです。

編集者:すずき(2014/10/19 14:55)

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



2014年10月20日

USB-DACの波形測定

以前の日記(2014年10月18日の日記参照)の続きです。手持ちのUSB-DAC(Creative Sound Blaster Play!)の波形を見てみました。

測定方法は前回同様です。96kHz設定ができないデバイスのため、USB-DACのfsは48kHz/16bitとし、24kHzのSin波を再生しています。


Creative Sound Blaster Play! の24kHz Sin波出力(fs = 48kHz)

グラフが中心からずれているのは設定ミスではありません。この製品は無音でも常に直流成分が出ていてます。いかにも矩形波を合成しました、と言わんばかりに波形がガタガタしているのも特徴的です。

この製品は3000円を切る安さと、手軽に使えるのが小ささが売りなので、音の良さにこだわりはありませんが、それにしたって、もうちょっとマシにはできなかったんでしょうか…?

編集者:すずき(2014/10/21 02:08)

コメント一覧

  • IKeJIさん(2014/10/21 13:05)
    Play! うちにもあります。
    デカップリングコンデンサをつけるだけなのに。。。
  • すずきさん(2014/10/22 00:17)
    >IKeJIさん
    設計した人も、すぐに気づきそうなものですが、バイパスすら省いた安価設計なのでしょうかね?
open/close この記事にコメントする



2014年10月26日

USB DACを分解

先日(2014年10月20日の日記参照)カクカクの悲しい波形を披露してくれたCreative Sound Blaster Play! を分解しました。


Creative Sound Blaster Play! の24kHz Sin波出力(fs = 48kHz)の悲しい波形

分解方法は、こちらのサイト(2012年1月22日日曜日 - Sound Blaster Play! の分解方法)を参考にして、LEDの横と、ヘッドフォン端子の横の爪を外しました。ケースにラジオペンチの痕が若干残りますが、壊れたりはしません。


Creative Sound Blaster Play! の分解写真(全体)


Creative Sound Blaster Play! の分解写真(ケースを開けた)

基盤が気になる人も居ると思うので、基盤の写真2枚は縮小せず貼り付けておきます。でも、基盤のシルクは読めますが、LSIの品番が読めませんね…。写りが悪くて申し訳ない…。


Creative Sound Blaster Play! の分解写真(LED側)


Creative Sound Blaster Play! の分解写真(DAC側)

実はGoogleで画像検索するとドンピシャの分解写真が出たりしますが、気にしないでおきましょう…。

基盤に載っているLSIはLED側のK93C46(EEPROMかな?)と、DAC側のC-Media CM119というUSB Audio用DACの、たった2つだけです。基盤にホットボンドがのたうち回っていて、組み立てた人のヤケクソ度合いが感じられます…。

DACのメーカーサイトはこのリンクからどうぞ。データシートをもらうにはC-Mediaにメールアドレスの登録をする必要があるようですが、Googleで検索するとデータシートが落とせるサイトが見つかります。良いのかこれ…?

ちなみにCM119のデータシートに載っているリファレンス回路図と、Sound Blaster Play! は非常に似た作りになっています。基盤設計もほぼ省略の徹底的なシンプルさですね。これが安さの秘訣かなあ。

編集者:すずき(2014/10/27 00:25)

コメント一覧

  • 通りすがりさん(2017/07/02 02:41)
    当方外付けサウンドカードorDACの購入を
    検討していた最中で
    こちらで紹介されていたCreative Sound Blasterの派生製品のシステム構成に興味が合ったので、大変ありがたい情報でした。数量にもよりけりだけど、
    この構成だと開発費、宣伝広告費その他を除いて、材料費だけで見ると原価500円未満ってところでしょうかね。
    (メインプロセッサ2~300百円 その他は数円~数十円)
    貴重な情報ありがとうございました。
  • すずきさん(2017/07/02 11:40)
    コメントありがとうございます。お役に立てて何よりです。
open/close この記事にコメントする



2014年10月30日

端末

しばし放置していましたが、自作ARMエミュレータの端末画面を直しました。文字が自動的にスクロールしない不具合と、フォーカス設定がおかしい(一度Tabキーを押さないと端末に入力できない)不具合を直し、色も黒い背景に変えました。見てくれはだいぶエミュレータっぽい画面になったと思います。


自作ARMエミュレータ動作の様子

ただ手抜きもたくさんあって、エスケープシーケンスをガン無視していたり、日本語?何それおいしいの?状態になっている辺りがイケてません。端末画面だけ見ても改善の余地がたくさんあります。

今後

今はシリアルデバイスしか実装してないので、自分で端末画面を作って凌いでいますが、世の中には優秀な端末ソフトがたくさんあるので、そちらを使えるように工夫した方が便利でしょう。おそらく。

エミュレータに簡易telnetサーバを実装して、シリアル出力をtelnetサーバにリダイレクトし、既存の端末ソフトでエミュレータのtelnetサーバに繋ぎに行くのが手早いかなあ。

またはフレームバッファデバイスを実装して、グラフィック画面を出せればLinuxに端末画面の描画をお任せできます。エミュレータとしてはこちらの方が、エミュレーションできるデバイスが増えることにも繋がりますし、建設的かもしれません。

編集者:すずき(2014/10/31 02:31)

コメント一覧

  • コメントはありません。
open/close この記事にコメントする



こんてんつ

open/close wiki
open/close Linux JM
open/close Java API

過去の日記

open/close 2002年
open/close 2003年
open/close 2004年
open/close 2005年
open/close 2006年
open/close 2007年
open/close 2008年
open/close 2009年
open/close 2010年
open/close 2011年
open/close 2012年
open/close 2013年
open/close 2014年
open/close 2015年
open/close 2016年
open/close 2017年
open/close 2018年
open/close 2019年
open/close 2020年
open/close 2021年
open/close 2022年
open/close 2023年
open/close 2024年
open/close 過去日記について

その他の情報

open/close アクセス統計
open/close サーバ一覧
open/close サイトの情報